151件中 11 - 20件表示
  • ピレニアン・シープドッグ・スムースフェイスド

    ピレニアン・シープドッグ・スムースフェイスドから見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    スムースフェイスドも第一次世界大戦が起こった際には小柄な体で賢いところを買われ、軍用犬として徴兵された。軍用犬としての任務は飛行機から地上へパラシュートをつけて降り立ち、特定の人物のもとへメッセージを伝える伝令犬、隠れた敵の軍人を探し出す偵察犬、ケガ人を探して救急箱を届け、本部にケガ人がどこにいるのかを伝える救護犬などとして働くことであった。スムースフェイスドはロングヘア種に比べてメンタル的に強い犬であったが、やはり劣悪な環境下での飼育が体にたたったり、敵の銃弾に倒れる犬も多かった。然し、伝令犬として非常に優秀な働きをし、一部の犬は第二次世界大戦が起こった際にも引き続き使用された。ピレニアン・シープドッグ・スムースフェイスド フレッシュアイペディアより)

  • 制限戦争

    制限戦争から見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    オスグッドは総力戦のような戦略の概念を核兵器が登場した現代の世界の戦争に適応することに否定的であった。ソビエト連邦は軍事力を中心とした安全保障政策を展開して共産主義陣営を拡大し、それは1950年に朝鮮戦争でアメリカの自由主義陣営と対決することとなった。この戦争ではアメリカは第二次世界大戦とは異なり無条件降伏を強制するような全面戦争ではなく、アメリカ、北朝鮮と韓国、そして中国やソビエトを巻き込んだ制限戦争であった。オスグッドはこのような制限戦争の形態が冷戦期に直面するアメリカの戦争であると考え、制限戦争に適応した組成の軍事力を造成し、制限戦争に勝利するための軍事ドクトリンを構築する必要があると主張する。制限戦争 フレッシュアイペディアより)

  • エジプシャン・ヘアレス・ドッグ

    エジプシャン・ヘアレス・ドッグから見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    本種のもとの生存状況も不詳だが、第二次世界大戦の戦禍に巻き込まれて絶滅してしまった。これよりもっと前に絶滅したと考える見方もあるが、どちらも戦禍を被って絶滅したということは共通している。エジプシャン・ヘアレス・ドッグ フレッシュアイペディアより)

  • 中野財閥

    中野財閥から見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    第二次世界大戦後、GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)による財閥解体の指令により解体された。中野財閥 フレッシュアイペディアより)

  • 東宝映画第二撮影所

    東宝映画第二撮影所から見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    第二次世界大戦後、東宝には争議が起こり、第二次東宝争議中の1946年(昭和21年)11月、大河内傳次郎ら東宝十大スターが「十人の旗の会」を結成して労働組合を脱退、他の脱退者とともに同撮影所を拠点に映画製作を始める。4か月後の1947年(昭和22年)3月25日、新東宝映画製作所(のちの新東宝)を設立、同撮影所を新東宝映画製作所と改めた。1948年(昭和23年)4月25日、株式会社新東宝が設立され、同製作所は新東宝撮影所と改称した。東宝映画第二撮影所 フレッシュアイペディアより)

  • ピトンウィーム・テリア

    ピトンウィーム・テリアから見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    然しながら希少な犬種である事に変わりは無く、第二次世界大戦の戦禍を大きく受けて絶滅してしまった。犬種としては姿を消してしまったが、現在でもその姿を見ることは出来る。今でも非常に稀な確率であるが、白い毛色のスコティッシュ・テリアが生まれることがあり、それを“ピトンウィーム”と呼ぶことがあるからである。ただし、その犬はあくまでスコティッシュ・テリアの毛変わりでしかなく、純血種として固定された本種、「ピトンウィーム・テリア」とは全く別の犬である。ピトンウィーム・テリア フレッシュアイペディアより)

  • 下条川 (富山県)

    下条川 (富山県)から見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    昭和時代でも改修工事は続いた一方、氾濫もしばしば起こった。例えば、昭和23年の氾濫では小杉町だけで浸水1500戸、流失した橋5か所という被害が出た。また、舟運が衰えていく中、修学旅行に行く小学生や海水浴客、花火大会の見物客を運ぶ舟が出ていた。しかし第二次世界大戦後、農家では肥料として化学肥料を用いるようになり、人糞の需要がなくなり、舟は見られなくなった。下条川 (富山県) フレッシュアイペディアより)

  • 戦争要論

    戦争要論から見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    『戦争要論』(せんそうようろん)とは日本の軍人であり軍事学者であった村上啓作によって1925年(大正14年)に著した戦争学の著作。統帥学の参考文献として、世界恐慌から第二次世界大戦までの時代には、日本で広く読まれた。戦争要論 フレッシュアイペディアより)

  • ハルバ嶺

    ハルバ嶺から見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    ハルバ嶺(ハルバれい、漢字表記:哈爾巴嶺)は、中華人民共和国吉林省延辺朝鮮族自治州敦化市から南東約45kmの郊外にある地区。第二次世界大戦時に旧日本軍などにより大量の化学兵器が遺棄された地区として知られている。ハルバ嶺 フレッシュアイペディアより)

  • 支那学 (雑誌)

    支那学 (雑誌)から見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    『支那学』は、やがて支那学会の事実上の機関誌となり、第二次世界大戦後、同学会が休眠状態に陥るにともない、1947年8月の第12巻第5号をもって終刊となった。支那学 (雑誌) フレッシュアイペディアより)

151件中 11 - 20件表示

「第2次世界大戦」のニューストピックワード