655件中 21 - 30件表示
  • 笑点

    笑点から見た柳家小三治

    柳家さん治(現:10代目柳家小三治笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た城島茂

    自己紹介でリーダーの城島茂が「山田隆夫さんの座布団運びの座を狙う」と発言、それを受けた山口達也が「山田さんを首にしろ」と答え、「山田の悪口を言ったのにもかかわらず逆に座布団を貰ってしまう」という回目の例を作った(1回目は林家たい平が「KY=クビだ、山田」と答えた)。笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た月亭可朝月亭 可朝

    亀組に桂三枝、月亭可朝、桂朝丸(現:2代目桂ざこば)、4代目林家小染、桂文珍、笑福亭鶴光、座布団運びに桂小軽。笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た嵐 (ジャニーズ)

    2008年(平成20年)の放送では、演芸にチュートリアルが登場。メンバーの挨拶では、楽太郎が「次期司会次期圓楽の楽太郎です」と、番組内では初めて6代目圓楽襲名に触れている(歌丸による「悪太郎」発言もこのときが最初)。この年から大喜利では賞品は無くなった。3問目の最後で、たい平が「(メインパーソナリティーの)に会わせてくれると武道館に連れてってくれるって言ったのに、いるのは笑点メンバーのジジイばっかり」と言い放ったため、全部没収されてそのまま大喜利終了となった。笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た国分太一

    TOKIOは『大笑点』でメインパーソナリティを務めた。またメンバーの国分太一は2006年(平成18年)5月14日の40周年記念特番に出演し、師弟大喜利で歌丸と共に司会を務めた。笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た伊集院光伊集院 光

    1970年代〜1980年代の若手メンバーには、古今亭朝次(現:7代目桂才賀)・桂歌はち(現:桂歌春)・古今亭菊之助(現:古今亭菊丸)・林家錦平・金原亭駒平(現:金原亭世之介)・三遊亭貴楽・桂幸丸・林家こぶ平(現:9代目林家正蔵)・桂竹丸・月の家かがみ(現:2代目橘家蔵之助)・春風亭昇太・立川談春・三遊亭楽大(現:伊集院光)などがいた。笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た西村知美西村 知美

    2010年(平成22年)1月1日の新春スペシャルでは、メンバーが自身の子女と共に出演した。参加メンバーは、はなわ、北斗晶、ボビー・オロゴン、西村知美、たい平の各親子。司会は昇太、座布団運びは山田。笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た林家こん平

    番組放送当初はテーマ曲は無かったが、1月29日より7代目立川談志作詞・宮崎尚志作曲による『笑点音頭』が出来上がり、オープニング曲として放送された。歌は全ての歌唱パートを談志が受け持ち、大喜利メンバー(5代目三遊亭圓楽、桂歌丸、春風亭梅橋、4代目三遊亭小圓遊、林家こん平)と座布団運びとして新加入した毒蝮三太夫がバックコーラスを担当している(アーティスト名は「立川談志&笑点グループ」)。放送当時の1967年にキングレコードからレコード発売された。のちに、企画盤のうちの一曲として複数のレコード会社からCD化されている。笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た岩佐真悠子岩佐 真悠子

    司会はガダルカナル・タカと岩佐真悠子。この時はVTRの放送だった。笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た林家正蔵

    木久蔵(現:木久扇)と九蔵(現:好楽)の師匠である8代目林家正蔵(後の林家彦六)笑点 フレッシュアイペディアより)

655件中 21 - 30件表示

「笑点」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画