147件中 71 - 80件表示
  • 樟脳

    樟脳から見た第一三共第一三共

    藤沢薬品工業 - かつて存在した日本の製薬会社。1890年に、前身の藤澤商店から「藤澤樟脳」を発売、同社の看板商品となる。2005年、山之内製薬と合併して「アステラス製薬」が発足したために消滅した。「藤澤樟脳」は、山之内製薬と藤沢薬品工業の大衆薬部門が統合して発足した「ゼファーマ」からの販売になるが、2007年にゼファーマが第一三共に買収され、ゼファーマの商品は第一三共の大衆薬事業会社「第一三共ヘルスケア」からの販売に移管した。現在の「藤澤樟脳」は日本精化が製造、第一三共ヘルスケアが販売を行っている。市販されている現在の藤澤樟脳は、松根油から製造されている。樟脳 フレッシュアイペディアより)

  • ニプロ

    ニプロから見た第一三共第一三共

    2007年(平成19年)5月 - 第一三共より子会社の埼玉第一製薬株式会社(現・ニプロパッチ株式会社)の株式を譲受、経皮吸収型投与システム分野に進出。ニプロ フレッシュアイペディアより)

  • 大原薬品工業

    大原薬品工業から見た第一三共第一三共

    2007年 - 第一三共の子会社で医薬品の受託や動物用医薬品などを扱っている三共エール薬品を買収。大原薬品工業 フレッシュアイペディアより)

  • 戌井昭人

    戌井昭人から見た第一三共第一三共

    第一三共『胃薬』 市川準監督(2006年)戌井昭人 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎甚五郎

    山崎甚五郎から見た第一三共株式会社第一三共

    1920年(大正9年):山崎は年初より、ボーキサイトに代わる粘土および明礬石などの国産原料よりアルミナ(酸化アルミニウム)を製造する研究を本格的に開始した。山崎は10年前ドイツ留学の帰途ニューヨークで高峰譲吉から話を聞き、日本におけるアルミニウム製造の重要性について啓発された。その後高峰は念願のアルミニウム精錬と必要な大量の電力供給実現のため、大規模な黒部川開発という構想を打ち立てた。高峰はジアスターゼの商品化(タカジアスターゼ)で三共株式会社(現第一三共株式会社)社長となり、三共の塩原又策とともにアメリカのアルコア社の技術と黒部川の水力発電利用によるアルミニウム精錬の企業化に挑戦した。高峰は先ず事業会社として東洋アルミナム株式会社を1919年(大正8年)12月に設立し、1921年(大正10年)には子会社の黒部鉄道を設立した。会社設立後、外資の事業認可遅れや高峰の死去などによりアルミニウム精錬事業は準備半ばにして具体化は見送られたが、黒部川電源開発は日本電力の手に移って進められた。山崎甚五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 甲南高等学校 (旧制)

    甲南高等学校 (旧制)から見た第一三共第一三共

    石黒武雄(1926年) - 第一製薬社長甲南高等学校 (旧制) フレッシュアイペディアより)

  • 土屋 晴乃

    土屋晴乃から見た第一三共第一三共

    第一製薬・キッセイ薬品「第一製薬・キッセイ薬品共同開発"ユリーフ "」ナビゲーター土屋晴乃 フレッシュアイペディアより)

  • 医薬情報担当者

    医薬情報担当者から見た第一三共株式会社第一三共

    医療用医薬品製造販売業公正取引協議会(医薬品公取協)は公正取引協議会の一つで、現在の会長は第一三共株式会社の役員がつとめている。MRの販売活動にも不当景品類及び不当表示防止法等の法的な裏付けのもと一定の自主規制をもうけており、消費者庁及び公正取引委員会の認定・承認をうけ、同庁・同委員会に届出を行う「医薬品業等告示および公正競争規約、同施行規則、同運用基準」を定めている。医薬情報担当者 フレッシュアイペディアより)

  • 対米従属

    対米従属から見た第一三共第一三共

    2007年 第一三共がアジェンシスを買収。対米従属 フレッシュアイペディアより)

  • アスビオファーマ

    アスビオファーマから見た第一三共第一三共

    アスビオファーマ株式会社は医薬品の研究開発を行う第一三共の子会社である。アスビオファーマ フレッシュアイペディアより)

147件中 71 - 80件表示