205件中 21 - 30件表示
  • ランバクシー・ラボラトリーズ

    ランバクシー・ラボラトリーズから見た第一三共第一三共

    2008年、日本の第一三共が46億米ドルで買収。第一三共はこれにより、新興国及びジェネリック市場への足掛かりを狙っていた。ランバクシー・ラボラトリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ベノミル

    ベノミルから見た第一三共第一三共

    特異臭を有する白色の固体。不燃性であるが、加熱により分解し、窒素酸化物を含む有毒なフュームを生じる。 毒物及び劇物取締法による毒物・劇物には分類されていない。土壌中でカルベンダジムとイソシアン酸ブチルに加水分解し、前者は3ヶ月~2年ほど残留する。水生生物に対する毒性が強く、土壌中の共益微生物にも悪影響を与えるため時として植物の生育を妨げることもある。アメリカやイギリスでは、眼に先天性障害を持つ子どもの家族が、ベノミルが原因だとしてデュポン社を相手に訴えを起こし、デュポン社が敗訴している。これを受け、デュポン社では2002年に製造を打ち切ったが、日本国内では農家や園芸家に高く支持されてきていた為、本剤の商標並びに日本国内における事業は同年、住友化学へ譲渡され、以後日本国内向けには同社が製造・販売(家庭園芸向けには同社グループの住化タケダ園芸(当時、現:住友化学園芸)が販売)するようになった。なお、デュポン社が生産していた時代は、日本国内においては、農家・業者向けには日本農薬が、家庭園芸向けには武田園芸資材(後のタケダ園芸→住化タケダ園芸、現:住友化学園芸)及び三共(現:第一三共)がそれぞれ販売していた。ベノミル フレッシュアイペディアより)

  • 内田貞夫

    内田貞夫から見た第一三共第一三共

    静岡県小笠郡菊川町(現在の菊川市)出身である。静岡薬科大学薬学部に進学し、薬学士の称号を取得し、1957年に卒業した。卒業後、当時の三共株式会社(現在の第一三共株式会社)に入社した。内田貞夫 フレッシュアイペディアより)

  • 麻田ゆう子

    麻田ゆう子から見た第一三共第一三共

    2012年10月19日「のんびりほこほこ温泉へ行こう」付録「第一三共ミノン」麻田ゆう子 フレッシュアイペディアより)

  • 翔薬

    翔薬から見た第一三共第一三共

    第一三共、エーザイ、ノバルティス、塩野義製薬、中外製薬、旭化成ファーマ、大正富山医薬品、鳥居薬品、大塚製薬、小野薬品工業、キッセイ薬品工業、久光製薬、グラクソ・スミスクライン、アステラス製薬、興和、田辺三菱製薬、ツムラ など(順不同)翔薬 フレッシュアイペディアより)

  • 泣くなマックス

    泣くなマックスから見た第一三共第一三共

    『泣くなマックス』(なくなまっくす)は、1962年7月21日から1963年4月27日まで、TBS系列にて放映されたテレビドラマ。三共(現:第一三共/第一三共ヘルスケア)の一社提供。泣くなマックス フレッシュアイペディアより)

  • わが輩ははなばな氏

    わが輩ははなばな氏から見た第一三共第一三共

    第一製薬(現:第一三共・第一三共ヘルスケア)の一社提供番組。当初は木曜19:30 - 20:00で放送され、その後、水曜18:30 - 19:00に移動した。わが輩ははなばな氏 フレッシュアイペディアより)

  • 杉山清次

    杉山清次から見た第一三共第一三共

    2012年6月 - 第一三共株式会社取締役杉山清次 フレッシュアイペディアより)

  • つんころ大助

    つんころ大助から見た第一三共第一三共

    『つんころ大助』(つんころだいすけ)は、1960年1月25日から1961年8月28日までフジテレビ系列局で放送されていたテレビドラマである。三共(現・第一三共)の一社提供。放送時間は毎週月曜 19:00 - 19:30 (日本標準時)。つんころ大助 フレッシュアイペディアより)

  • 血管拡張薬

    血管拡張薬から見た第一三共第一三共

    カルブロック (第一三共血管拡張薬 フレッシュアイペディアより)

205件中 21 - 30件表示