655件中 51 - 60件表示
  • 笑点

    笑点から見たずうとるび

    現在は、「演芸」と「大喜利」の二部構成である。なお放送開始当初は、演芸と大喜利の間に「談志とゲスト対談」のコーナーがあり、その後も「前武の何でも入門」、「伸介の何でもコーナー」、「円楽のよろずガイダンス」などの司会者ホストのコーナーが存在し(休止して演芸ゲスト2組の場合もあった)、長らく三部構成であった。また三波時代にはCMとCMの間に、当時「ちびっ子大喜利」に出演していたずうとるびの代表が、人形(声:丸山裕子)と小咄をやっていた。笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見たアンジャッシュアンジャッシュ

    ベテランの出演が多かったころ、あまり出演機会のなかった若手を対象にした「笑点の穴」(1996年(平成8年)11月3日スタート、『タイガーマスク』の「虎の穴」にちなむ)というコーナーもあった。毎回2〜3組登場し、最後まで笑いを取れれば「おめでとう!全国放送」のテロップが出るが、取れなければネタの途中でカットされ「笑点の穴へ逆戻り!再チャレンジお待ちしています。」のテロップが出る。アンジャッシュ、グループ魂(暴動・破壊・バイト君)、つぶやきシロー、プリンプリン、テツandトモ、ますだおかだ、北陽、たい平、など多くの若手芸人がしのぎを削った。また、ウッチャンナンチャンのウリナリ!!のコントコーナー「ランキングキャラクターライブ」から、番組内ユニットのザ・レスラーズ(南原清隆・勝俣州和・濱口優)とSeniorJunior(内村光良・ウド鈴木)が対決を行ったこともある。なお、ウリナリ!!メンバーが出演した後、木久蔵(木久扇)・好楽・楽太郎(6代目円楽)が「笑点Boys」としてウリナリ!!に出演し大喜利対決も行っている。笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見たダンディ坂野ダンディ 坂野

    2004年1月1日…テツandトモ、ダンディ坂野、マギー審司、パペットマペット、はなわ笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た安田大サーカス安田大サーカス

    2010年1月1日の新春スペシャルで実施。日本テレビにはメンバーに合う着物が無かったためメンバー全員が私服(テレビ衣装)で出演。メンバー全員正座がしにくいため座布団は5枚からスタートし、正座せずに座布団の上に普通に座る(椅子に座るような要領)という特別ルールだった。参加メンバーは、石塚英彦(ホンジャマカ)、芋洗坂係長、森公美子、芝田山親方(元横綱・大乃国)、長友光弘(響)、HIRO(安田大サーカス)。司会はたい平、座布団運びは山田。笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見たはるな愛はるな 愛

    ペアを組む相手は、メンバーのキャラクターに合わせて決められることもある(例として、2009年のスザンヌ&木久扇、はるな愛&たい平)。笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た森三中

    2010年(平成22年)の放送では、正午過ぎに6代目圓楽が日本武道館のメイン会場に登場し、「5代目圓楽ありがとう」のタイトルで5代目圓楽の貴重映像を公開。さらに演芸コーナーには森三中が登場。笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た山本リンダ山本 リンダ

    1972年(昭和47年)のメンバーは、ビーバー(川口まさみ)、山本リンダ、紀比呂子、真理アンヌ、平野レミ、日吉ミミであった。笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た山崎邦正

    ?年1月1日(「色モノ大喜利」名義)…山崎邦正、パイレーツ、松村邦洋、ジョーダンズ、藤井隆笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た平野レミ平野 レミ

    1972年(昭和47年)のメンバーは、ビーバー(川口まさみ)、山本リンダ、紀比呂子、真理アンヌ、平野レミ、日吉ミミであった。笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た団しん也団 しん也

    1978年(昭和53年)4月16日の放送で実施。参加メンバーは、鯉川のぼる、東八郎、団しん也、牧伸二、堺すすむ、佐々木つとむ。司会は三波、座布団運びは松崎。笑点 フレッシュアイペディアより)

655件中 51 - 60件表示

「笑点」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画