前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
627件中 1 - 10件表示
  • 筑紫国

    筑紫国から見た筑後国筑後国

    筑紫国(つくしのくに)は、のちの令制国での筑前国と筑後国にあたり、現在の行政区分では、福岡県のうち東部(豊前国の一部だった部分)を除いた大部分にあたる地域に大化の改新・律令制成立以前の日本古代にあった国である。筑紫国 フレッシュアイペディアより)

  • 筑後川

    筑後川から見た筑後国筑後国

    筑後川は明治以前筑前国・筑後国・肥前国・豊後国の境界をなしており、軍事上の要衝として活用されていた。このため江戸時代は橋を架けることが厳禁とされ、代用交通として水運が発達(後述)し昭和後期まで利用されていた。モータリゼーションが高度に発達した現在、流域は九州地方を縦貫・横断する道路と鉄道が交差する地域となっており、今もなお交通の要衝になっている。筑後川 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋氏

    高橋氏から見た筑後国筑後国

    筑後国北部の御原郡の国人一族が高橋氏を名乗る。初め大蔵党の支流。のちに豊後大友氏の支流出身の高橋鑑種や高橋鎮種(紹運)が家督を継いだ。筑後十五城の一つ。前段で詳述。高橋氏 フレッシュアイペディアより)

  • 九州国分

    九州国分から見た筑後国筑後国

    天正13年(1585年)10月2日、豊臣秀吉は島津・大友両氏に九州停戦令を発した。大友氏は停戦令をすぐに受諾したのに対し、島津氏は激論の末受諾を決定するとともに、鎌田政近を秀吉のもとへ派遣して、戦争は大友氏に対する防戦であると弁明させた。天正14年(1586年)3月7日、鎌田政近は大坂城において秀吉から肥後半国・豊前半国・筑後を大友へ返還し、肥前を毛利氏に与え、筑前は秀吉の所領とする国分案を提示された。これは島津氏が本領とする薩摩・大隅・日向半国に加え肥後半国・豊前半国を安堵する寛大な処置であったが島津氏はこれに反発した。4月5日には救援を求めるため大坂城で秀吉に面会した大友義鎮(宗麟)も国分案を提示されているが、内容の詳細は伝わっていない。また、6月25日頃に比定される秀吉朱印状では毛利輝元宛で九州国分案が提示されており、それは、秀吉が毛利所領から備中・伯耆の一部と備後・伊予を召し上げ、代わって九州の豊前・筑前・筑後・肥後の4カ国を与えた上で九州取次に任命する内容となっている。九州国分 フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮氏

    宇都宮氏から見た筑後国筑後国

    また宇都宮庶流としては、筑後国に勢威を張った筑後宇都宮氏が知られる。宇都宮氏第8代(宇都宮朝綱を初代とすれば第6代)当主宇都宮貞綱(元寇の時に討伐軍総大将)とともに九州に同行し、筑後国山門郡大木を拠点とした貞綱の弟である宇都宮泰宗の子孫が直接の始祖である。すなわち、泰宗の子の宇都宮貞泰は、南北朝時代に四国伊予国に勢力を保ち、南朝の懐良親王と共に城井氏の拠点の豊前国仲津に移ったが、北朝方の豊前宇都宮氏に対して、南朝方で肥後国八代に移った宇都宮貞泰の次男の宇都宮貞久が始まりとされる。この貞久の孫の宇都宮久憲が筑後十五城筆頭の宇都宮氏系蒲池氏の祖となる。宇都宮氏 フレッシュアイペディアより)

  • 高良大社

    高良大社から見た筑後国筑後国

    高良大社(こうらたいしゃ)は、福岡県久留米市の高良山にある神社。式内社(名神大社)、筑後国一宮。旧社格は国幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。高良大社 フレッシュアイペディアより)

  • 元寇

    元寇から見た筑後国筑後国

    ところが、薩摩や日向、大隅など南九州の御家人たちは博多に向かうに際して、九州一の難所と言われる筑後川の神代浮橋(くましろうきばし)を渡らなければならず、元軍の上陸までに博多に到着することは難しかった。これに対して、筑後の神代良忠(くましろ よしただ)は一計を案じて神代浮橋の通行の便を図り、南九州の諸軍を速やかに博多に動員した。後に神代良忠は、元軍を撃退するのに貢献したとして幕府から感状を与えられている。元寇 フレッシュアイペディアより)

  • 弟村王

    弟村王から見た筑後国筑後国

    弟村王(おとむらおう、生没年不詳)は、平安時代初期の皇族。知太政官事・舎人親王の曾孫。従五位下・猪名王の子。官位は正五位下・筑後守。弟村王 フレッシュアイペディアより)

  • 清原岑成

    清原岑成から見た筑後国筑後国

    清原 岑成(きよはら の みねなり)は、平安時代前期の公卿。当初美能王次いで岑成王を称するが、臣籍降下して清原真人姓を賜与された。舎人親王の玄孫。筑後守・弟村王の子。清原岑成 フレッシュアイペディアより)

  • 道首名

    道首名から見た筑後国筑後国

    道 首名(みち の おびとな、天智天皇2年(663年) - 養老2年4月10日(718年5月18日))は、飛鳥時代から奈良時代初期にかけての貴族。姓は君または公。官位は正五位下・筑後守、贈従四位下。道首名 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
627件中 1 - 10件表示

「筑後南部のできごと」のニューストピックワード