491件中 21 - 30件表示
  • 蒲池久憲

    蒲池久憲から見た筑後国筑後国

    南北朝時代の九州の南朝である征西軍営府の懐良親王の下にいた筑後宇都宮氏の宇都宮貞久の孫。宇都宮貞久の父の宇都宮貞泰は、元寇の時に九州に下向した下野宇都宮氏第6代の宇都宮貞綱の弟の筑後国山門郡瀬高を拠点とした宇都宮泰宗の子。蒲池久憲 フレッシュアイペディアより)

  • 熊懐氏

    熊懐氏から見た筑後国筑後国

    熊懐氏(くまだきし)は、筑後国生葉郡山春村(現在の福岡県うきは市浮羽町)を本拠とした一族。 波多氏 (古代)族。熊懐氏 フレッシュアイペディアより)

  • 窪田鎮勝

    窪田鎮勝から見た筑後国筑後国

    鎮勝の父である江口秀種は江口鎮俊の婿養子となり江口氏を継ぐ。江口氏は、南筑後地方に勢力を持った戦国大名の蒲池鑑盛の嫡子蒲池鎮漣の娘の徳子が、蒲池氏が滅びた後、大友氏重臣の朽網氏の朽網鑑康の妻となり、その間に産み、蒲池の名跡を再興させた朽網宗壽の子の蒲池鎮明の4代後の蒲池鎮康にはじまる。鎮康は筑後国上妻郡冨重村江口に住み江口鎮康と名のり、鎮康の2代後が秀種になる。肥後柔術三道場の一つである江口道場は、秀種の次子の江口鎮誠(鎮勝の弟)の子孫が受け継いだ。窪田鎮勝 フレッシュアイペディアより)

  • 橘氏 (筑後国)

    橘氏 (筑後国)から見た筑後国筑後国

    橘氏(たちばなし)は、平安時代の筑後国蒲池の領主の一族で、賜姓皇族系の橘氏の庶家。橘氏 (筑後国) フレッシュアイペディアより)

  • 緒方春朔

    緒方春朔から見た筑後国筑後国

    緒方 春朔(おがた しゅんさく、寛延元年(1748年) - 文化7年1月21日(1810年2月24日))は、江戸時代の医学者。春朔は通称、諱は惟章、号は済庵、洞雲軒。筑後国久留米(現福岡県久留米市)出身。エドワード・ジェンナーより6年早く種痘法の実用化に成功した医師として知られる。緒方春朔 フレッシュアイペディアより)

  • 柳河藩

    柳河藩から見た筑後国筑後国

    柳河藩(柳川藩、やながわはん)は、筑後国に存在した藩。藩庁は柳川城(現:福岡県柳川市)。当初は筑後一国を支配する大藩であったが、のちに久留米藩の成立により筑後南部のみを領有する中藩となった。柳河藩 フレッシュアイペディアより)

  • 久留米城

    久留米城から見た筑後国筑後国

    久留米城(くるめじょう)は筑後国御井郡(現在の福岡県久留米市篠山町)に存在した城。久留米城 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原清岳

    藤原清岳から見た筑後国筑後国

    藤原 清岳(ふじわら の きよたけ、生没年不詳、正字体:藤原?岳)は、奈良時代、平安時代初期の貴族。藤原南家、参議・藤原乙縄の子。官位は従五位下・筑後守。藤原清岳 フレッシュアイペディアより)

  • 田中久重

    田中久重から見た筑後国筑後国

    田中 久重(たなか ひさしげ、寛政11年9月18日(1799年10月16日) - 明治14年(1881年)1月11日)は江戸時代から明治にかけて「東洋のエジソン」「からくり儀右衛門」と呼ばれ活躍した日本の発明家である。筑後国久留米(現在の福岡県久留米市)生まれ。芝浦製作所(後の東芝の重電部門)の創業者。田中久重 フレッシュアイペディアより)

  • 清原岑成

    清原岑成から見た筑後国筑後国

    天長5年(828年)近江大掾、天長6年(829年)従五位下・筑後守、天長7年10月13日(830年)近江介、天長9年(832年)従五位上に叙任。清原岑成 フレッシュアイペディアより)

491件中 21 - 30件表示