151件中 91 - 100件表示
  • PQ12船団

    PQ12船団から見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    PQ12船団は、第二次世界大戦中に運航されたソビエト連邦への支援物資を運ぶ連合国の船団の一つ。同時にソ連から戻るQP8船団も運航された。この船団を攻撃するためにドイツ海軍の戦艦「ティルピッツ」と駆逐艦3隻が出撃したが、船団からはぐれた船を1隻沈めたのみであった。PQ12船団 フレッシュアイペディアより)

  • 第5軽歩兵旅団

    第5軽歩兵旅団から見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    スペイン内戦後の第二次世界大戦間、交戦国の侵攻に備えてピレネー山脈沿い国境地帯の防衛を目的に第4および第6軍管区に2個山岳軍団、2個山岳師団の基地を置いた。第5サン・マルシャル旅団は1944年に編成されたナバラ軍団のソモシエラ師団を起源にもつ。やがて師団はワルシャワ条約機構軍の侵攻に備え自動車化された予備部隊として配備される。1965年の国防戦略の変更に伴い一般命令165/142に基づき第6地域防衛作戦旅団(BRIDOT VI)に改編される。この旅団は国境防衛、重要点防衛、核兵器に対する行動、ゲリラ戦などが任務としてあった。1985年の陸軍近代化で第52自動車化歩兵旅団(BRIMT LII)に改編される。第5軽歩兵旅団 フレッシュアイペディアより)

  • 二部 (大学)

    二部 (大学)から見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    第二次世界大戦前から既に、旧制大学では夜間の時間帯にも講義が行われており、旧制専門学校でもこうした学校が数多く存在していた。戦後、学制改革により、東京理科大学や青山学院大学のように、旧制専門学校から、新制大学としての認可を得て、大学へと移行したケースも少なくなく、これらの学校では新制大学への移行とほぼ同時に「二部制」を採用した。東京理科大学では新制大学の認可が下りた1949年に、青山学院大学では新制大学認可の翌年1950年に二部制を採用している。二部 (大学) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤嘉秋

    佐藤嘉秋から見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    1934年に騎手デビュー。第二次大戦後、牝馬として初めて皐月賞に優勝したトキツカゼや、それぞれ優駿牝馬(オークス)優勝馬のヤシマヒメ、フェアマンナの主戦騎手を務め、1960年の引退までに通算1399戦195勝、うち重賞7勝を挙げた。翌1961年より調教師に転じ、1976年に管理馬クライムカイザーで東京優駿(日本ダービー)に優勝している。1994年に定年引退。調教師通算3749戦235勝、うち重賞5勝。佐藤嘉秋 フレッシュアイペディアより)

  • 善隣協会専門学校 (旧制)

    善隣協会専門学校 (旧制)から見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    第二次世界大戦中、善隣外事専門学校に転換し、さらに戦後、善隣専門学校と改称した。善隣協会専門学校 (旧制) フレッシュアイペディアより)

  • 加賀獅子

    加賀獅子から見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    やがて江戸後期になると、金沢だけでなく加賀地方の各地でも獅子舞は盛んに行われるようになり、明治頃までには、この地域の風習のひとつとして定着し、その受け継ぐ流派や地域の風土と相俟って、それぞれが個性的な獅子舞となって行く。以降、昭和初期までは盛んに行われた加賀獅子であったが、第二次世界大戦の混乱を経て次第にその数を減らして行き、昭和20年代に十数名は居たとされる彫刻師とその獅子頭工房も、現在では白山市八幡町にある知田清雲工房のみとなる。加賀獅子 フレッシュアイペディアより)

  • 山形県立農林専門学校 (旧制)

    山形県立農林専門学校 (旧制)から見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    第二次世界大戦末期から戦後に増設された公立の農林専門学校 (農専、旧称: 高等農林学校) の一つ。山形県立農林専門学校 (旧制) フレッシュアイペディアより)

  • 水戸市立女子専門学校 (旧制)

    水戸市立女子専門学校 (旧制)から見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    第二次世界大戦後に急増した旧制女子専門学校(女専)の一つで、水戸市立高等女学校(現・茨城県立水戸第三高等学校)の専攻科を前身として設立された。水戸市立女子専門学校 (旧制) フレッシュアイペディアより)

  • 近世日本国民史

    近世日本国民史から見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    蘇峰は1918年に国民新聞に連載を開始し、同年『織田氏時代 前篇』を刊行。以後、第二次世界大戦終結の1945年までに、第76巻『明治天皇御宇史 15』を刊行した(いずれも民友社より)。占領下では公職追放になった事もあり、一時執筆作業を中断し、1951年に再開した。大久保利通の暗殺、木戸孝允の死までを描く最終巻の『明治時代』を脱稿したのは1952年と、34年をかけた文字通り畢生の大著になった(なお最終数巻は、1980?81年に講談社学術文庫で、『西南の役 全7巻』と『明治三傑』を改題再刊した)。近世日本国民史 フレッシュアイペディアより)

  • レバー作戦

    レバー作戦から見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    レバー作戦 (Operation Lever) は、第二次世界大戦中の1940年7月にイギリス海軍のH部隊が実行したヴィシー・フランス海軍の「ダンケルク」への航空作戦である。レバー作戦 フレッシュアイペディアより)

151件中 91 - 100件表示

「第2次世界大戦」のニューストピックワード