151件中 71 - 80件表示
  • ハリー作戦

    ハリー作戦から見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    ハリー作戦 (Operation Hurry) とは、第二次世界大戦中のイギリス軍の作戦の一つで、マルタの守備を強化するために戦闘機を送るというものである。1940年8月に実行された。同時にサルデーニャ島のカリャリ空襲(クラッシュ作戦)も実行された。ハリー作戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本名作劇場

    日本名作劇場から見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    10タイトルに関して、DVD化するにあたり原題の改題がなされている。1925年(大正14年)の公開時には前篇・後篇に分かれていた『江戸怪賊伝 影法師』は、収録尺数が65分と半分以下となり、『影法師』と改題された。第13巻『アチャコ青春日記』は、1939年(昭和14年)に『思ひつき夫人』として約77分のオリジナル尺で製作・公開されたが、現存するプリントは第二次世界大戦終了後に再公開された短縮版であり、DVDは再公開題をそのまま使用している。第14巻『横浜に現れた! 鞍馬天狗』の場合は経緯が複雑で、1942年(昭和17年)に『鞍馬天狗』、あるいは『鞍馬天狗横浜に現る』の題名で公開されたものをのちに『鞍馬天狗 黄金地獄』と改題しているが、そのいずれとも異なるタイトルになっている。第16巻『弥次喜多善光寺詣り』は、1921年(大正10年)に『弥次喜多 前篇 善光寺詣りの巻』の題名で製作・公開されているもので、これには『弥次喜多 後篇』という続篇があったが、現存してはいない。第30巻『かげろう怪盗伝』は、1933年(昭和8年)に『艶姿影法師 陽炎篇』として公開された作品であり、まったく異なり、同作には翌1934年(昭和9年)に製作・公開された『艶姿影法師 蒼窓篇』という続篇が存在する。日本名作劇場 フレッシュアイペディアより)

  • 桶谷式乳房管理法

    桶谷式乳房管理法から見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    本法は、助産師であった桶谷そとみが第二次世界大戦中に旧満州(現在の中国東北部)に開いた助産院で考え出した母乳を出す方法を基礎としており、戦後、富山県高岡市で開業しながら、それまでの体験などを交えて体系化したものである。後に全国からその手技を学びたいという助産師が多く集まるようになったため、1980年4月桶谷式乳房治療手技研鑽会を作り(これは1981年に桶谷式乳房管理法研鑽会と改称)、研修センターを併設し後進の指導を始めた。しかしその後、家族と弟子らとの本法に対する継承権の問題などをめぐり、研修センターが分裂。現在では、桶谷式母乳育児相談室(東京・恵比寿)と桶谷式乳房管理法研鑽会(東京・早稲田)とに分かれて、それぞれ研修センターを設けて、研修・指導を行っている。なお後者を経て認定者となった者も“桶谷式母乳育児相談室”の名称を用いることがあるため、混乱する場合がある。桶谷式乳房管理法 フレッシュアイペディアより)

  • 岩崎與八郎

    岩崎與八郎から見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    第二次世界大戦に際しては、日本の影響下にあった朝鮮総督府鉄道・南満州鉄道・華北交通・華中鉄道などへも枕木の販路を拡大した。このころ三井物産を通じて大陸へ枕木を販売していたが、枕木1本を1円で購入し、40-50銭程度で輸送して、販売価格は12円であったため、5万本の枕木を積んだ1隻の船で50万円儲かるという荒稼ぎぶりで、本人もこんなに儲けてよいのかと不安になったという。またこのことを指して、戦時中の国策で成り上がったと指弾するものもいたが、本人はそれを特に気にせず、本当のことだから隠しはしないという態度であった。岩崎與八郎 フレッシュアイペディアより)

  • パットン戦車

    パットン戦車から見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    パットン戦車とは、アメリカが第二次世界大戦後に開発した戦車の愛称である。愛称は第二次世界大戦中にヨーロッパ戦線で活躍したジョージ・パットン陸軍大将に由来する。またパットンシリーズと言われることもある。パットン戦車 フレッシュアイペディアより)

  • 東大寺諷誦文

    東大寺諷誦文から見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    東大寺諷誦文(とうだいじふじゅもん)とは、東大寺由来とされる巻子本『華厳文義要決』1巻の紙背文書。原本は無題で「東大寺諷誦文」「東大寺諷誦文稿」「昔世殖善之文」などの仮題が付けられている。また、医学者佐藤達次郎の元にあった原本は第二次世界大戦で焼失し、複製のみが残されている。東大寺諷誦文 フレッシュアイペディアより)

  • ロシア民族楽器オーケストラ

    ロシア民族楽器オーケストラから見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    新首都モスクワでは、1919年に「大ロシア合奏団」のバラライカ奏者B.S.トロヤノフスキー(1883年 - 1951年)と、ドムラ奏者P.I.アレクセーエフ(1892年 - 1960年)が、赤軍特命部隊を基礎として合奏団を立ち上げた。1921年から国立化。1924年ラジオ委員会、1936年モスクワ・フィルハーモニーに編入される。1942年、第二次世界大戦のためいったん解散するが、ニコライ・オシポフが国家芸術委員会(後のソビエト文化省)の命を受けて再編成。1945年のオシポフの死後、彼の名が冠された。ロシア民族楽器オーケストラ フレッシュアイペディアより)

  • 赤化日本人

    赤化日本人から見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    第二次世界大戦後、シベリアに抑留された元日本兵のうち、ヨシフ・スターリン政権による共産主義教育を受け入れた者を指す。共産主義に共感して赤化した者は少なく、大抵は強制収容所内において、生き抜く手段として共産主義を受け入れた。従って引き揚げ後も日本において共産主義運動を継続した者は、ほとんどいない。赤化日本人 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の女性史年表

    日本の女性史年表から見た第2次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    日本の女性史年表(にほんのじょせいしねんぴょう)では、第2次世界大戦後(1945年8月15日以降)の日本における女性に関するできごとを年表形式でまとめる。日本の女性史年表 フレッシュアイペディアより)

  • 工業用水法

    工業用水法から見た第二次世界大戦第二次世界大戦/log20120619

    日本において、初めて地盤沈下問題が注目されたのは、大正時代末期、関東大震災後の水準測量で、現在の東京都江東区付近の地盤沈下が確認されたことである。当初は地震によるものと思われたが、昭和時代初期には大阪府大阪市においても同様の地盤沈下が確認され、調査研究の結果、過剰な地下水汲み上げが原因と目されるようになった。昭和20年代には第二次世界大戦による工場操業能力の低下で一旦緩やかになったものの、戦後の復興とともに急速に近代化が進む中で、地下水を工業・農業・ビルの冷房のために利用するようになり地盤沈下が進行した。そこで工業用水の揚水を規制するため、昭和31年、地盤沈下の進行防止を目的として、「工業用水法」は制定された。工業用水法 フレッシュアイペディアより)

151件中 71 - 80件表示

「第2次世界大戦」のニューストピックワード