141件中 31 - 40件表示
  • 第一三共

    第一三共から見た大塚ホールディングス

    2013年時点で国内業界3位。世界業界20位。武田薬品工業(同16位)・アステラス製薬(同18位)・大塚ホールディングス(同21位)・エーザイ(同29位)と共に国内製薬メーカー大手5社の1つである。2017年7月時点の時価総額は、武田薬品、アステラス製薬、大塚ホールディングス、中外製薬、塩野義製薬、エーザイに次いで医薬品セクターで7位。第一三共 フレッシュアイペディアより)

  • 第一三共

    第一三共から見たワクチン

    北里第一三共ワクチン株式会社 - ワクチンの研究開発・製造・販売等第一三共 フレッシュアイペディアより)

  • 第一三共

    第一三共から見た後発医薬品

    2010年4月1日設立、同年10月1日営業開始。医療用医薬品の中でも「エスタブリッシュト医薬品(有効性・安全性・使用法が確立され、長きにわたり医療に貢献している医薬品のこと)」を専門に扱う事業会社。具体的には、当社で長期間販売され、有効性・安全性が確立された特許期間を満了した長期収載品やジェネリック医薬品である。第一三共 フレッシュアイペディアより)

  • 第一三共

    第一三共から見た第一三共ヘルスケア

    統合にあたって、第一三共本体は病院向けの医療用医薬品に特化し、ヘルスケア事業(大衆薬:OTC医薬品部門)については新会社第一三共ヘルスケアを設立、2006年4月に営業開始。直後の4月13日にアステラス製薬傘下だった同部門のライバルメーカー・ゼファーマ(アステラス製薬の前身企業である山之内製薬と藤沢薬品工業のヘルスケア事業を統合して発足した会社)の全株式を取得して完全子会社化した。なお、ゼファーマは2007年4月に、旧第一三共ヘルスケアとの合併で消滅した。また、医薬品事業に経営資源を集中するため、海外子会社の整理、非医薬品事業の売却を進めた。第一三共 フレッシュアイペディアより)

  • 第一三共

    第一三共から見たゼファーマ

    統合にあたって、第一三共本体は病院向けの医療用医薬品に特化し、ヘルスケア事業(大衆薬:OTC医薬品部門)については新会社第一三共ヘルスケアを設立、2006年4月に営業開始。直後の4月13日にアステラス製薬傘下だった同部門のライバルメーカー・ゼファーマ(アステラス製薬の前身企業である山之内製薬と藤沢薬品工業のヘルスケア事業を統合して発足した会社)の全株式を取得して完全子会社化した。なお、ゼファーマは2007年4月に、旧第一三共ヘルスケアとの合併で消滅した。また、医薬品事業に経営資源を集中するため、海外子会社の整理、非医薬品事業の売却を進めた。第一三共 フレッシュアイペディアより)

  • 第一三共

    第一三共から見た一般用医薬品

    一般用医薬品や化粧品などを担当。旧三共と旧第一製薬の一般用医薬品事業を統合し、さらに、2007年4月1日にはアステラス製薬を離れ、グループ会社となったゼファーマを吸収合併。第一三共 フレッシュアイペディアより)

  • 第一三共

    第一三共から見た不整脈

    アミサリン - プロカインアミド:不整脈治療剤第一三共 フレッシュアイペディアより)

  • 第一三共

    第一三共から見たラニナミビル

    イナビル - ラニナミビル:長時間作用型ノイラミニダーゼ阻害剤(抗インフルエンザ薬)第一三共 フレッシュアイペディアより)

  • 第一三共

    第一三共から見た結核

    イスコチン - イソニアジド:抗結核第一三共 フレッシュアイペディアより)

  • 第一三共

    第一三共から見た骨粗鬆症

    プラリア - デノスマブ: 抗RANKL抗体, 骨粗鬆症治療薬第一三共 フレッシュアイペディアより)

141件中 31 - 40件表示