84件中 41 - 50件表示
  • 第一三共

    第一三共から見たアスビオファーマ

    アスビオファーマ株式会社 - 医薬品の研究開発第一三共 フレッシュアイペディアより)

  • 第一三共

    第一三共から見た藤沢薬品工業

    統合にあたって、第一三共本体は病院向けの医療用医薬品に特化し、ヘルスケア事業(大衆薬:OTC医薬品部門)については新会社第一三共ヘルスケアを設立、2006年4月に営業開始。直後の4月13日にアステラス製薬傘下だった同部門のライバルメーカー・ゼファーマ(アステラス製薬の前身企業である山之内製薬と藤沢薬品工業のヘルスケア事業を統合して発足した会社)の全株式を取得して完全子会社化した。なお、ゼファーマは2007年4月に、旧第一三共ヘルスケアとの合併で消滅した。第一三共 フレッシュアイペディアより)

  • 第一三共

    第一三共から見た富士フイルム

    第一ラジオアイソトープ研究所 - 2006年10月に富士フイルム(当時の富士写真フイルム)へ売却し、同社の子会社に。2007年4月に富士フイルムRIファーマに社名変更。第一三共 フレッシュアイペディアより)

  • 第一三共

    第一三共から見た山之内製薬

    統合にあたって、第一三共本体は病院向けの医療用医薬品に特化し、ヘルスケア事業(大衆薬:OTC医薬品部門)については新会社第一三共ヘルスケアを設立、2006年4月に営業開始。直後の4月13日にアステラス製薬傘下だった同部門のライバルメーカー・ゼファーマ(アステラス製薬の前身企業である山之内製薬と藤沢薬品工業のヘルスケア事業を統合して発足した会社)の全株式を取得して完全子会社化した。なお、ゼファーマは2007年4月に、旧第一三共ヘルスケアとの合併で消滅した。第一三共 フレッシュアイペディアより)

  • 第一三共

    第一三共から見たBASFジャパン

    化成品事業 - 2007年3月にチバ・スペシャリティ・ケミカルズ(現・BASFジャパン)へ事業譲渡。第一三共 フレッシュアイペディアより)

  • 第一三共

    第一三共から見た三共 (製薬会社)

    2005年9月28日に三共株式会社と第一製薬株式会社とが経営統合して発足した。当初は純粋持株会社であり、統合元となった両者を完全子会社として傘下に収める形式だった。その後2007年4月に三共及び第一製薬を吸収合併し、両社の医療用医薬品事業を第一三共に統合(事業持ち株会社)、現在の事業会社に移行した。第一三共 フレッシュアイペディアより)

  • 第一三共

    第一三共から見た富士フイルムRIファーマ

    第一ラジオアイソトープ研究所 - 2006年10月に富士フイルム(当時の富士写真フイルム)へ売却し、同社の子会社に。2007年4月に富士フイルムRIファーマに社名変更。第一三共 フレッシュアイペディアより)

  • 第一三共

    第一三共から見た日経ラジオ社

    医学講座(ラジオNIKKEI第1放送、毎週木曜日20:40-21:00)第一三共 フレッシュアイペディアより)

  • 第一三共

    第一三共から見た和光堂

    和光堂 - 2006年4月にTOB形式で持ち株をアサヒビール(現・アサヒグループホールディングス)に売却し、同社の子会社に。第一三共 フレッシュアイペディアより)

  • 第一三共

    第一三共から見た大原薬品工業

    三共エール薬品 - 2007年2月に、後発医薬品メーカー大原薬品工業へ売却。同年にエール薬品へ商号変更。第一三共 フレッシュアイペディアより)

84件中 41 - 50件表示

「第一三共」のニューストピックワード

  • 環境影響評価(アセスメント)を適切に実施した

  • つや姫

  • クラブからは今年の活躍を高く評価してもらえたので、さらに契約を1年延長してほしいと要望しました