84件中 21 - 30件表示
  • 第一三共

    第一三共から見たテレビ東京

    ガイアの夜明け(テレビ東京)※複数社提供の1社第一三共 フレッシュアイペディアより)

  • 第一三共

    第一三共から見た三菱商事

    富士製粉 - 2006年4月に日東製粉と合併し、日東富士製粉に。2007年5月に三菱商事に売却。第一三共 フレッシュアイペディアより)

  • 第一三共

    第一三共から見たワクチン

    北里第一三共ワクチン株式会社 - ワクチンの研究開発・製造・販売等第一三共 フレッシュアイペディアより)

  • 第一三共

    第一三共から見た後発医薬品

    2010年4月1日設立、同年10月1日営業開始。医療用医薬品の中でも「エスタブリッシュト医薬品(有効性・安全性・使用法が確立され、長きにわたり医療に貢献している医薬品のこと)」を専門に扱う事業会社。具体的には、当社で長期間販売され、有効性・安全性が確立された特許期間を満了した長期収載品やジェネリック医薬品である。第一三共 フレッシュアイペディアより)

  • 第一三共

    第一三共から見たランバクシー・ラボラトリーズ

    さらに、2008年6月にインド最大の製薬会社ランバクシー・ラボラトリーズ社の買収を発表した。第一三共 フレッシュアイペディアより)

  • 第一三共

    第一三共から見たゼファーマ

    統合にあたって、第一三共本体は病院向けの医療用医薬品に特化し、ヘルスケア事業(大衆薬:OTC医薬品部門)については新会社第一三共ヘルスケアを設立、2006年4月に営業開始。直後の4月13日にアステラス製薬傘下だった同部門のライバルメーカー・ゼファーマ(アステラス製薬の前身企業である山之内製薬と藤沢薬品工業のヘルスケア事業を統合して発足した会社)の全株式を取得して完全子会社化した。なお、ゼファーマは2007年4月に、旧第一三共ヘルスケアとの合併で消滅した。第一三共 フレッシュアイペディアより)

  • 第一三共

    第一三共から見た第一三共ヘルスケア

    統合にあたって、第一三共本体は病院向けの医療用医薬品に特化し、ヘルスケア事業(大衆薬:OTC医薬品部門)については新会社第一三共ヘルスケアを設立、2006年4月に営業開始。直後の4月13日にアステラス製薬傘下だった同部門のライバルメーカー・ゼファーマ(アステラス製薬の前身企業である山之内製薬と藤沢薬品工業のヘルスケア事業を統合して発足した会社)の全株式を取得して完全子会社化した。なお、ゼファーマは2007年4月に、旧第一三共ヘルスケアとの合併で消滅した。第一三共 フレッシュアイペディアより)

  • 第一三共

    第一三共から見た一般用医薬品

    一般用医薬品や化粧品などを担当。旧三共と旧第一製薬の一般用医薬品事業を統合し、さらに、2007年4月1日にはアステラス製薬を離れ、グループ会社となったゼファーマを吸収合併。第一三共 フレッシュアイペディアより)

  • 第一三共

    第一三共から見た薬事法

    また、医薬品事業に経営資源を集中するため、統合にあたって海外子会社の整理、非医薬品事業の売却を進めた。当社は医療用医薬品専業メーカーであるため、CMは薬事法の規定に基づき、企業CMのみ放映している。なお北京オリンピック期間中では、民放テレビ局において当社と第一三共ヘルスケアとの合同で『第一三共』という名称で提供し、当社と第一三共ヘルスケアのCMを折半で振り分ける形で放映された。第一三共 フレッシュアイペディアより)

  • 第一三共

    第一三共から見たジェネリック医薬品

    本社所在地はインドのグルガオン。1937年シン兄弟が始めた塩野義製薬の販売代理店から発展し、1961年に発足したインド最大の製薬会社。ジェネリック医薬品製造で国際的な価格競争力を持つ。世界8ヶ国で製造し、100ヶ国以上で販売。2008年6月10日、同社CEOのマルビンダー・シン(当時)が過半数の株式売却に合意し子会社に。2008年11月時点では、第一三共が64%の株式を保有する。第一三共 フレッシュアイペディアより)

84件中 21 - 30件表示