491件中 41 - 50件表示
  • 州

    から見た筑後国筑後国

    個々の国を呼ぶときは、国名から1文字(多くの場合1文字目だが例外もある)を取り、例えば武蔵国なら「武州」、甲斐国なら「甲州」と呼ぶ。令制時に「前中後」や「前後」の国に分けられたが、前者には「越州」とも呼ぶ越前、越中、越後や、後者には「筑州」とも呼ぶ筑前国と筑後国がある。また、「野州」は下野国のみを意味し、上野国は「上州」と呼ぶ。完全なリストは令制国一覧を参照。 フレッシュアイペディアより)

  • 龍造寺隆信

    龍造寺隆信から見た筑後国筑後国

    天文14年(1545年)、祖父・龍造寺家純と父・龍造寺周家が、主君である少弐氏に対する謀反の嫌疑をかけられ、少弐氏重臣の馬場頼周によって誅殺される。隆信は曽祖父の家兼に連れられて筑後の蒲池氏の下へ脱出した。翌天文15年(1546年)、家兼は蒲池鑑盛の援助を受けて挙兵し、馬場頼周を討って龍造寺氏を再興するが、その直後に家兼は高齢と病のために死去した。このとき、家兼は隆信の器量をすでに見抜いており、還俗して水ヶ江龍造寺氏を継ぐようにと遺言を残している。龍造寺隆信 フレッシュアイペディアより)

  • 九州平定

    九州平定から見た筑後国筑後国

    戦国時代後半の九州地方は、盛強な戦国大名三者による三つ巴の抗争が展開されており、これを「大友・龍造寺・島津の三氏鼎立時代」などと呼称することがある。そのなかから、薩摩の島津氏が日向の伊東氏、肥後の相良氏、阿蘇氏、肥前の有馬氏、龍造寺氏などを下し、さらに大友氏の重鎮立花道雪の死により大友氏の支配がゆるんだ筑後の国人衆も傘下に収め、北九州地方への影響力も強めて、九州平定をほぼ目前にしていた。豊後の大友宗麟(義鎮)は、島津氏の圧迫を回避するため、当時近畿、四国、中国を平定し天下統一の道を歩んでいた羽柴秀吉に助けを求めた。九州平定 フレッシュアイペディアより)

  • 今川貞世

    今川貞世から見た筑後国筑後国

    今川 貞世(いまがわ さだよ)は、鎌倉時代後期から南北朝・室町時代の武将、守護大名。室町幕府の九州探題、遠江、駿河半国守護。九州探題赴任中は備後、安芸、筑前、筑後、豊前、肥前、肥後、日向、大隅、薩摩の守護も兼ねた。歌人としても名高い。法名は了俊(りょうしゅん)で、今川了俊と呼ばれる事も多い。没年は異説あり。今川貞世 フレッシュアイペディアより)

  • 源融

    源融から見た筑後国筑後国

    筑後(福岡県柳川)の蒲池氏も源融の子孫であり、源融の孫の源是茂(源仕の弟)の孫の源貞清の孫の源満末が肥前国神埼郡の鳥羽院領神埼庄の荘官として下り、次子(あるいは孫)の源久直が筑後国三潴郡の地頭として三潴郡蒲池に住み蒲池久直と名のる。源融 フレッシュアイペディアより)

  • 九州

    九州から見た筑後国筑後国

    一般に「九州」とは、西海道のうち筑前国・筑後国・肥前国・肥後国・豊前国・豊後国・日向国・大隅国・薩摩国の9国の総称とされている。九国(きゅうこく、くこく)とも呼ばれたといわれる。この説だと、九州に対馬国・壱岐国・奄美群島・琉球諸島は含まれない。ただし、奄美は明治になって大隅国に編入されたため、九州に含むとも言える。上記9国とともに対馬、壱岐を含む西海道()は、九国二島、九州二島とも呼ばれた。また、西海道の別名として鎮西とも呼ばれていた。九州 フレッシュアイペディアより)

  • 猫尾城

    猫尾城から見た筑後国筑後国

    天正12年(1584年)に大友義統は筑後へ反攻し、龍造寺氏についていた黒木実久の守る当城も攻囲された。7月20日(8月25日)には水源を止められ兵粮にも事欠く状態となったが、龍造寺氏の援将・土肥家実や馬場信貞の奮戦もあって戦況は膠着した。このため立花道雪らが8月19日(9月23日)に攻城に加わり、9月1日(10月4日)に陥落した。慶長6年(1601年)に筑後に移封された田中吉政は、当城に辻重勝を城番として置き、3,605石を領知させている。元和元年(1615年)の一国一城令により廃城になったものと思われる。猫尾城 フレッシュアイペディアより)

  • 吉和道玄

    吉和道玄から見た筑後国筑後国

    吉和 道玄(よしわ どうげん、生没年不詳)は、江戸時代の囲碁棋士で、久留米藩碁士。筑後国生まれ、三世本因坊道悦、四世本因坊道策門下、七段上手。道策門下の六天王と呼ばれた一人、家元四家以外で初めて七段上手を認められた。吉和道玄 フレッシュアイペディアより)

  • 有馬頼万

    有馬頼万から見た筑後国筑後国

    筑後国久留米藩主・有馬家の第14代当主。昭和期の政治家・有馬頼寧は子。有馬頼万 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡県道・佐賀県道144号中津天建寺武島線

    福岡県道・佐賀県道144号中津天建寺武島線から見た筑後国筑後国

    途中で佐賀県を通るが、これは、昔の筑後川が大きく蛇行しており、みやき町天建寺土居外地区は筑後国側ではなく肥前国側だったためで、流路変更後の現在この地区が川を挟んで飛び地のようになっている。福岡県道・佐賀県道144号中津天建寺武島線 フレッシュアイペディアより)

491件中 41 - 50件表示

「筑後南部のできごと」のニューストピックワード