655件中 81 - 90件表示
  • 笑点

    笑点から見た王貞治

    5代目圓楽…1966年・笑点誕生→歌丸…1967年・ツイッギー来日→こん平…1969年・アポロ11号→木久蔵…1970年・大阪万博→好楽…1972年・札幌オリンピック→小遊三…1977年・756号本塁打→楽太郎…1989年・ベルリンの壁崩壊→山田…2000年・日本女子マラソン初オリンピック金メダル笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た北陽北陽

    ベテランの出演が多かったころ、あまり出演機会のなかった若手を対象にした「笑点の穴」(1996年(平成8年)11月3日スタート、『タイガーマスク』の「虎の穴」にちなむ)というコーナーもあった。毎回2〜3組登場し、最後まで笑いを取れれば「おめでとう!全国放送」のテロップが出るが、取れなければネタの途中でカットされ「笑点の穴へ逆戻り!再チャレンジお待ちしています。」のテロップが出る。アンジャッシュ、グループ魂(暴動・破壊・バイト君)、つぶやきシロー、プリンプリン、テツandトモ、ますだおかだ、北陽、たい平、など多くの若手芸人がしのぎを削った。また、ウッチャンナンチャンのウリナリ!!のコントコーナー「ランキングキャラクターライブ」から、番組内ユニットのザ・レスラーズ(南原清隆・勝俣州和・濱口優)とSeniorJunior(内村光良・ウド鈴木)が対決を行ったこともある。なお、ウリナリ!!メンバーが出演した後、木久蔵(木久扇)・好楽・楽太郎(6代目円楽)が「笑点Boys」としてウリナリ!!に出演し大喜利対決も行っている。笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た徳光和夫徳光 和夫

    日本テレビのアナウンサー6人が大喜利に挑戦する。おおむね、男女3人ずつの回、女性ばかりの回が交互に行われているが、後者の場合も、男性である藤井恒久が「こん平」的キャラクター(6代目圓楽曰く「こん平ウイルスに侵されてしまった」)としてレギュラー出演している。また、楠田枝里子(1979年)、徳光和夫、松永二三男、福澤朗らも日本テレビアナウンス部在籍時に出演している。笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た三浦綾子

    桂歌丸や林家木久扇などの現出演者の証言: 三浦綾子の小説をテレビドラマ化したNETテレビ(現 テレビ朝日)放送の高視聴率番組『氷点』をもじって談志がつけたというもの。笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た波田陽区波田 陽区

    2005年1月2日…長井秀和、波田陽区、だいたひかる、マギー審司、パペットマペット、カンニング竹山笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た手塚治虫

    他に岡本太郎・手塚治虫・嵐寛寿郎・淡谷のり子・永六輔・石原慎太郎といった、そうそうたる豪華ゲストが出演した。笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た勝俣州和勝俣 州和

    ベテランの出演が多かったころ、あまり出演機会のなかった若手を対象にした「笑点の穴」(1996年(平成8年)11月3日スタート、『タイガーマスク』の「虎の穴」にちなむ)というコーナーもあった。毎回2〜3組登場し、最後まで笑いを取れれば「おめでとう!全国放送」のテロップが出るが、取れなければネタの途中でカットされ「笑点の穴へ逆戻り!再チャレンジお待ちしています。」のテロップが出る。アンジャッシュ、グループ魂(暴動・破壊・バイト君)、つぶやきシロー、プリンプリン、テツandトモ、ますだおかだ、北陽、たい平、など多くの若手芸人がしのぎを削った。また、ウッチャンナンチャンのウリナリ!!のコントコーナー「ランキングキャラクターライブ」から、番組内ユニットのザ・レスラーズ(南原清隆・勝俣州和・濱口優)とSeniorJunior(内村光良・ウド鈴木)が対決を行ったこともある。なお、ウリナリ!!メンバーが出演した後、木久蔵(木久扇)・好楽・楽太郎(6代目円楽)が「笑点Boys」としてウリナリ!!に出演し大喜利対決も行っている。笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た橋下徹橋下 徹

    2005年1月2日…陣内智則、住田裕子、円広志、橋下徹、熊田曜子、小遊三笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た宮藤官九郎宮藤 官九郎

    ベテランの出演が多かったころ、あまり出演機会のなかった若手を対象にした「笑点の穴」(1996年(平成8年)11月3日スタート、『タイガーマスク』の「虎の穴」にちなむ)というコーナーもあった。毎回2〜3組登場し、最後まで笑いを取れれば「おめでとう!全国放送」のテロップが出るが、取れなければネタの途中でカットされ「笑点の穴へ逆戻り!再チャレンジお待ちしています。」のテロップが出る。アンジャッシュ、グループ魂(暴動・破壊・バイト君)、つぶやきシロー、プリンプリン、テツandトモ、ますだおかだ、北陽、たい平、など多くの若手芸人がしのぎを削った。また、ウッチャンナンチャンのウリナリ!!のコントコーナー「ランキングキャラクターライブ」から、番組内ユニットのザ・レスラーズ(南原清隆・勝俣州和・濱口優)とSeniorJunior(内村光良・ウド鈴木)が対決を行ったこともある。なお、ウリナリ!!メンバーが出演した後、木久蔵(木久扇)・好楽・楽太郎(6代目円楽)が「笑点Boys」としてウリナリ!!に出演し大喜利対決も行っている。笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た永井美奈子

    このコーナーには泉ピン子(もともと牧伸二に師事して歌謡漫談家として活動したキャリアがあり、昭和40年代の演芸コーナーに2度出演したこともある)と山田花子が常連で出演しているほか、2004年(平成16年)と2005年(平成17年)には飯島愛も出演した。他に、日本テレビアナウンサー時代は「アナウンサー大喜利」に出演しなかった永井美奈子も出演した。現在はグラビアアイドルが多いが、ニューハーフがいる場合もある。笑点 フレッシュアイペディアより)

655件中 81 - 90件表示

「笑点」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画