205件中 91 - 100件表示
  • 共創未来ファーマ

    共創未来ファーマから見た第一三共第一三共

    1963年(昭和38年) - 三共(現 第一三共)と提携、技術導入を進め、三共販売の一部製品につき生産開始。共創未来ファーマ フレッシュアイペディアより)

  • 三共 (製薬会社)

    三共 (製薬会社)から見た第一三共第一三共

    2005年9月、第一製薬と持株会社方式で経営統合。2005年4月に三共を抜き業界二位となったアステラス製薬(山之内製薬、藤沢薬品工業が合併)を抜き、武田薬品工業に次ぐ業界二位となった。共同持株会社として「第一三共株式会社」を設立。2007年4月に第一製薬ともども第一三共に完全統合した。三共 (製薬会社) フレッシュアイペディアより)

  • 百万ドルの饗宴

    百万ドルの饗宴から見た第一三共第一三共

    当初は全商連事業団の単独提供で放送されていたが、半年後にハウス食品工業(現・ハウス食品)と三共(現・第一三共)の二社提供となった。86分に拡大してからはPT番組となり、この間は特定のスポンサーを置いていなかった。再び56分に縮小してからは、東レと内外編物(現・ナイガイ)とアデカ(旭電化=現・ADEKA)の三社提供で放送されていた。百万ドルの饗宴 フレッシュアイペディアより)

  • 21世紀夢の技術展

    21世紀夢の技術展から見た第一三共第一三共

    会場ではロボット関連の技術が注目を集めており、ホンダブースにおける自立歩行人間型ロボット「P3」の歩行・バランス感覚に関するデモやソニーブースの「AIBO」を筆頭に、NECブースやIBMブースなどでも開発中のロボットが展示されていた。この他、セガ・エンタープライゼス(現・セガ)ブースでは高速インターネット(1Gbpsクラスの光ファイバー)回線を利用し映像・ゲームなどを楽しむことができるエンターテインメント端末「net@TERMINAL」を多数設置しており、会場にて無料で利用することができた。第一製薬(現・第一三共)ブースでは15人乗りのシミュレーションマシンに搭乗し、DDS抗がん剤が体内を通ってがん組織に到達する様を疑似体験する、遊園地のアトラクションさながらの「アドベンチャーシアター」が設置されていた。21世紀夢の技術展 フレッシュアイペディアより)

  • 中山太郎

    中山太郎から見た第一三共第一三共

    父は戦前に衆議院議員、戦後に参議院議員を務めた中山福蔵。日本で初めて女性で閣僚(厚生大臣)を務めた中山マサは母。弟に建設大臣を務めた中山正暉がおり、長男は第一三共の代表取締役兼CEOである中山譲治、甥に衆議院議員の中山泰秀がいる。中山太郎 フレッシュアイペディアより)

  • アンジオテンシン変換酵素阻害薬

    アンジオテンシン変換酵素阻害薬から見た第一三共第一三共

    カプトプリル () 商品名:カプトリル(第一三共アンジオテンシン変換酵素阻害薬 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の経済

    2006年の経済から見た第一三共第一三共

    4月3日 - 第一三共の傘下である第一製薬と三共のヘルスケア(大衆薬など)事業が統合した新会社・第一三共ヘルスケアが営業を開始2006年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • サンリツ服部美術館

    サンリツ服部美術館から見た第一三共第一三共

    服部正次は、服部時計店(現・セイコーホールディングス)の創業者・服部金太郎の二男で、セイコー(SEIKO)を世界的なブランドに育てた功労者とされている。彼は、製薬会社・三共(現・第一三共)の創業者で茶人、美術収集家でもあった塩原又策(1877?1955)の影響を受けて茶の道に入り、山楓(さんぷう)と号した。塩原は服部正次の義父にあたり、サンリツ服部美術館には旧塩原コレクションの陶磁器などの名品が入っている。サンリツ服部美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 陸王 (オートバイ)

    陸王 (オートバイ)から見た第一三共第一三共

    1933年(昭和8年)当時、ハーレーダビッドソンの輸入を行っていたのは、製薬会社の三共(現第一三共)の多角経営策で設立された傘下企業の「日本ハーレーダビッドソンモーターサイクル」だった。同社は関税対策と当時の国策への協調の見地から、ハーレーダビッドソンの日本での現地生産を、アメリカのハーレーダビッドソン本社へ申し出た。陸王 (オートバイ) フレッシュアイペディアより)

  • 北葛西

    北葛西から見た第一三共第一三共

    北葛西には429の事業所があり、5012人が働いている。近隣の西葛西や東葛西と比べると小規模だが、事業所数は48町中24位、従業者数は17位で、区内としては平均的なビジネス街である。事業所当たりの従業員数(約12人)は区内の平均(約9人)を上回っており、中規模な事業所が多いようである。業種は卸売業・小売業(24%)、運輸業(17%)、製造業(12%)、建設業(10%)、宿泊業・飲食サービス業(9%)が多いようである。また区の平均と比較すると運輸業(2.26倍)と複合サービス業(1.59倍)の比率が高く、金融業(0.22倍)と情報通信業(0.35倍)が低いようである。学術研究の従業者は区内最多(758人)で、区内の約2割を占めている。大半が1丁目に集中しており、第一三共RDノバーレ株式会社に勤務しているようである。北葛西 フレッシュアイペディアより)

205件中 91 - 100件表示