151件中 61 - 70件表示
  • 軍縮NGO

    軍縮NGOから見た第二次大戦第二次世界大戦/log20120619

    戦争は核戦争だけではない。第二次大戦以後100を超える戦争、紛争があったが、全て通常兵器で行われ、そのための死傷者は1600万人を超え、多くは第三世界に属する国々によって行われたからである。武器生産能力が無いか、低い第三世界に属する国々は軍備を核超大国やスイス、韓国、などから輸入した。中東戦争は米ロ両大国の兵器の実験市場、見本市といわれ、それらの兵器の供給がなければ、イスラエルもアラブも戦争が不可能とまで言われるが、これら武器輸出国の兵器産業にしてみれば、第三世界は巨大マーケットであり、非同盟諸国もそれに頼っている側面もある。軍縮NGO フレッシュアイペディアより)

  • 鈴彦

    鈴彦から見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    第二次世界大戦後の仙台市内は空襲により焼け野原となった。それまで老舗として仙台市内で高いシェアもっていた薬種商の御三家「小谷」「桜井(後・小田島薬店と合併)」」「池田」は本拠を失った(御三家の1社「桜井伊之助薬輔」以外は昭和29年設立の宮城県医薬品卸組合に入会していない)。登米郡登米町に店舗を構えていた「鈴彦商店」は、無傷であった。鈴木彦治は、米、豆、味噌などの食料品を背負い込んで満員列車に乗り込み、関東・関西のメーカー、問屋を精力的に駆けずり回ってクスリをあつめ、県内に販売ルートを拡げていった。鈴彦 フレッシュアイペディアより)

  • 歴史的町名

    歴史的町名から見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    古くから使われていた由緒ある名称を、次の世代に残す為に始められた取り組み。これらの歴史的町名はもとは江戸時代末期の物だったが、第二次世界大戦後の区画整理などで町名の変更が相次いだ。しかし町名が変更された後も、これらの町名は商店の名前などで使われ続け、人々の間で根強く浸透し続けた。これらの事もあり、「古くからの町名を保存してはもらえないだろうか」という意見が相次ぎ、歴史的町名を保存する作業が始まった。歴史的町名 フレッシュアイペディアより)

  • ヘーチマン・ヴィシュネヴェーツィクィイ (フリゲート)

    ヘーチマン・ヴィシュネヴェーツィクィイ (フリゲート)から見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    ヘーチマン・ヴィシュネヴェーツィクィイは、11351号計画「ネレーイ」型国境警備艦の9 番艦として計画された。開発はソ連時代に開始され、当初の艦種は国境警備艦()、艦名はクラースヌィイ・ヴィーンペル(''クラースヌィイ・ヴィームピェル)であった。これは第二次世界大戦で大活躍した警備艦から受け継いだ名称で、意味は「赤い檣頭旗(ペナント)」という共産主義を反映した名称であった。クラースヌィイ・ヴィーンペルの建造は、他の8 隻の同型艦と同じくウクライナ・ソヴィエト社会主義共和国のケルチにあったB・Ye・ブートマ記念ザリーフ造船所で行われた。造船所第209工場で建造されたことから、発注番号は「209」とされた。ヘーチマン・ヴィシュネヴェーツィクィイ (フリゲート) フレッシュアイペディアより)

  • 空対空爆撃

    空対空爆撃から見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    第二次世界大戦においては、連合国軍の重爆撃機に対抗する手段などとして、枢軸国側で使用された。編隊を組んで飛行する爆撃機を一網打尽にするために、多数の子爆弾を収納したクラスター爆弾式の時限信管付き爆弾も開発された。空対空爆撃 フレッシュアイペディアより)

  • 空軍力

    空軍力から見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    第二次世界大戦のヨーロッパ戦線では長距離からの戦略爆撃が積極的に行われることになる。これには第一次世界大戦の消耗戦を破壊力の高い空軍力で殲滅戦にしようとする意図があった。しかし実際には爆撃部隊は多大な損失を出す消耗戦に直面することとなる。これは太平洋戦争においても概ね同様の傾向であった。しかし真珠湾攻撃において日本海軍は雷撃機と急降下爆撃機を航空母艦に搭載して運用することにより、アメリカ海軍の海軍力を撃滅することに成功した。これは海軍力と空軍力を併用であり、これまでの制海権獲得のための大艦巨砲主義という海軍力の戦闘教義に空軍力が変化をもたらすことになる。空軍力 フレッシュアイペディアより)

  • 望星

    望星から見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    。松前が第二次世界大戦後すぐに創刊した同名の雑誌にちなんで、1970年に創刊された。望星 フレッシュアイペディアより)

  • NATOのC4Iシステム

    NATOのC4Iシステムから見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    第二次世界大戦後しばらくの間、西ヨーロッパでは、各国が別々に防空システムを構築してきた。しかし1960年ごろより、航空機の高速化・高高度化に対処するため、これらを欧州連合軍最高司令部隷下において一元的に統制する必要性が提唱されるようになった。これに対応して開発されたのがNADGEシステムである。NATOのC4Iシステム フレッシュアイペディアより)

  • 小泉首相の靖国神社参拝

    小泉首相の靖国神社参拝から見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    小泉首相の靖国神社参拝とは2001年から2006年までの小泉純一郎首相が行った靖国神社参拝である。これにより第二次世界大戦以来、日中関係が最悪と言われた期間である。小泉首相の靖国神社参拝 フレッシュアイペディアより)

  • 南佐古七番町

    南佐古七番町から見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    ツツジの名所で知られる椎宮八幡神社があり、弘化4年に鳥居が建設されたが、第二次世界大戦後の国道192号拡幅のため取り壊された。境内には眉山湧水群の青龍水・雲龍水があり、とくしま水紀行50選、とくしま市民遺産に選定されている。南佐古七番町 フレッシュアイペディアより)

151件中 61 - 70件表示

「第2次世界大戦」のニューストピックワード