627件中 31 - 40件表示
  • 橘氏 (筑後国)

    橘氏 (筑後国)から見た筑後国筑後国

    橘氏(たちばなし)は、平安時代の筑後国蒲池の領主の一族で、皇別系の橘氏の庶家。橘氏 (筑後国) フレッシュアイペディアより)

  • 鶴氏

    鶴氏から見た筑後国筑後国

    鶴氏(つるし)は、日本の氏族のひとつ。蒲池氏の庶流で、江戸時代の筑後国上妻郡の郷士。鶴氏 フレッシュアイペディアより)

  • 今川貞世

    今川貞世から見た筑後国筑後国

    今川 貞世(いまがわ さだよ)は、鎌倉時代後期から南北朝・室町時代の武将、守護大名。室町幕府の九州探題、遠江、駿河半国守護。九州探題赴任中は備後、安芸、筑前、筑後、豊前、肥前、肥後、日向、大隅、薩摩の守護も兼ねた。歌人としても名高い。法名は了俊(りょうしゅん)で、今川了俊と呼ばれる事も多い。没年は異説あり。今川貞世 フレッシュアイペディアより)

  • 筑後十五城

    筑後十五城から見た筑後国筑後国

    筑後十五城(ちくごじゅうごじょう)は、戦国時代の筑後国における大友氏の幕下にあった大名分の国人である大身十五家の総称である。筑後十五城 フレッシュアイペディアより)

  • 水島の変

    水島の変から見た筑後国筑後国

    応安4年/建徳2年(1371年)に、九州探題として派遣された今川了俊の目覚しい働きによって翌年には南朝の懐良親王・菊池武光が拠点としていた大宰府を陥落させて自己の根拠とし、更に菊池武光・武政父子の死に乗じて南朝方の新本拠地となった筑後高良山を陥落させた。これに対して鎌倉幕府以来筑前を支配をしていた北朝方の少弐氏は筑前の支配権を了俊に奪われることを危惧、了俊に対して次第に非協力的な態度を取るようになり、了俊も筑前を九州探題の直轄にすべく少弐氏を抑圧する方針を採り始めた。水島の変 フレッシュアイペディアより)

  • 神代文字

    神代文字から見た筑後国筑後国

    明治時代のころまでは、単に「古い時代にあった(未知の)文字」という意味で「古代文字」と呼ばれるものもあり、遺跡や古墳、山中で発見された文字様のものがそう呼ばれた。この例としては、筑後国で発見され、平田篤胤の著書で有名になった筑紫文字、北海道で発見されたアイノ文字等がある。神代文字 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎街道

    長崎街道から見た筑後国筑後国

    筑前・筑後・肥前・肥後・薩摩の諸大名の参勤交代のほか、長崎奉行や西国筋郡代の交代、さらにはオランダ人や中国人の江戸参府や交易・献上品の運搬にも用いられた。長崎街道 フレッシュアイペディアより)

  • 関ヶ原の戦いの戦後処理

    関ヶ原の戦いの戦後処理から見た筑後国筑後国

    領地を加増された武将については、その大半が関ヶ原の戦い本戦に従軍した武将で占められている。ただし最も石高を加増されたのは家康の二男で結城氏の家督を継いだ結城秀康であり、上杉景勝の南下を抑制した功によって一挙に石高が670,000石(6倍以上)になっている。また加増率では織田長益(有楽斎)が蒲生頼郷の首級を挙げた功で開戦前に比べ16倍の加増率(32,000石)となった。また、上杉氏の攻撃を防ぎ切り、関ヶ原本戦後から翌春まで上杉領に侵攻した最上義光も2倍以上の石高(570,000石)となった。豊臣氏恩顧の大名も軒並み大幅に加増され、加増により国主となった武将には前田利長(加賀・越中・能登)、福島正則(安芸・備後)、小早川秀秋(備前・美作)、堀尾忠氏(出雲・隠岐)、加藤清正(肥後)、黒田長政(筑前)、細川忠興(豊前)、浅野幸長(紀伊)、田中吉政(筑後)、山内一豊(土佐)、中村忠一(伯耆)、京極高次(若狭)、京極高知(丹後)がいる。関ヶ原の戦いの戦後処理 フレッシュアイペディアより)

  • 山鹿流

    山鹿流から見た筑後国筑後国

    素行の2人の娘は三次・浅野家の臣から津軽信政に仕した山鹿高恒と、のちに津軽藩家老になる門人、津軽政広に嫁した。この系統から幕末に兵法学者として活躍した山鹿素水が出た。素水は諸国を流浪して、大垣藩士・小原鉄心、豊後岡藩士・鵜飼枝美など各藩の有力者に山鹿流を伝授した。九鬼隆都(丹波綾部藩主)に見いだされ、異例の知遇を得ている。筑後国柳河藩でも山鹿流兵法師範がおり、文久年間に柳河藩士卒が山鹿流に編成され、筑後国柳河藩でも山鹿流兵法師範がおり、文久年間に柳河藩士卒が山鹿流に編成された。前田藩では、甲州流兵学者・関屋政春(有沢永貞の伯父)が素行に山鹿流を学んだことで広がった。山鹿流 フレッシュアイペディアより)

  • 源融

    源融から見た筑後国筑後国

    筑後(福岡県柳川)の蒲池氏も源融の子孫であり、源融の孫の源是茂(源仕の弟)の孫の源貞清の孫の源満末が肥前国神埼郡の鳥羽院領神埼庄の荘官として下り、次子(あるいは孫)の源久直が筑後国三潴郡の地頭として三潴郡蒲池に住み蒲池久直と名のる。なお、歌手の松田聖子は、蒲池氏の末裔であるため、その意味では源融の子孫であると言える。源融 フレッシュアイペディアより)

627件中 31 - 40件表示

「筑後南部のできごと」のニューストピックワード