4038件中 51 - 60件表示
  • デイヴィッド・L・ロビンズ

    デイヴィッド・L・ロビンズから見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    デイヴィッド・リー・ロビンズ(David Lea. Robbins  1954年3月10日 - )はアメリカリッチモンド生れの作家、小説家。暗殺者や軍、第二次世界大戦を舞台にした作品が多い。デイヴィッド・L・ロビンズ フレッシュアイペディアより)

  • 日本の鉄道史 (昭和後半)

    日本の鉄道史 (昭和後半)から見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    日本の鉄道史 (昭和後半)(にほんのてつどうし しょうわこうはん)では、日本の鉄道史 (大正-昭和前半)の続きとして、第二次世界大戦が終了した1945年(昭和20年)8月から1987年(昭和62年)4月の国鉄分割民営化前までを解説する。なお国鉄分割民営化とそれ以後については日本の鉄道史 (平成)で解説する。日本の鉄道史 (昭和後半) フレッシュアイペディアより)

  • 王立バイエルン邦有鉄道

    王立バイエルン邦有鉄道から見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    支線網は、バイエルンの地方部では一般的なものとなった。こうした路線はきちんと柵のされていない線路を走っていたことから、ドイツ語でbimmelnと呼ばれるベルを常に鳴らしながら走っており、そこからbimmelnbahnという愛称が生まれた。こうした路線は180以上にも上り、この中には約20本の私鉄もあった。ほとんどは標準軌であったが、現在でも路面軌道として運行されているキーム湖への支線のように狭軌のものもあった。しかし、特に第二次世界大戦後のモータリゼーションにより、多くが廃止されていった。1977年時点で79本の支線しか残っておらず、それ以降更なる廃止が行われている。一方で、メルリッヒシュタット-フラドゥンゲン鉄道 (Mellrichstadt?Fladungen railway) のように博物館鉄道として運行されている路線もあれば、国境が開放されたことから運行を再開され、休日に賑わっているバイエルンの森林地帯の路線のような例もある。王立バイエルン邦有鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパのチャイナタウン

    ヨーロッパのチャイナタウンから見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    第一次世界大戦中及び戦後の人手不足の時代に華人大量移民の第一波が始まった。その後、第二次世界大戦後の植民地独立時期に第二波の移住が始まった。ベトナム戦争後発生したインドシナ難民は大部分が統一ベトナムに迫害された華人からなる。華人の欧州移住の第三波は1978年に始まった中華人民共和国の改革開放により、1980年代以降合法、非合法を含めて多数の華人の移住であり、現在も続いている。この時期には欧州留学後、帰国せずに欧州に留まった者も多い。ヨーロッパのチャイナタウン フレッシュアイペディアより)

  • ディック・サビット

    ディック・サビットから見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    リチャード・"ディック"・サビット(Richard "Dick" Savitt, 1927年3月4日 - )は、アメリカ・ニュージャージー州バイヨンヌ出身の男子テニス選手。コーネル大学卒業。1951年に全豪選手権とウィンブルドン選手権の男子シングルスで優勝し、4大大会年間2冠を獲得した選手である。全豪選手権では、第2次世界大戦終戦後最初の外国人優勝者になり、ウィンブルドン選手権ではユダヤ人選手として最初の優勝者になった。男子ダブルスでは、1951年と1952年の2年連続で全仏選手権準優勝がある。彼のテニスは、バックハンド・ストロークのオーバースピン(ボールに回転を多くかけること)を駆使し、重厚で正確なグラウンド・ストロークを最大の武器にした。右利きの選手。ディック・サビット フレッシュアイペディアより)

  • ドン・マクニール

    ドン・マクニールから見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    ドン・マクニール(Don McNeill, 1918年4月30日 - 1996年11月28日)は、アメリカ・オクラホマ州チカシェー出身の男子テニス選手。フルネームは William Donald McNeill (ウィリアム・ドナルド・マクニール)という。1939年の全仏選手権で男子シングルス・男子ダブルスの単複2冠を獲得した選手で、全米選手権でも1940年の男子シングルスと1944年の男子ダブルスで優勝した。年代的には、1938年にテニス史上初の「年間グランドスラム」を達成したドン・バッジ(1915年 - 2000年)のすぐ後に位置している。マクニールの全盛期は、ちょうど第2次世界大戦のたけなわと重なっていたため、活動の舞台が(他の年代に活躍した選手に比べて)大幅に限られていた。ドン・マクニール フレッシュアイペディアより)

  • エリック・スタージェス

    エリック・スタージェスから見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    エリック・ウィリアム・スタージェス(Eric William Sturgess, 1920年5月10日 - 2004年1月14日)は、南アフリカ・ヨハネスブルグ出身の男子テニス選手。第2次世界大戦終戦直後の時代に活動し、南アフリカ出身のテニス選手として史上2人目の4大大会シングルス決勝進出者になり、男子シングルスで総計3度の準優勝を記録した名選手である。男子ダブルスでは1947年の全仏選手権で1勝、混合ダブルスでは4つの優勝があり、1949年に4大大会混合ダブルス3連勝を達成した。彼は比較的小柄な体格であったため、ショットのパワーに頼らず、グラウンド・ストロークを正確にコントロールし、決断力に富むテニスを持ち味とした。テニス経歴に入る前はクリケット選手としての活動もあった。エリック・スタージェス フレッシュアイペディアより)

  • ルイゾン・ボベ

    ルイゾン・ボベから見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    初出場は第二次世界大戦後初のツール開催となった1947年であったが、途中棄権。その後もツールに参加こそすれ、1950年の総合3位が最高の順位。しかも優勝したフェルディ・キュプラーに22分19秒もの差をつけられた。当時、ツールは「国別対抗戦」の形式を取っていた。すると、ジーノ・バルタリ、ファウスト・コッピの2強を擁するイタリアの層の厚さが抜きん出ており、またクブラー、ユーゴ・コブレといったスイス勢も強く、地元フランス勢は明らかに劣勢を強いられていた。ルイゾン・ボベ フレッシュアイペディアより)

  • アッサム・ライフル部隊

    アッサム・ライフル部隊から見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    第二次世界大戦中アッサム軍事警察は、欧州と中近東における戦闘で英印軍の一部として英国側について闘った。アッサム・ライフル部隊とはその際に、彼らの戦闘での功績を認知して1917年に付けられた名前である。また第二次世界大戦中の1942年、日本軍の侵略から逃亡するビルマ難民の移動を助けた。日本軍の通信を妨害したことで知られる「勝利軍」と呼ばれるレジスタンス勢力は彼らが組織したとされる。アッサム・ライフル部隊 フレッシュアイペディアより)

  • ポーリーン・ベッツ

    ポーリーン・ベッツから見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    ポーリーン・ベッツ(Pauline Betz、 Pauline May Betz Addie(ポーリーン・メイ・ベッツ・アディー)、1919年8月6日 - 2011年5月31日)は、アメリカ合衆国オハイオ州デイトン出身の女子テニス選手。第2次世界大戦をまたぐ1940年代に、アメリカを代表する女子選手として活躍し、全米選手権で大会3連覇を含む4勝、ウィンブルドン選手権で終戦直後の1946年に優勝した。彼女のテニスは、並外れたスピードの敏捷な動きを大きな特徴とした。ポーリーン・ベッツ フレッシュアイペディアより)

4038件中 51 - 60件表示

「第2次世界大戦」のニューストピックワード