491件中 51 - 60件表示
  • 佐賀県道・福岡県道138号西島筑邦線

    佐賀県道・福岡県道138号西島筑邦線から見た筑後国筑後国

    天建寺橋でいったん福岡県久留米市に入るも、その後、すぐに佐賀県三養基郡みやき町天建寺土居外に入り、再び福岡県久留米市に戻る。これは、昔の筑後川が大きく蛇行しており、土居外地区は筑後国側ではなく肥前国側だったためで、流路変更後の現在この地区が川を挟んで飛び地のようになっている。そのため上記のように複雑なルートになる。佐賀県道・福岡県道138号西島筑邦線 フレッシュアイペディアより)

  • 伊予宇都宮氏

    伊予宇都宮氏から見た筑後国筑後国

    豊房には子がおらず、筑後国大木にいた宇都宮泰宗(宇都宮氏第8代当主宇都宮貞綱の弟)の子で伊予国喜多にいた宇都宮貞泰の四男・宇都宮宗泰が豊房の養子となり、伊予宇都宮氏を継ぐ。宇都宮貞泰は、その後、豊前宇都宮氏の本拠地の豊前仲津に移り、嫡子の宇都宮義綱は豊前宇都宮氏に入り、次男の宇都宮貞久と三男の宇都宮貞邦は筑後宇都宮氏となる。伊予宇都宮氏 フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮懐久

    宇都宮懐久から見た筑後国筑後国

    宇都宮貞久、貞邦、懐久は、1359年の筑後川の戦いに懐良親王直属の軍の指揮武将として戦い、宇都宮貞邦、宇都宮懐久は討ち死にする。懐久の嫡子の宇都宮久憲(久則)は祖父の貞久と共に、その後も南朝方の武将として筑後国を転戦する。宇都宮懐久 フレッシュアイペディアより)

  • 下妻郡

    下妻郡から見た筑後国筑後国

    下妻郡(しもつまのこおり・しもつまぐん)は筑後国にかつて存在した郡である下妻郡 フレッシュアイペディアより)

  • 黒木家永

    黒木家永から見た筑後国筑後国

    筑後国上妻郡のほぼ中央部、星野川が矢部川に合流する地点にある黒木郷を拠点とした国人。猫尾城を居城とした。黒木家永 フレッシュアイペディアより)

  • 有馬頼利

    有馬頼利から見た筑後国筑後国

    有馬 頼利(ありま よりとし)は、筑後久留米藩の第3代藩主。久留米藩有馬家4代。有馬頼利 フレッシュアイペディアより)

  • 有馬頼元

    有馬頼元から見た筑後国筑後国

    有馬 頼元(ありま よりもと)は、筑後久留米藩の第4代藩主。久留米藩有馬家5代。有馬頼元 フレッシュアイペディアより)

  • 信田作太夫

    信田作太夫から見た筑後国筑後国

    安政元年3月(1854年)筑後柳川藩に遊学し、加藤善右衛門に槍術を学び、日ならずしてその塾頭となる。後に福山藩に聘せられて、槍術を指南する。信田作太夫 フレッシュアイペディアより)

  • 筑後川温泉

    筑後川温泉から見た筑後国筑後国

    筑後川温泉(ちくごがわおんせん)は、福岡県うきは市(旧浮羽郡浮羽町、旧国筑後国)にある温泉。福岡・天神から高速道路を使い1時間以内に行ける。筑後川温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 尾藤時綱

    尾藤時綱から見た筑後国筑後国

    1291年(正応4年)、鎮西談議所の奉行が私服を肥やし、不公平な裁決を下しているという訴えが増加したため、幕府の命を受け、小野沢実綱と共に鎮西(九州)に赴き、筑後河上社の造営や神事などに関与した。尾藤時綱 フレッシュアイペディアより)

491件中 51 - 60件表示

「筑後南部のできごと」のニューストピックワード