前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
147件中 1 - 10件表示
  • アステラス製薬

    アステラス製薬から見た第一三共第一三共

    旧・山之内製薬から引き継いだ泌尿器領域の医薬(ハルナール・ベシケア)、旧・藤沢薬品から受け継いだ免疫抑制剤(プログラフ)などを主力商品とする。国内最大規模の営業体制と、両社の強みを融合した研究陣を擁し、2011年医薬品売上高順位で世界17位であり、武田薬品工業(同12位)・第一三共(同19位)・エーザイ(同22位)とともに国内製薬メーカー大手4社の1つである。アステラス製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 古賀淳也

    古賀淳也から見た第一三共第一三共

    古賀 淳也(こが じゅんや 1987年7月19日 - )は、日本の競泳選手。専門は背泳ぎ。第一三共所属。血液型はB型。世界水泳選手権(ローマ/)男子100m背泳ぎの金メダリスト。古賀淳也 フレッシュアイペディアより)

  • ゼファーマ

    ゼファーマから見た第一三共第一三共

    こののち、アステラス製薬は医療用医薬品に専念することからゼファーマの売却を図る方針を決め、売却先模索の末2006年3月31日に第一三共が同社のグループ入りを発表。同年4月13日に第一三共がゼファーマ全株式を取得し完全子会社化した。さらに2007年4月1日に第一三共の大衆薬部門子会社の第一三共ヘルスケアに統合された。ゼファーマ フレッシュアイペディアより)

  • 小田原市

    小田原市から見た第一三共第一三共

    第一三共プロファーマ (小田原工場)小田原市 フレッシュアイペディアより)

  • 第一製薬

    第一製薬から見た第一三共第一三共

    2005年9月28日、三共と持株会社方式で経営統合。2005年4月に業界2位となったアステラス製薬(山之内製薬と藤沢薬品工業が合併)を抜き、武田薬品工業に次ぐ業界2位となった。共同持株会社として「第一三共株式会社」を設立。2007年4月に三共ともども第一三共に完全統合した。第一製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 北海三共

    北海三共から見た第一三共第一三共

    北海三共株式会社(ほっかいさんきょう、英文社名HokkaiSankyo Co.,Ltd.)は、農薬などの製造を行う日本の企業。2007年度の売上の約84%が農薬、約10%が培土で占められている。第一三共とホクレンが共同出資しており、売上の約9割がホクレン向けである。第一三共の持分法適用関連会社。北海三共 フレッシュアイペディアより)

  • 和光堂

    和光堂から見た第一三共第一三共

    かつては三共(現・第一三共)の子会社であったが、2006年4月24日から5月15日にかけて、アサヒビール(旧法人)により株式公開買い付けがされ、三共保有分も含めた92.5%の株式を取得し子会社化された。2007年4月1日、株式交換によりアサヒビールの完全子会社となり、上場廃止となった。和光堂 フレッシュアイペディアより)

  • 第一三共株式会社

    第一三共株式会社から見た第一三共第一三共

    第一三共株式会社 フレッシュアイペディアより)

  • シタフロキサシン

    シタフロキサシンから見た第一三共第一三共

    シタフロキサシン(商品名:グレースビット®)はニューキノロン系の合成抗菌薬。第一三共により創成され、2009年現在は日本のみで上市されている。シタフロキサシン フレッシュアイペディアより)

  • 仁平圀雄

    仁平圀雄から見た第一三共第一三共

    2005年(平成17年)9月:第一三共株式会社取締役。仁平圀雄 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
147件中 1 - 10件表示

「第一三共」のニューストピックワード