627件中 41 - 50件表示
  • 筑後宇都宮氏

    筑後宇都宮氏から見た筑後国筑後国

    筑後宇都宮氏(ちくごうつのみやし)は、南北朝時代に九州の南朝方で、筑後国にいた宇都宮氏の一族。筑後宇都宮氏 フレッシュアイペディアより)

  • 柳河藩

    柳河藩から見た筑後国筑後国

    柳河藩(柳川藩、やながわはん)は、筑後国に存在した藩。藩庁は柳川城(現:福岡県柳川市)。当初は筑後一国を支配する大藩であったが、のちに久留米藩の成立により筑後南部のみを領有する中藩となった。柳河藩 フレッシュアイペディアより)

  • 興世書主

    興世書主から見た筑後国筑後国

    天長4年(827年)左京亮に転任し、翌天長5年(828年)筑後守に任ぜられるが、病気を理由に赴任せず、天長8年(831年)左京亮に還任する。仁明朝の承和4年(837年)一族の高世らとともに興世朝臣姓への改姓を請い許される。その後、承和9年(842年)正五位下、承和14年(847年)従四位下と昇進し、この間に信濃守・木工頭を務めた。興世書主 フレッシュアイペディアより)

  • 池田友政

    池田友政から見た筑後国筑後国

    池田 友政(いけだ ともまさ、慶安3年(1650年) - 宝永元年9月26日(1704年10月24日))は、江戸時代前期の旗本。池田長信の長男。母は朝比奈氏。妻は安部信秀の娘。子に池田政応、池田政相、池田政長、雨宮正景、荒尾成庸、荒尾成令、池田甚九郎、坪内定次、娘(神尾元陳の妻)、娘(三枝守秀の妻)がいる。通称、修理。官位は従五位下、筑後守。池田友政 フレッシュアイペディアより)

  • 州

    から見た筑後国筑後国

    個々の国を呼ぶときは、国名から1文字(多くの場合1文字目だが例外もある)を取り、例えば武蔵国なら「武州」、甲斐国なら「甲州」と呼ぶ。令制時に「前中後」や「前後」の国に分けられたが、前者には「越州」とも呼ぶ越前、越中、越後や、後者には「筑州」とも呼ぶ筑前国と筑後国がある。また、「野州」は下野国のみを意味し、上野国は「上州」と呼ぶ。完全なリストは令制国一覧を参照。 フレッシュアイペディアより)

  • 高良山神籠石

    高良山神籠石から見た筑後国筑後国

    高良山神籠石(こうらさんこうごいし)は、筑後国御井郡の高良山(現在の福岡県久留米市御井町)にあった日本の古代山城(神籠石系山城)。城跡は国の史跡に指定されている。高良山神籠石 フレッシュアイペディアより)

  • 山名氏

    山名氏から見た筑後国筑後国

    江戸時代中期の当主山名義徳は九州の筑後柳川藩の藩主立花貞俶の子として生まれ、山名家の養子となった。山名氏 フレッシュアイペディアより)

  • 都御酉

    都御酉から見た筑後国筑後国

    都 御酉(みやこ の みとり、生年不詳 - 元慶7年6月3日(883年7月10日))は、平安時代前期の貴族。姓は宿禰のち朝臣。都良香の近親か。官位は従五位上・筑後守。都御酉 フレッシュアイペディアより)

  • 松浦氏

    松浦氏から見た筑後国筑後国

    渡辺綱は源融の流れを汲み、摂津(大阪)の渡辺氏の祖である。源綱は源融の孫の源仕の孫に当たり、母方の摂津国渡辺に住んだ。また筑後(福岡県柳川)の蒲池氏も源融の子孫であり、源融の孫の源是茂(源仕の弟)の孫の源貞清の孫の源満末が肥前国神埼郡の鳥羽院領神埼庄の荘官として下り、次子(あるいは孫)の源久直が筑後国三潴郡の地頭として三潴郡蒲池に住み蒲池久直と名のる。のち松浦直の六男山代囲の子・源三固は承久の乱後、蒲池氏の遺領を継ぐ。松浦氏 フレッシュアイペディアより)

  • 久留米城

    久留米城から見た筑後国筑後国

    久留米城(くるめじょう)は、筑後国御井郡(現在の福岡県久留米市篠山町)にあった日本の城。久留米城 フレッシュアイペディアより)

627件中 41 - 50件表示

「筑後南部のできごと」のニューストピックワード