147件中 61 - 70件表示
  • 日真名氏飛び出す

    日真名氏飛び出すから見た第一三共第一三共

    『日真名氏飛び出す』(ひまなしとびだす)は、ラジオ東京テレビ(KRT、現:TBS)で1955年(昭和30年)4月9日から1962年(昭和37年)7月14日まで放送された、同局で最初の連続ドラマである。製薬会社の三共(現在の第一三共及び第一三共ヘルスケア)の一社提供番組であった。日真名氏飛び出す フレッシュアイペディアより)

  • 麻田ゆう子

    麻田ゆう子から見た第一三共第一三共

    2012年10月19日「のんびりほこほこ温泉へ行こう」付録「第一三共ミノン」麻田ゆう子 フレッシュアイペディアより)

  • アミラーゼ

    アミラーゼから見た第一三共第一三共

    日本では現在も第一三共の医療用医薬品として「タカヂアスターゼ末」として薬局に卸されている(主に解熱鎮痛剤や整腸剤など他の散剤と混合して使うが、処方せん医薬品ではないため零売が可能)。また、第一三共ヘルスケアから一般用医薬品(胃腸薬)の「新タカヂア錠」と「第一三共胃腸薬」シリーズにタカヂアスターゼNとして配合されている。アメリカではパーク・デイビス(現:ファイザー)から市販されている。アミラーゼ フレッシュアイペディアより)

  • 第一三共ヘルスケアの製品

    第一三共ヘルスケアの製品から見た第一三共第一三共

    医療用としても使われているセトラキサート塩酸塩を配合した胃腸薬。携帯にも便利なスティック包装を採用した微粒タイプ。第一三共に完全統合する前の2007年3月までは第一製薬が製造していた。(製造販売元:東亜薬品)第一三共ヘルスケアの製品 フレッシュアイペディアより)

  • 亀有

    亀有から見た第一三共第一三共

    地域は、もとは日立製作所や日本紙業(現:日本大昭和板紙)、三共(現:第一三共)などの工場を擁する工業地域だった。これらの工場は撤退し、主にJR常磐線亀有駅を中心とした商店街と閑静な住宅街から形成されている。亀有 フレッシュアイペディアより)

  • ネットワークTODAY

    ネットワークTODAYから見た第一三共第一三共

    BGMを流し、スポーツニュースを伝える。火曜日から金曜日まではプロ野球の先発投手の情報を伝える。(過去に使われたBGMはT-SQUAREの『TRIUMPH』{1995年発売の「Welcome to the Rose Garden」に収録/SRCL-3236})さらにそれ以前は三共提供の単独箱番組として若山弦蔵→荒川が毎週あるテーマに沿ったミニ情報(TBS以外事前撮り)を届けたことがあった(これは前番組「ホンダイブニングダイヤリー」から継続する形だった)。ネットワークTODAY フレッシュアイペディアより)

  • ほくやく

    ほくやくから見た第一三共第一三共

    武田薬品、アステラス製薬、中外製薬、三菱ウェルファーマ、ファイザー、ノバルティス、大日本住友製薬、エーザイ、小野薬品工業、第一三共、田辺製薬、大塚製薬、塩野義製薬、持田製薬、キッセイ薬品工業、グラクソ・スミスクライン などほくやく フレッシュアイペディアより)

  • 翔薬

    翔薬から見た第一三共第一三共

    第一三共、エーザイ、ノバルティス、塩野義製薬、中外製薬、旭化成ファーマ、大正富山医薬品、鳥居薬品、大塚製薬、小野薬品工業、キッセイ薬品工業、久光製薬、グラクソ・スミスクライン、アステラス製薬、興和、田辺製薬、ツムラ など(順不同)翔薬 フレッシュアイペディアより)

  • 第八高等学校 (旧制)

    第八高等学校 (旧制)から見た第一三共第一三共

    篠田淳三 - 第一製薬社長第八高等学校 (旧制) フレッシュアイペディアより)

  • ツムラ

    ツムラから見た第一三共第一三共

    1995年(平成7年)に、第一製薬(現:第一三共)から芳井順一が取締役として招聘され、それまでの多角化した事業を集約し、医療用漢方製剤を中心とする事業へのシフトを行った。現在では、医療用漢方薬で日本国内シェアの8割以上を占める(2007年(平成19年)9月末現在)。また、一般用医薬品(OTC)の漢方部門でもクラシエ薬品などとシェアを寡占する(業界3位)。ツムラ フレッシュアイペディアより)

147件中 61 - 70件表示