205件中 61 - 70件表示
  • プラスグレル

    プラスグレルから見た第一三共第一三共

    プラスグレル(Prasugrel)は第一三共が開発した抗血小板薬である。商品名エフィエント。経皮的冠動脈形成術(PCI)が適用される虚血性心疾患に用いられる。2009年2月に欧州で承認され、現在英国で入手可能である。2009年7月には米国で承認された。2014年3月24日に日本でも承認され、5月27日に発売された。開発コードCS-747。プラスグレル フレッシュアイペディアより)

  • デノスマブ

    デノスマブから見た第一三共第一三共

    デノスマブ(denosumab)は、RANKLを標的としたヒト型モノクローナル抗体製剤、分子標的治療薬。雪印およびAmgenが創製し、日本では第一三共から販売されている。デノスマブ フレッシュアイペディアより)

  • リボグリタゾン

    リボグリタゾンから見た第一三共第一三共

    リボグリタゾン (Rivoglitazone、開発コードCS-011) はかつて第一三共により開発されていたチアゾリジン系抗糖尿病薬であり、2型糖尿病の治療を目標としていた。リボグリタゾン フレッシュアイペディアより)

  • バクロフェン

    バクロフェンから見た第一三共第一三共

    バクロフェンはGABA作動薬のひとつ。商品名はリオレサール錠(ノバルティス製造販売)、ギャバロン錠・髄注(第一三共製造販売)。種々の疾患による痙縮に対して用いられる。 近年ではアルコール依存症について研究がなされている。バクロフェン フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災に対する義援金寄付

    東日本大震災に対する義援金寄付から見た第一三共第一三共

    第一三共:義援金1億円およびマッチングギフト制度 による寄付、医薬品を提供。東日本大震災に対する義援金寄付 フレッシュアイペディアより)

  • シミックホールディングス

    シミックホールディングスから見た第一三共第一三共

    2010年4月1日 - 第一三共プロファーマ株式会社(第一三共株式会社の子会社)の静岡工場をシミックCMO株式会社に移管し、同社の全株式を取得して完全子会社化。併せて、当社およびグループ会社で使用するコーポレートロゴマークを改訂。シミックホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • 日本乳化剤

    日本乳化剤から見た第一三共第一三共

    三共株式会社(現・第一三共)の100%子会社となる。日本乳化剤 フレッシュアイペディアより)

  • ニプロパッチ

    ニプロパッチから見た第一三共第一三共

    2007年には親会社の第一製薬が三共と合併し、第一三共となった後も傘下で事業を行ってきたが、同社のグループ再編に伴い、同じ医薬品メーカーのニプロへ全株式を譲渡。翌年に商号変更を行った。なお「パテックス」や「カロヤン」の一部製品の製造は現在も継続しており、譲渡後も「パテックス」シリーズの新製品の製造を手がけるなど、友好な関係は続いている。ニプロパッチ フレッシュアイペディアより)

  • プロトンポンプ阻害薬

    プロトンポンプ阻害薬から見た第一三共第一三共

    エソメプラゾール(製品名: ネキシウム, アストラゼネカ製造, 第一三共販売)プロトンポンプ阻害薬 フレッシュアイペディアより)

  • トランシーノ

    トランシーノから見た第一三共第一三共

    第一三共ヘルスケアの親会社で、医療用医薬品事業を手掛ける第一三共は、前身の一つであった第一製薬時代の1965年(昭和40年)に、世界初となるトラネキサム酸を開発し、医療用医薬品の抗プラスミン剤「トランサミン」を発売している。トランシーノ フレッシュアイペディアより)

205件中 61 - 70件表示