627件中 21 - 30件表示
  • 橘以長

    橘以長から見た筑後国筑後国

    橘 以長(たちばな の もちなが、生年不詳 - 嘉応元年(1169年))は平安時代後期の貴族。信濃守・橘広房の子。官位は従五位上・筑後守。橘氏長者。橘以長 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康政

    田中康政から見た筑後国筑後国

    田中 康政(たなか やすまさ)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将。筑後国初代国主・田中吉政の子。田中康政 フレッシュアイペディアより)

  • 文馬養

    文馬養から見た筑後国筑後国

    天平9年(737年)に外従五位下次いで外従五位上に続けて昇叙される。のち聖武朝では主税頭・筑後守を務めた。文馬養 フレッシュアイペディアより)

  • 緒方春朔

    緒方春朔から見た筑後国筑後国

    緒方 春朔(おがた しゅんさく、寛延元年(1748年) - 文化7年1月21日(1810年2月24日))は、江戸時代の医学者。春朔は通称で、諱は惟章(これあき)、号は済庵、洞雲軒。筑後国久留米(現福岡県久留米市)出身。緒方春朔 フレッシュアイペディアより)

  • 文室益善

    文室益善から見た筑後国筑後国

    承和13年(846年)正月に従五位下に叙爵し、筑後守に任ぜられる。2月には興岑以下9名の子女が、藤坂王・御藤王の子女とともに臣籍降下し、清原真人姓を与えられる。文室益善 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原近成

    藤原近成から見た筑後国筑後国

    藤原 近成(ふじわら の ちかなり、生没年不詳)は、平安時代前期の官人。官位は従八位上・筑後掾。藤原近成 フレッシュアイペディアより)

  • 楊心流薙刀術

    楊心流薙刀術から見た筑後国筑後国

    現在は、肥後国の熊本藩の居合・薙刀術・柔術師範家であった星野家が伝承していた伯耆流星野派居合術に併伝されている系統と、幕末に、そこから分かれて筑後国の柳河藩に伝わった系統の2系統が現存している。熊本県に楊心流半棒術のみを伝える系統もあるが、これも星野家から分かれた系統である。楊心流薙刀術 フレッシュアイペディアより)

  • 橘真直

    橘真直から見た筑後国筑後国

    承和年間の初頭に内舎人に任ぜられ、のち左馬大允を経て、承和7年(840年)従五位下に叙爵。承和8年(841年)肥後介に任ぜられると、翌承和9年(842年)筑後権介と仁明朝中盤は地方官を務める。承和12年(845年)中務少輔に遷ると、のち右兵衛佐・右近衛少将と一転して京官を歴任し、嘉祥2年(849年)従五位上、嘉祥3年(850年)正月には正五位下と仁明朝末に続けて昇叙された。橘真直 フレッシュアイペディアより)

  • 窪田鎮勝

    窪田鎮勝から見た筑後国筑後国

    鎮勝の父である江口秀種は江口鎮俊の婿養子となり江口氏を継ぐ。江口氏は、南筑後地方に勢力を持った戦国大名の蒲池鑑盛の嫡子蒲池鎮漣の娘の徳子が、蒲池氏が滅びた後、大友氏重臣の朽網氏の朽網鑑康の次男・朽網鑑房の妻となり、その間に産み、蒲池の名跡を再興させた朽網宗壽の子の蒲池鎮明の4代後の蒲池鎮康にはじまる。鎮康は筑後国上妻郡冨重村江口に住み江口鎮康と名のり、鎮康の2代後が秀種になる。肥後柔術三道場の一つである江口道場は、秀種の次子の江口鎮誠(鎮勝の弟)の子孫が受け継いだ。窪田鎮勝 フレッシュアイペディアより)

  • 熊懐氏

    熊懐氏から見た筑後国筑後国

    熊懐氏(くまだきし)は、筑後国生葉郡山春村(現在の福岡県うきは市浮羽町)を本拠とした一族。 波多氏 (古代)族。熊懐氏 フレッシュアイペディアより)

627件中 21 - 30件表示

「筑後南部のできごと」のニューストピックワード