655件中 101 - 110件表示
  • 笑点

    笑点から見た爆笑問題爆笑問題

    司会は爆笑問題。座布団運びにつぶやきシロー。笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た大木こだま・ひびき

    2009年(平成21年)の正月スペシャルでは、綾小路きみまろ、大木こだま・ひびき、ナポレオンズが出演、さらにコロッケが、噺家以外で初めての“物真似落語”を披露した。笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た林家三平 (初代)

    こん平の師匠である初代林家三平笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た林家木久蔵 (2代目)林家 木久蔵

    2007年(平成19年)2月4日の放送では、当時、林家きくおの2代目木久蔵襲名後の自分の名前を募集していた林家木久蔵の新しい名前の中間発表が行われた。結果、林家木久扇に決定した。その時点までの公募された名前の中で、多かったものや笑点メンバーが選んだ物を紹介した(楽太郎は歌丸の本名「椎名 巌」を出していた)。結果は4月28日の収録で発表され、終了後本人が会見を開き公表した。その模様は5月6日に放送。9月23日の放送から「林家木久扇」の名で出演している。笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た橘家圓蔵 (8代目)

    5代目圓楽の司会当時は、毎年新年1回目の演芸で5代目圓楽の落語が披露されるのが恒例となっていた。また、一時期地方収録の際にはほぼ毎回大喜利メンバーが交替で落語を演じていた。近年は落語そのものの登場回数が減少したこともあり、歌丸の司会就任後は2007年(平成19年)4月の熊本公録で昇太が演じたのみである。ちなみ現笑点メンバーでは歌丸・小遊三・6代目圓楽は演芸の出演回数が20回を超えており(落語家では他に4代目桂米丸・5代目圓楽・8代目橘家圓蔵が20回以上出演している)、木久扇、好楽も20回近く出演している。笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た上方噺家

    新春スペシャルで年1回行われ、笑点メンバーと上方噺家が大喜利で対戦する。笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た桂才賀

    (1980年10月19日・10月26日 4代目三遊亭小圓遊急逝・追悼によりオープニングテーマなし)翌週差し替え・4代目三遊亭小圓遊から、古今亭朝次(現:7代目桂才賀)…日本駄右衛門(静止画のみ2カット)へ変更。紹介順が、三波→ゲスト→歌丸→こん平→木久蔵→朝次→九蔵→楽太郎→松崎となる。笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た林家正蔵 (9代目)林家 正蔵

    通常は、各協会・一門に関係する大喜利メンバーが進行役や挨拶で登場する。しかし、9代目林家正蔵襲名披露では、こん平が多発性硬化症で療養中だったため、代理として5代目圓楽が高座に上がった。また、大喜利レギュラーとなった後で真打になった者のうち楽太郎・好楽(昇進時は林家九蔵)の際にはその時点で真打に昇進していた大喜利メンバーが全員高座に上がった。才賀の真打昇進披露の時は当時の出演者全員揃っての口上、楽太郎の6代目圓楽襲名披露の時は山田を除く出演者全員での口上だった。笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た林家小染 (4代目)

    亀組に桂三枝、月亭可朝、桂朝丸(現:2代目桂ざこば)、4代目林家小染、桂文珍、笑福亭鶴光、座布団運びに桂小軽。笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た春風亭梅橋

    番組放送当初はテーマ曲は無かったが、1月29日より7代目立川談志作詞・宮崎尚志作曲による『笑点音頭』が出来上がり、オープニング曲として放送された。歌は全ての歌唱パートを談志が受け持ち、大喜利メンバー(5代目三遊亭圓楽、桂歌丸、春風亭梅橋、4代目三遊亭小圓遊、林家こん平)と座布団運びとして新加入した毒蝮三太夫がバックコーラスを担当している(アーティスト名は「立川談志&笑点グループ」)。放送当時の1967年にキングレコードからレコード発売された。のちに、企画盤のうちの一曲として複数のレコード会社からCD化されている。笑点 フレッシュアイペディアより)

655件中 101 - 110件表示

おすすめ画像

おすすめ動画