627件中 91 - 100件表示
  • 広津藍渓

    広津藍渓から見た筑後国筑後国

    は、筑後国久留米藩の儒者。名は省・弘恒、字は有修、通称は善蔵。広津藍渓 フレッシュアイペディアより)

  • 吉和道玄

    吉和道玄から見た筑後国筑後国

    吉和 道玄(よしわ どうげん、生没年不詳)は、江戸時代の囲碁棋士で、久留米藩碁士。筑後国生まれ、三世本因坊道悦、四世本因坊道策門下、七段上手。道策門下の六天王と呼ばれた一人、家元四家以外で初めて七段上手を認められた。吉和道玄 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡県道・佐賀県道144号中津天建寺武島線

    福岡県道・佐賀県道144号中津天建寺武島線から見た筑後国筑後国

    途中で佐賀県を通るが、これは、昔の筑後川が大きく蛇行しており、みやき町天建寺土居外地区は筑後国側ではなく肥前国側だったためで、流路変更後の現在この地区が川を挟んで飛び地のようになっている。福岡県道・佐賀県道144号中津天建寺武島線 フレッシュアイペディアより)

  • 田尻惟信

    田尻惟信から見た筑後国筑後国

    田尻 惟信(たじり これのぶ )は江戸時代の筑後国柳河藩の家臣で、一時期浪人となる。藩職は普請役。矢部川改修や回水路新設、柳河藩領の有明海海岸埋め立てや磯島、唐男、高碇井堰の新設などの土木事業に貢献。田尻惟信 フレッシュアイペディアより)

  • 立花致傳

    立花致傳から見た筑後国筑後国

    立花 致傳(たちばな よしひろ、享保20年4月20日(1735年6月10日) - 安永5年(1776年))は筑後国柳河藩重臣。柳河藩主に嗣子がいない場合に跡継ぎを輩出するために創設された御一門の一つ、立花監物家祖。父は藩主立花貞俶、実母は笠間浅右衛門の娘、すえ。幼名は久松、通称は主悦。同母姉弟に小野隆局(若狭)夫人、戸次通孝、矢島通経。立花致傳 フレッシュアイペディアより)

  • 西原一甫

    西原一甫から見た筑後国筑後国

    西原 一甫(にしはら いっぽ、宝暦10年(1760年) - 天保15年5月16日(1844年7月1日))は江戸時代の筑後国柳河藩士。耽奇会及び兎園会参加者の一人で、「図説立花家記」では耽奇会主催者としている。通称は半三郎、六弥太、新右衛門。諱は公和、公助(きみすけ)。号は一甫、南野、一輔、梭江(さこう)で、西原一甫で著名。家号は松羅館。父は西原種正、母は白井久慶の娘。西原一甫 フレッシュアイペディアより)

  • 大石種次

    大石種次から見た筑後国筑後国

    大石 種次(おおいし たねつぐ、1797年(寛政9年) - 1863年12月29日(文久3年11月19日))は、江戸時代後期から幕末の剣客、筑後国柳河藩藩士。諱は種次。通称は進、のち七太夫と改名。隠居号は武楽。大石種次 フレッシュアイペディアより)

  • 二川窯

    二川窯から見た筑後国筑後国

    二川窯(ふたがわかま)は、筑後国(現、福岡県)三池郡二川で焼かれた陶磁器。二川窯 フレッシュアイペディアより)

  • 明石覚一

    明石覚一から見た筑後国筑後国

    また、のちの『平家物語』のスタンダードとも言うべき「覚一本」をまとめた。以前よりその傾向はあったが、「灌頂巻」が『平家物語』より分立したことは、覚一によって決定的なものとなった。「灌頂巻」とは、壇ノ浦で海に身を投げながら助けられ、出家した建礼門院による念仏三昧の日々や侍女の悲恋話の部分である。こんにちの『平家物語』の伝本百数十本のうち、語り本としての「覚一本」系統の諸本は、重大な位置を占めており、そのなかでも高野辰之旧蔵の高野本(現在東京大学国語研究室所蔵)をもとにしたものが最も流布している。筑後国高良大社所蔵の重要文化財『平家物語』も覚一本である。明石覚一 フレッシュアイペディアより)

  • 大淵龍太郎

    大淵龍太郎から見た筑後国筑後国

    安政3年、柳河藩士大淵清吾の長男として、筑後国三潴郡蒲池村(現在の福岡県柳川市)で出生。大淵龍太郎 フレッシュアイペディアより)

627件中 91 - 100件表示

「筑後南部のできごと」のニューストピックワード