147件中 91 - 100件表示
  • スタチン

    スタチンから見た第一三共第一三共

    1971年、三共(現:第一三共)の発酵研究所に所属(当時)していた遠藤章のグループは、HMG-CoA還元酵素を阻害する物質の研究を開始した。HMG-CoA還元酵素はメバロン酸の合成に必要な酵素であり、メバロン酸は菌類の細胞膜・細胞骨格構成成分の重要な素材であることから、自己防衛手段としてこの酵素を阻害する物質を持つ微生物が存在するのではないかと彼らは考えたのである。1973年、6,000種に及ぶ微生物を検索した結果、遠藤らはアオカビの一種 (Penicillium citrinum) から最初のHMG-CoA還元酵素阻害薬であるメバスタチンを発見した。彼らはメバスタチンの構造やHMG-CoA還元酵素を阻害するメカニズムについて解析すると共に、実際に血中のコレステロール値を低下させることができるかどうか、動物実験による検討を行った。ラット・マウスなど齧歯類では再現性のあるデータを得られなかったものの、ニワトリやイヌ、そしてより人間に近いサルでは血中コレステロール値は20-50%程度低下し、メバスタチンの効果を実証することに成功した。スタチン フレッシュアイペディアより)

  • 後発医薬品

    後発医薬品から見た第一三共第一三共

    2007年5月現在、日本に後発医薬品企業は300社以上あると言われている。また田辺三菱製薬など「先発メーカー」と言われている製薬メーカーも後発医薬品を主要事業の1つとして位置付け、取り組みを始めている。第一三共はインドの製薬会社を買収して後発医薬品の新規参入を開始した。後発医薬品 フレッシュアイペディアより)

  • マキロン

    マキロンから見た第一三共第一三共

    2006年4月13日 - アステラス製薬がゼファーマの全株式を第一三共に譲渡。マキロン フレッシュアイペディアより)

  • アンジェス MG

    アンジェス MGから見た第一三共第一三共

    これらの医薬品の開発・販売にあたって、石原産業、第一三共、グッドマン、アルフレッサファーマ、塩野義製薬、田辺三菱製薬、といった国内のバイオ・製薬企業と一部提携を結んでいる。アンジェス MG フレッシュアイペディアより)

  • カルシウム拮抗剤

    カルシウム拮抗剤から見た第一三共第一三共

    カルブロック (第一三共カルシウム拮抗剤 フレッシュアイペディアより)

  • クロキサゾラム

    クロキサゾラムから見た第一三共第一三共

    日本国内では第一三共からセパゾン®商品名で発売されている。クロキサゾラム フレッシュアイペディアより)

  • 坂本龍一

    坂本龍一から見た第一三共第一三共

    三共(現:第一三共)「リゲインEB錠」(1999年)坂本龍一 フレッシュアイペディアより)

  • レバミピド

    レバミピドから見た第一三共第一三共

    レバミピド錠100mg「YD」    11.1円…第一三共エスファ製造レバミピド フレッシュアイペディアより)

  • ミアンセリン

    ミアンセリンから見た第一三共第一三共

    四環系抗うつ薬の一種で、塩酸塩が1966年にオランダのオルガノン社(当時、現シェリング・プラウ)により開発された。日本では1983年に上市された。2010年現在シェリング・プラウ製造販売、第一三共販売でテトラミド®という商品名で発売されている。うつ病・うつ状態の治療薬に使用される。ミアンセリン フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た第一三共第一三共

    ラニナミビル(商品名「イナビル®」 - 第一三共開発・販売) - ザナミビルと同様の吸入ノイラミニダーゼ阻害薬。こちらは持続時間が長く、一旦吸入すると5日間薬効が持続する。世界に先駆け、日本で2010年10月より上市された。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

147件中 91 - 100件表示

「第一三共」のニューストピックワード

  • 環境影響評価(アセスメント)を適切に実施した

  • つや姫

  • クラブからは今年の活躍を高く評価してもらえたので、さらに契約を1年延長してほしいと要望しました