491件中 91 - 100件表示
  • 石井賢次

    石井賢次から見た筑後国筑後国

    天正10年(1582年)、龍造寺軍が筑後国鷹尾城主田尻鑑種を攻撃した際、支城江浦城攻略のため、一隊を率いて参戦したが、龍造寺軍は苦戦し、賢次もその戦いの中、戦死した。仲が良かった姉の陽泰院は、賢次の戦死をたいへん悲しんだという。石井賢次 フレッシュアイペディアより)

  • 美濃和紙

    美濃和紙から見た筑後国筑後国

    紋書院紙とは、透かし文様入りの書院紙であり、美濃の他、筑後柳川や肥後でも生産され、肥後産のは特に透かしが綺麗であった。美濃和紙 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田兼儔

    吉田兼儔から見た筑後国筑後国

    吉田 兼儔(よしだ かねとも、生没年不詳)は江戸時代後期の筑後国柳河藩士。勘定方や中老などを勤めた。吉田兼儔 フレッシュアイペディアより)

  • 朽網宗壽

    朽網宗壽から見た筑後国筑後国

    大友氏の譜代重臣・朽網氏の出身だが、嫡流の鎮則が島津氏に内通したとして殺さたため、父鑑房は浪々のまま玖珠で不遇のうちに死去した。『筑後国史』によれば、宗壽は母の蒲池徳子の郷里の筑後国へ行き、柳川の蒲池氏菩提寺の崇久寺の食客となり、蒲池姓を名乗ったとされる。朽網宗壽 フレッシュアイペディアより)

  • 蒲池鎮明

    蒲池鎮明から見た筑後国筑後国

    祖母の蒲池徳子の生家の蒲池氏の名跡を継いだ父の跡を継ぎ、蒲池鎮明と名のるが、筑後国では依然として龍造寺氏による蒲池氏一族に対する探索が続いていたため、柳川城の別名の舞鶴城にちなんで鶴鎮明と名のる(『筑後国史』)。福岡の鶴氏の祖。蒲池鎮明 フレッシュアイペディアより)

  • 源圓

    源圓から見た筑後国筑後国

    承久の乱の後に筑後国の蒲池氏の娘婿となり、遺領を譲られ、松浦党蒲池氏の祖となる(『筑後国史』)。源圓 フレッシュアイペディアより)

  • 橘公頼

    橘公頼から見た筑後国筑後国

    藤原純友の乱の時、大宰府を落として柳川に迫った純友の弟の藤原純乗の軍勢を、蒲池城で迎え撃った。その功により橘公頼の子孫は、筑後国蒲池の領主となる。橘公頼 フレッシュアイペディアより)

  • 橘敏通

    橘敏通から見た筑後国筑後国

    橘 敏通(たちばな の としみち、生没年不詳)は平安時代の筑後国蒲池の領主。中納言橘公頼の三男。官位は従五位下・式部大輔。橘敏通 フレッシュアイペディアより)

  • 山田辰業

    山田辰業から見た筑後国筑後国

    山田 辰業(やまだ ときなり、生年不詳 - 天正13年3月25日(1585年4月24日))は、下野の戦国時代の武将。山田寛業の子。正室は菊の前。筑後守、藤右衛門尉を名乗る。文献によっては、業辰と記される。山田辰業 フレッシュアイペディアより)

  • 池田信正

    池田信正から見た筑後国筑後国

    池田 信正(いけだ のぶまさ、生年不詳 - 天文17年5月6日(1548年6月21日)は、戦国時代の武将。摂津池田城主で池田貞正の子。妻は三好政長の娘。長正の父。通称は三郎五郎、官位は筑後守。名は勝俊、久宗とも。池田信正 フレッシュアイペディアより)

491件中 91 - 100件表示