872件中 11 - 20件表示
  • 第二次世界大戦

    第二次世界大戦から見たダグラス・マッカーサー

    また、3月のバタビア沖海戦でも日本海軍は圧勝し、連合国は連戦連敗により、アジア地域の連合軍艦隊はほぼ壊滅した。まもなくジャワ島に上陸した日本軍は疲弊したオランダ軍を制圧し同島全域を占領。この頃、フィリピンの日本軍はコレヒドール要塞を制圧し、太平洋方面の連合国軍総司令官ダグラス・マッカーサーは多くのアメリカ兵をフィリピンに残したままオーストラリアに逃亡した。また、日本陸軍も3月8日、イギリス植民地ビルマ(現在のミャンマー)首都ラングーン(現在のヤンゴン)を占領。日本は連戦連勝、破竹の勢いで占領地を拡大した。しかし、4月18日、空母ホーネットから発進した米陸軍の双発爆撃機ノースアメリカン B-25による東京空襲(ドーリットル空襲)は、日本の軍部に衝撃を与えた。第二次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦

    第二次世界大戦から見たヘルマン・ゲーリング

    西ヨーロッパから連合軍を追い出したドイツは、イギリス本土への上陸を目指し、上陸作戦「ゼーレーヴェ作戦」の前哨戦として、ドイツ空軍総司令官ヘルマン・ゲーリングは、8月13日から本格的に対イギリス航空戦を開始するよう指令。この頃、イギリス政府はドイツ軍の上陸と占領に備え、王室と政府をカナダへ避難する準備と、都市爆撃の激化に備えて疎開を実施。イギリス国民と共に、国家を挙げてドイツ軍の攻撃に抵抗した。第二次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦

    第二次世界大戦から見たシベリア抑留

    大戦後、戦勝国は領土を拡張するとともにドイツ東部や東ヨーロッパから1,200万人のドイツ人を追放し、その途上で200万人が死亡した。新たにソビエト領とされたポーランド東部ではポーランド人の追放が行われた。アジア・太平洋では日本人強制送還が行われた。また、捕虜となった枢軸国の将兵や市民はシベリアなどで強制労働させられた。戦争の帰趨に決定的な影響を与えたソビエト連邦とアメリカ合衆国の両戦勝国は、ともに世界を指導する超大国として冷戦の構図をもたらした。戦場となったヨーロッパ、日本は国力を著しく低下した。アジアの元植民地には連合軍が上陸し、再植民地化が行われ、独立を求めるアジア人と独立を支援する日本人志願兵などと連合軍との間で新たな戦争が勃発することとなった(インドネシア独立戦争・ベトナム独立戦争)。中国では国共内戦が再開され、台湾では新たな統治者となった中国人と台湾人との間に衝突が起きた(二・二八事件)。中東では独立を求めるユダヤ人によるテロ活動に疲弊したイギリスはイスラエルの建国を認め、アラブ諸国では、親米部族の部族長を君主とする諸国が建国された。また、ドイツや朝鮮半島は米ソによって分割統治されることとなった。東西冷戦を経て、西ヨーロッパでは大戦での対立を乗り越え欧州統合の機運が高まった。第二次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦

    第二次世界大戦から見たリヒャルト・ゾルゲ

    ポーランドとフィンランドへの侵攻、バルト三国併合などの理由で、それまでソ連と距離をおいていたイギリス・アメリカは、独ソ戦開始後、ソ連をイギリス側に受け入れることを決定。武器貸与法にしたがって膨大な物資の援助が始まる。一方、ドイツは日本に対し、東から対ソ攻撃を行うよう働きかけるが、日本は独ソ戦開始前の1941年4月13日には日ソ中立条約を締結していた。また南方の資源確保を目指した日本政府は、東南アジア・太平洋方面進出を決め、対ソ参戦を断念する。ソ連はリヒャルト・ゾルゲなど日本に送り込んだスパイの情報により、この情報を察知し、極東ソ連軍の一部をヨーロッパに振り分けることができた。ドイツ軍は厳寒のなか、11月19日には南部のロストフ・ナ・ドヌを占領し、モスクワ近郊約23kmにまで迫ったが12月5日、ソ連軍は反撃を開始してドイツ軍を150km以上も撃退した。ドイツ軍は開戦以来、かつて無い深刻な敗北を喫した。第二次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦

    第二次世界大戦から見た山本五十六

    4月18日に、日本海軍の連合艦隊司令長官の山本五十六海軍大将が、前線視察のため訪れていたブーゲンビル島上空でアメリカ海軍情報局による暗号解読を受けたロッキード P-38戦闘機の待ち伏せを受け、乗機の一式陸上攻撃機を撃墜され戦死した(詳細は「海軍甲事件」を参照)。しかし大本営は、作戦指導上の機密保持や連合国による宣伝利用の防止などを考慮して、山本長官の死の事実を5月21日まで伏せていた。この頃日本海軍の暗号の多くはアメリカ海軍情報局により解読されており、アメリカ軍は日本海軍の無線の傍受と暗号の解読により、撃墜後間もなく山本長官の死を察知していたことが戦後明らかになった。なお、日本政府は「元帥の仇は増産で(討て)」との標語を作り、山本元帥の死を戦意高揚に利用する。第二次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦

    第二次世界大戦から見たジープ

    電子兵器(レーダー、近接信管)やミサイル、ジェット機、四輪駆動車、核兵器などの技術が新たに登場した。電子兵器と4輪駆動車を除く3つは大戦の後期に登場したこともあって戦局に大きな影響を与えることはなかったが、レーダーは大戦初期のバトル・オブ・ブリテンあたりから本格的に登場し、その優劣が戦局を大きく左右した。また、アメリカやドイツ、日本などがこぞって開発を行った核兵器(原子爆弾)の完成とその利用は、日本の降伏を早めるなど大きな影響を与え、その影響は冷戦時代を通じ現代にも大きなものとなっている。なお、大戦中期に暗号解読と弾道計算のためにコンピュータが生み出された。第二次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦

    第二次世界大戦から見たアルミニウム

    また、一般家庭からの鉄やアルミニウムの回収、供用が行われたほか、ガソリンやオイル、タイヤの配給制の導入も行われた。さらに、民需向け自動車の生産制限も全土で行われた。ガソリンの配給制は終戦後間もなく解除されたものの、タイヤの購入制限は終戦後しばらく経つまで継続された。第二次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦

    第二次世界大戦から見た英国放送協会

    一方、ロンドンに亡命した元国防次官兼陸軍次官のシャルル・ド・ゴールが「自由フランス国民委員会」を組織する傍ら、ロンドンのBBC放送を通じて対独抗戦の継続と親独的中立政権であるヴィシー政権への抵抗を国民に呼びかけ、イギリスやアメリカなどの連合国の協力を取り付けてフランス国内のレジスタンス運動を支援した。第二次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦

    第二次世界大戦から見た新潮社

    春名幹男『秘密のファイル CIAの対日工作』新潮社 2003年 ISBN 4-7641-0454-7第二次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦

    第二次世界大戦から見た岩波書店

    萩原宜之 『ラーマンとマハティール』 岩波書店 1996年第二次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

872件中 11 - 20件表示

「第2次世界大戦」のニューストピックワード