872件中 41 - 50件表示
  • 第二次世界大戦

    第二次世界大戦から見たエーリッヒ・フォン・マンシュタイン

    8月23日からはスターリングラード攻防戦が開始された。まず空軍機で爆撃し、9月13日から市街地へ向けて攻撃が開始。連日壮絶な市街戦が展開された。しかし、10月頃よりドイツ軍の勢いが徐々に収まってゆく。11月19日、ソ連軍は反撃を開始し、同23日には逆に枢軸国軍を包囲する。12月12日、エーリッヒ・フォン・マンシュタイン元帥は南西方向から救援作戦を開始し、同19日には約35kmまで接近するが、24日からのソ連軍の反撃で撃退され、年末には救援作戦は失敗する。第二次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦

    第二次世界大戦から見た人種差別

    イタリア戦線と、その後のヨーロッパ戦線での戦いで、アメリカ陸軍の日系アメリカ人部隊第442連隊戦闘団は、アメリカ軍内における深刻な人種差別を跳ね除け、死傷率314%という大きな犠牲を出しながら、アメリカ陸軍部隊史上最多の勲章を受けるなど歴史に残る大きな活躍を残した他、対日戦においても暗号解読や通訳兵として貢献した。これは戦後、日系アメリカ人の地位向上に大きく貢献した。また、法的に人種差別が認められていたアメリカにおいて、過酷な人種差別を受けていたアフリカ系アメリカ人も多数が下級兵士として参加し、ヨーロッパ戦線を中心に多数の勲功を上げた。第二次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦

    第二次世界大戦から見た藤原釜足

    なお、対英米戦の開戦以降はドイツ語やイタリア語などの同盟国語以外の多くの外国語は、マスコミや国粋派により「敵性語」とされ、新聞や雑誌などのマスコミにおける使用が自粛された上、ディック・ミネなどの英語風の芸名や藤原釜足などの皇室に失礼に当たる芸名は、内務省からの指示を受け改名を余儀なくされた。しかし、その後も日常会話や軍隊内で英仏語が広く使われ続けた上、「高等教育の現場における英語教育を取りやめるべき」という朝日新聞などのマスコミや国粋派の要求に対し、東條内閣はこれを「英語教育は必要である」として拒否している。第二次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦

    第二次世界大戦から見た油井大三郎

    油井大三郎・古田元夫 『世界の歴史28 第二次世界大戦から米ソ対立へ』中央公論社 1998年 ISBN 4-12-403428-8第二次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦

    第二次世界大戦から見たジョン・メイナード・ケインズ

    なお、この年の7月から、戦後の世界経済体制の中心となる金融機構について、アメリカ・ニューハンプシャー州のブレトン・ウッズで45か国が参加した会議が行われ、ここでイギリス側のケインズが提案した清算同盟案と、アメリカ側のホワイトが提案した通貨基金案がぶつかりあった。当時のイギリスは戦争によって沢山の海外資産が無くなっていた上に、33億ポンドの債務を抱えていたため清算同盟案を提案したケインズの案に利益を見出していた。しかし戦後アメリカの案に基づいたブレトン・ウッズ協定が結ばれることとなる。第二次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦

    第二次世界大戦から見た武田龍夫

    武田龍夫 『物語 北欧の歴史』 中公新書 1993年 ISBN 4-12-101131-7第二次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦

    第二次世界大戦から見たコーデル・ハル

    10月14日に日本は最終案として「甲案」と「乙案」による交渉を開始した。11月6日には帝国国策遂行要領に基いて、南方軍にイギリス領マラヤなどの攻略を目的とする南方作戦準備が指令され、11月15日には発動時期を保留しながらも作戦開始が指令された。11月26日早朝に日本海軍機動部隊は南千島の択捉島単冠湾(ヒトカップ湾)からハワイに向け出港した。11月27日(アメリカ時間11月26日)アメリカのコーデル・ハル国務長官から来栖三郎特命全権大使、野村吉三郎駐米大使に通称「ハル・ノート」が手渡された。中国大陸(原文「China」)から全面撤退すべし、日本政府はこれを全中国大陸からの撤退要求と解釈し、事実上の最後通牒と認識した。一方でこの文書には「厳秘、一時的にして拘束力なし」と書かれており、この文書が最後通牒であったかについては論争がある。第二次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦

    第二次世界大戦から見たフィリップ・ペタン

    さらにドイツ軍は首都パリを目指す。敗色濃厚なフランス軍は散発的な抵抗しか出来ず、6月10日にはパリを放棄した。同日、フランスが敗北濃厚になったのを見てムッソリーニのイタリアも、ドイツの勝利に相乗りせんとばかりに、イギリスとフランスに対し宣戦布告した。6月14日、ドイツ軍は戦禍を受けていないほぼ無傷のパリに入城した。6月22日、フランス軍はパリ近郊コンピエーニュの森においてドイツ軍への降伏文書に調印した。なお、その生涯でほとんど国外へ出ることが無かったヒトラーが自らパリへ赴き、パリ市内を自ら視察し即日帰国した。その後、ドイツによるフランス全土に対する占領が始まった直後、講和派のフィリップ・ペタン元帥率いるヴィシー政権が樹立される。第二次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦

    第二次世界大戦から見た野村吉三郎

    10月14日に日本は最終案として「甲案」と「乙案」による交渉を開始した。11月6日には帝国国策遂行要領に基いて、南方軍にイギリス領マラヤなどの攻略を目的とする南方作戦準備が指令され、11月15日には発動時期を保留しながらも作戦開始が指令された。11月26日早朝に日本海軍機動部隊は南千島の択捉島単冠湾(ヒトカップ湾)からハワイに向け出港した。11月27日(アメリカ時間11月26日)アメリカのコーデル・ハル国務長官から来栖三郎特命全権大使、野村吉三郎駐米大使に通称「ハル・ノート」が手渡された。中国大陸(原文「China」)から全面撤退すべし、日本政府はこれを全中国大陸からの撤退要求と解釈し、事実上の最後通牒と認識した。一方でこの文書には「厳秘、一時的にして拘束力なし」と書かれており、この文書が最後通牒であったかについては論争がある。第二次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦

    第二次世界大戦から見た佐藤亮一 (翻訳家)

    『第二次世界大戦 新装版』 佐藤亮一訳 河出文庫全4巻 2001年第二次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

872件中 41 - 50件表示

「第2次世界大戦」のニューストピックワード