491件中 31 - 40件表示
  • 長崎街道

    長崎街道から見た筑後国筑後国

    筑前・筑後・肥前・肥後・薩摩の諸大名の参勤交代のほか、長崎奉行や西国筋郡代の交代、さらにはオランダ人や中国人の江戸参府や交易・献上品の運搬にも用いられた。長崎街道 フレッシュアイペディアより)

  • 田中吉政

    田中吉政から見た筑後国筑後国

    田中 吉政(たなか よしまさ、天文17年(1548年) - 慶長14年2月18日(1609年3月23日))は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将、大名。転封の過程で居城とした近江国・八幡(現滋賀県近江八幡市)、三河国・岡崎(現愛知県岡崎市)、筑後国・柳河(現福岡県柳川市)などに、現在につながる都市設計を行った。そのことは現代でも高く評価されている。筑後柳河藩初代藩主。田中吉政 フレッシュアイペディアより)

  • 橘以政

    橘以政から見た筑後国筑後国

    橘 以政(たちばな の もちまさ、生没年不詳)は、平安時代末期の官人。筑後守橘以長の子。橘以経・橘以輔・政舜の父。橘氏長者。橘以政 フレッシュアイペディアより)

  • 関ヶ原の戦いの戦後処理

    関ヶ原の戦いの戦後処理から見た筑後国筑後国

    領地を加増された武将については、その大半が関ヶ原の戦い本戦に従軍した武将で占められている。ただし最も石高を加増されたのは家康の二男で結城氏の家督を継いだ結城秀康であり、上杉景勝の南下を抑制した功によって一挙に石高が6倍以上になっている。また加増率では織田長益(有楽斎)が蒲生頼郷の首級を挙げた功で開戦前に比べ16倍の加増率となった。豊臣氏恩顧の大名も軒並み大幅に加増され、加増により国主となった武将には前田利長(加賀・越中・能登)、福島正則(安芸・備後)、小早川秀秋(備前・美作)、堀尾忠氏(出雲・隠岐)、加藤清正(肥後)、黒田長政(筑前)、細川忠興(豊前)、浅野幸長(紀伊)、田中吉政(筑後)、山内一豊(土佐)、中村忠一(伯耆)、京極高次(若狭)、京極高知(丹後)がいる。関ヶ原の戦いの戦後処理 フレッシュアイペディアより)

  • 有馬豊氏

    有馬豊氏から見た筑後国筑後国

    有馬 豊氏(ありま とようじ)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将(大名)。丹波福知山藩主、のち筑後久留米藩初代藩主。久留米藩有馬家2代。有馬豊氏 フレッシュアイペディアより)

  • 問註所氏

    問註所氏から見た筑後国筑後国

    問註所氏(もんちゅうしょし/もんぢゅうじょし)は、筑後国生葉郡の国人領主で筑後十五城の一つ。大友氏被官で、その没落後は小早川氏、次いで柳河藩主立花氏に仕官。柳河藩士時代に成立した分家に町野氏がいる。問註所氏 フレッシュアイペディアより)

  • 筑後十五城

    筑後十五城から見た筑後国筑後国

    筑後十五城(ちくごじゅうごじょう)は、戦国時代の筑後国における大友氏の幕下にあった大名分の国人である大身十五家の総称である。筑後十五城 フレッシュアイペディアより)

  • 大友義長

    大友義長から見た筑後国筑後国

    先代の大友政親と大友義右(親豊)との父子対立による混乱を鎮めた父の親治により、1497年、当主として擁立された。当時の北九州においては周防の大内義興の力が大きく、義興は明応の政変により管領細川政元に追放された足利義材(義稙)を擁立していたため、父である親治は当初は大内氏の支持を得るために義材に接近したが、義興は大友氏庶流の大聖院宗心(大友親綱の六男)の家督相続を主張し、親匡の家督相続の正当性を否定した。大友氏との敵対は望まない義材の仲裁により、義興とは一時的に和解したものの、親治・親匡父子は細川政元の擁立する京の将軍・足利義高(義澄)と通じるようになり、その援助により豊前へ進出し、宗心を周防へ追放した。1501年、将軍・足利義高(義澄)は親匡の家督を承認し、豊後・筑後・豊前の守護に任じた。親匡は義高の一字を拝領し義親と名乗った(後に義長と改名する)。このことにより義長が大友氏の正当な継承者として一段落する。大友義長 フレッシュアイペディアより)

  • 菊池武光

    菊池武光から見た筑後国筑後国

    その後南朝後醍醐天皇の皇子で、征西大将軍として九州へ派遣された懐良親王を隈部山城に迎え、九州における南朝勢力として征西府の拡大に努める。正平6年/観応2年(1351年)には筑後に進出して勢力を拡大し、正平8年/文和2年(1353年)2月には北朝の九州探題一色範氏と少弐頼尚の争いに介入し、両者を倒して九州における南朝勢力の隆盛を確立した。続いて豊後・肥前などに進出して大友氏泰を降伏させ、一色範氏を長門に追放する。正平13年/延文3年(1358年)に日向の畠山直顕も破った。菊池武光 フレッシュアイペディアより)

  • 神代文字

    神代文字から見た筑後国筑後国

    明治時代のころまでは、単に「古い時代にあった(未知の)文字」という意味で「古代文字」と呼ばれるものもあり、遺跡や古墳、山中で発見された文字様のものがそう呼ばれた。この例としては、筑後国で発見され、平田篤胤の著書で有名になった筑紫文字、北海道で発見されたアイノ文字等がある。神代文字 フレッシュアイペディアより)

491件中 31 - 40件表示