147件中 31 - 40件表示
  • 三共 (製薬会社)

    三共 (製薬会社)から見た第一三共第一三共

    2005年9月、第一製薬と持株会社方式で経営統合。2005年4月に三共を抜き業界二位となったアステラス製薬(山之内製薬、藤沢薬品工業が合併)を抜き、武田薬品工業に次ぐ業界二位となった。共同持株会社として「第一三共株式会社」を設立。2007年4月に第一製薬ともども第一三共に完全統合した。三共 (製薬会社) フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災に対する義援金寄付

    東日本大震災に対する義援金寄付から見た第一三共第一三共

    第一三共:義援金1億円およびマッチングギフト制度による寄付、医薬品を提供。東日本大震災に対する義援金寄付 フレッシュアイペディアより)

  • ニプロパッチ

    ニプロパッチから見た第一三共第一三共

    2007年には親会社の第一製薬が三共と合併し、第一三共となった後も傘下で事業を行ってきたが、同社のグループ再編に伴い、同じ医薬品メーカーのニプロへ全株式を譲渡。翌年に商号変更を行った。なお「パテックス」や「カロヤン」の一部製品の製造は現在も継続しており、譲渡後も「パテックス」シリーズの新製品の製造を手がけるなど、友好な関係は続いている。ニプロパッチ フレッシュアイペディアより)

  • 石井あみ

    石井あみから見た第一三共第一三共

    第一三共 「アストラゼネカ 逆流性食道炎?呑酸篇?」(2011年)石井あみ フレッシュアイペディアより)

  • 北葛西

    北葛西から見た第一三共第一三共

    北葛西には429の事業所があり、5012人が働いている。近隣の西葛西や東葛西と比べると小規模だが、事業所数は48町中24位、従業者数は17位で、区内としては平均的なビジネス街である。事業所当たりの従業員数(約12人)は区内の平均(約9人)を上回っており、中規模な事業所が多いようである。業種は卸売業・小売業(24%)、運輸業(17%)、製造業(12%)、建設業(10%)、宿泊業・飲食サービス業(9%)が多いようである。また区の平均と比較すると運輸業(2.26倍)と複合サービス業(1.59倍)の比率が高く、金融業(0.22倍)と情報通信業(0.35倍)が低いようである。学術研究の従業者は区内最多(758人)で、区内の約2割を占めている。大半が1丁目に集中しており、第一三共RDノバーレ株式会社に勤務しているようである。北葛西 フレッシュアイペディアより)

  • サンリツ服部美術館

    サンリツ服部美術館から見た第一三共第一三共

    服部正次は、服部時計店(現・セイコーホールディングス)の創業者・服部金太郎の二男で、セイコー(SEIKO)を世界的なブランドに育てた功労者とされている。彼は、製薬会社・三共(現・第一三共)の創業者で茶人、美術収集家でもあった塩原又策(1877?1955)の影響を受けて茶の道に入り、山楓(さんぷう)と号した。塩原は服部正次の義父にあたり、サンリツ服部美術館には旧塩原コレクションの陶磁器などの名品が入っている。サンリツ服部美術館 フレッシュアイペディアより)

  • エール薬品

    エール薬品から見た第一三共第一三共

    1963年(昭和38年) - 三共(現 第一三共)と提携、技術導入を進め、三共販売の一部製品につき生産開始。エール薬品 フレッシュアイペディアより)

  • 津村重舎

    津村重舎から見た第一三共株式会社第一三共

    1916年(大正5年)、合資会社アーセミン商会(第一製薬の前身(現・第一三共株式会社))(代表社員)津村重舎 フレッシュアイペディアより)

  • 道修町

    道修町から見た第一三共第一三共

    第一三共(旧第一製薬+旧三共)道修町 フレッシュアイペディアより)

  • 中央社会保険医療協議会

    中央社会保険医療協議会から見た第一三共第一三共

    長野明(第一三共株式会社常務執行役員信頼性保証本部長)中央社会保険医療協議会 フレッシュアイペディアより)

147件中 31 - 40件表示

「第一三共」のニューストピックワード