655件中 121 - 130件表示
  • 笑点

    笑点から見た前田武彦前田 武彦

    また、導入当初は司会の前田武彦による歌詞があった。歌は前田と当時の大喜利メンバーが歌ったが、メンバーチェンジを期にインストゥルメンタルのバージョンとなり現在に至っている。歌丸曰く「あまりの下手さに不評を買った」とのことで、歌つきの映像・音源は日テレにも現存していない。笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た神田山陽 (3代目)

    1999年(平成11年)の新春スペシャルでは昇太を司会に、神田北陽(現:3代目神田山陽)を座布団運びとして、主に若手大喜利に出場していたメンバーが自分の師匠とタッグを組んで大喜利を行った。この時に出演したのは笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た東八郎

    1978年(昭和53年)1月2日の新春スペシャルで実施。参加メンバーは、坂本九、夏木マリ、千昌夫、京唄子、宍戸錠、岸ユキ、鳳啓助。司会は三波、座布団運びは東八郎笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た東海林修

    1985年3月31日まで使用されていた初期バージョンは、東海林修の編曲・指揮により、ジャズのオーケストラ形式で録音されたが、効果音係が、効果音の一つとして使用していたクラクションの操作ミスによって、最後の部分に妙な音調で「パフ」という音を入れてしまった。ただし、好評だったのでそのまま採用され、後述の再録音の際にも再現されるなど、「笑点のテーマ」のシンボルとなった。また、提供社名を流す際の番組開始・終了用音楽は、前述の効果音による合いの手が入らないなどアレンジが微妙に異なり、曲の最後の部分でブラスの音が強調されていた。これらの音源は、後述のステレオ再録音の音源が採用されるまで使用され続けた。尚、当番組は1980年4月6日放送分からステレオ放送となっているが、それから後述のステレオ再録音が使われるまでは、このモノラル音源を擬似ステレオ化した物が使われていた。笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た漫才ブーム

    星セント・ルイスやツービートなど後の漫才ブームでブレイクした漫才師たちも早い時期から演芸に出演していた。特にセント・ルイスは1970年代半ばごろに収録の間の時間つなぎをする「マエラク」を担当していた縁もあり、1977年(昭和52年)のNHK漫才コンクールでセント・ルイスが優勝すると直後4ヶ月の間に演芸に3回出演させ番組ぐるみでブレイクを後押しした。笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た釣り

    5代目圓楽…ポロ→メンバーの駅伝(ゲスト紹介)→歌丸…釣り→こん平…アメリカンフットボール→木久蔵…体操(鉄棒)→楽太郎…ゲートボール→小遊三…野球→好楽…シンクロナイズドスイミング→山田…ボクシング笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た東京箱根間往復大学駅伝競走

    玉の輔が箱根駅伝応援権(応援旗と切符)を獲得。(2006年1月2日 おはよう笑点での放送)笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た三遊亭圓歌

    元メンバーの3代目三遊亭圓歌・4代目三遊亭金馬笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た日本橋 (東京都中央区)

    三波…日本橋・暴れん坊将軍→東海道五十三次双六(ゲスト紹介)→歌丸…箱根宿・チンドン屋→こん平…吉原宿・飛脚→木久蔵…府中宿・森の石松→楽太郎…浜松宿・芸妓→九蔵…御油宿・人形浄瑠璃→朝次…桑名宿・七里の渡し→松崎…三条大橋・一休さん笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た24時間テレビ 「愛は地球を救う」

    毎年8月後半に行われる『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』では、チャリティー大喜利という特別バージョンで生放送を行う(1988年から参加、1978年 - 1987年は放送休止)。かつては1題のみだったが、レギュラーと同じ3題になり、またその年のパーソナリティにお笑いコンビ・トリオが担当していたら大喜利前に漫才・コントも行われるようになり、ほぼレギュラーと同じ構成になっている。なお、遅れネット局では放送されないため、放送回数には含まれない。笑点 フレッシュアイペディアより)

655件中 121 - 130件表示

おすすめ画像

おすすめ動画