872件中 61 - 70件表示
  • 第二次世界大戦

    第二次世界大戦から見た米内光政

    独裁体制を強化する東條英機首相兼陸軍大臣に対する反発は強く、この年の春頃、中野正剛などの政治家や、海軍将校などを中心に倒閣運動が行われた。さらに、近衛文麿元首相の秘書官細川護貞の戦後の証言によると、当時現役の海軍将校で和平派の高松宮宣仁親王黙認の暗殺計画もあったと言われている。しかし計画が実行されるより早く、サイパン島陥落の責任を取り、東條英機首相兼陸軍大臣率いる内閣が総辞職。小磯国昭陸軍大将と米内光政海軍大臣を首班とする内閣が発足した。第二次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦

    第二次世界大戦から見たスカルノ

    19世紀以来、イギリス、オランダ、フランス、アメリカ合衆国など連合国(白人諸国家)の植民地支配を受けて来たアジア諸地域は、第二次世界大戦序盤における日本軍の勝利と連合国軍の敗北(特にシンガポールの戦いにおけるイギリス軍の敗北)により、一時的に白人宗主国による支配から切り離された。これにより、非白人国が白人の宗主国を打倒した事実を、植民地支配下の住民が直接目にする事となった。これは、被植民地住民にとって、宗主国たる白人に対する劣等感を払拭する大きな力になったと、後年に中華民国総統の李登輝、マレーシアのマハティール・ビン・モハマド首相、インドネシアのスカルノ大統領など、当時の被植民地出身の政治家たちが述べている。インドネシア政府が1945年8月17日に独立を宣言した時には、年月日の表記に神武暦が用いられて「2605年8月17日」と表記された。そして、日本軍が敗北すると、日本軍に勝利したイギリス軍など白人宗主国軍がアジア諸地域を再び占領したが、現地住民は、一部の元日本軍兵士も含めて、独立運動に立ち上がった。彼らは日本軍の遺棄兵器を終戦直後の権力空白時に入手し、それが独立運動に寄与したと見られている。以上の諸点から、日本がアジア各国の植民地解放を結果的に促進したとする見解がある。第二次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦

    第二次世界大戦から見た伊藤憲一

    ズビグネフ・ブレジンスキー『大いなる失敗-20世紀における共産主義の誕生と終焉』 伊藤憲一訳 飛鳥新社 1989年第二次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦

    第二次世界大戦から見たハインリヒ・ヒムラー

    4月16日、ベルリン正面のソ連軍の総攻撃が開始され、ベルリン東方ゼーロウ高地以外の南北の防衛線を突破される。4月20日、ヒトラーは最後の誕生日を迎え、ヘルマン・ゲーリング、ハインリヒ・ヒムラー、カール・デーニッツらの政府や軍の要人はそれを祝った。そしてその夜、彼らはヒトラーからの許可によりベルリンから退去し始めた。4月25日、ソ連軍はベルリンを完全に包囲(詳細はベルリンの戦いを参照)した。このような絶望的状況の中、ドイツ軍はヒトラーユーゲントなどの少年兵やまともな武器も持たない兵役年齢を超えた志願兵を中心にした国民突撃隊まで動員し最後の抵抗を試みた。第二次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦

    第二次世界大戦から見た近衛文麿

    1939年8月の独ソ不可侵条約締結は日本に衝撃を与え、当時の平沼騏一郎内閣は総辞職し、対独同盟派の勢いは停滞した。しかし1940年1月に日米通商航海条約が失効して以降、日米関係は開国以来の無条約時代に突入しており、情勢の打開が求められた。同年6月にフランス降伏、枢軸国の勢力が拡大するに及び、近衛文麿内閣の松岡洋右外相ら枢軸国との提携を主張する声が高まった。7月22日には「世界情勢推移ニ伴フ時局処理要綱」が策定され、基本国策要綱が閣議決定された。ヴィシー政権成立後の9月22日には、フランス領インドシナ総督政府と西原・マルタン協定を締結し、日本軍は北部仏印に進駐した(仏印進駐)。9月27日には日独伊三国同盟が締結された。ルーズベルト大統領は「脅迫や威嚇には屈しない」や「民主主義の兵器廠」などの演説を行い、三国同盟側に対する警戒を国民に呼びかけており、10月16日には日本に対する屑鉄輸出を禁止した。一方、水面下ではアメリカ側から密使が送られ「日米諒解案」の策定が行われるなど日米諒解に向けての動きも存在した。11月23日にはタイとフランス領インドシナ政府との間でタイ・フランス領インドシナ紛争が勃発し、日本の仲介による1941年5月8日の東京条約締結まで続いた。第二次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦

    第二次世界大戦から見た中野正剛

    独裁体制を強化する東條英機首相兼陸軍大臣に対する反発は強く、この年の春頃、中野正剛などの政治家や、海軍将校などを中心に倒閣運動が行われた。さらに、近衛文麿元首相の秘書官細川護貞の戦後の証言によると、当時現役の海軍将校で和平派の高松宮宣仁親王黙認の暗殺計画もあったと言われている。しかし計画が実行されるより早く、サイパン島陥落の責任を取り、東條英機首相兼陸軍大臣率いる内閣が総辞職。小磯国昭陸軍大将と米内光政海軍大臣を首班とする内閣が発足した。第二次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦

    第二次世界大戦から見たエドゥアール・ダラディエ

    ドイツのヒトラーは、周辺各国におけるドイツ系住民の処遇問題に対して民族自決主義を主張し、ドイツ人居住地域のドイツへの併合を要求した。1938年3月12日、ドイツは軍事的恫喝を背景にしてオーストリアを併合した。次いでヒトラーはチェコスロバキアのズデーテン地方に狙いを定め、英仏伊との間で同年9月29日に開催されたミュンヘン会談で、ネヴィル・チェンバレン英首相とエドゥアール・ダラディエ仏首相は、ヒトラーの要求が最終的なものであることを確認して妥協し、ドイツのズデーテン獲得、さらにポーランドのテシェン、ハンガリーのルテニア等領有要求が承認された。第二次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦

    第二次世界大戦から見たアントニオ・サラザール

    アントニオ・サラザール政権下で中立国となったポルトガルの首都であるリスボンは、ヨーロッパの枢軸国、連合国双方と南北アメリカ大陸、アフリカ大陸を結ぶ交通の要所となり、さらに開戦後にはヨーロッパ各国からの避難民が殺到した。第二次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦

    第二次世界大戦から見た春名幹男

    春名幹男『秘密のファイル CIAの対日工作』新潮社 2003年 ISBN 4-7641-0454-7第二次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦

    第二次世界大戦から見たココ・シャネル

    レジスタンスとしてドイツ軍に抵抗する者もいたものの、自発的にドイツ軍に協力したり、様々な形でドイツ軍と関係を持つ一般市民や経済人、芸術家も多かった。しかし、1944年にドイツ軍がパリから撤退した後にそれらの者は「対独協力者」として断罪され、怒った住人からリンチを受けることになるものもいた。なお、ドイツの占領下でドイツ軍将校の愛人となり自堕落な生活を送っていたココ・シャネルはスイスに亡命し、戦後もその行為を非難されることとなった。第二次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

872件中 61 - 70件表示

「第2次世界大戦」のニューストピックワード