627件中 61 - 70件表示
  • 蓮池町

    蓮池町から見た筑後国筑後国

    鎌倉時代の末期に、後醍醐天皇の皇子懐良親王が征西将軍として九州に下向してきた。これにしたがった筑後宇都宮氏の一派が筑後国三潴郡犬塚郷(現在の福岡県大木町)に土着して「犬塚氏」となった。その後、明応年間(1492-1501年)に犬塚家貞が蒲田郷へ進出し、城原川の東に崎村城(現在の神埼市千代田町崎村地区)を築いて本拠とした。崎村には、このあたりを代表する大きな船着き場があった。蓮池町 フレッシュアイペディアより)

  • 橘氏

    橘氏から見た筑後国筑後国

    以降、橘氏は受領クラスの中下流貴族となり、中には地方に土着する者も現れた。例えば藤原純友の鎮圧のために大宰権帥として九州へ下向した参議橘公頼の子孫は、そのまま筑後に土着して武士となり、筑後橘氏を称したとされている。橘氏 フレッシュアイペディアより)

  • 龍造寺隆信

    龍造寺隆信から見た筑後国筑後国

    天文14年(1545年)、祖父・龍造寺家純と父・周家が、主君である少弐氏に対する謀反の嫌疑をかけられ、少弐氏重臣の馬場頼周によって誅殺された。円月は、曽祖父の家兼に連れられて筑後国の蒲池氏の下へ脱出した。天文15年(1546年)、家兼は蒲池鑑盛の援助を受けて挙兵し、馬場頼周を討って龍造寺氏を再興するが、その一年後に家兼は高齢と病のために死去した。家兼は円月の器量を見抜いて、還俗して水ヶ江龍造寺氏を継ぐようにと遺言を残した。それに従って翌年、円月は、重臣石井兼清の先導で、兼清の屋敷に入り、還俗して胤信を名乗り、水ヶ江龍造寺氏の家督を継ぐことになった。しかし隆信が水ヶ江家の家督を相続するに及んでは一族・老臣らの意見は割れた。そこで八幡宮に詣でて籤を三度引き神意を問うたが、籤は三度とも隆信を選んだため、家督相続が決定したという。龍造寺隆信 フレッシュアイペディアより)

  • 信田作太夫

    信田作太夫から見た筑後国筑後国

    安政元年3月(1854年)筑後柳川藩に遊学し、加藤善右衛門に槍術を学び、日ならずしてその塾頭となる。後に福山藩に聘せられて、槍術を指南する。信田作太夫 フレッシュアイペディアより)

  • 蒲池正定

    蒲池正定から見た筑後国筑後国

    筑後国大身の蒲池氏の分流の蒲池親広にはじまる上蒲池の後裔。蒲池鎮漣の又従兄弟の蒲池鎮行の4代後で、鶴崎詰御郡奉行の蒲池宗氏の子。肥後熊本藩の藩士(100石)であり、細川重賢の宝暦の改革に参加し、その後、400石の奉行となり、900石の中老(家老)となる(『肥後細川藩侍帳』)。蒲池正定 フレッシュアイペディアより)

  • 源圓

    源圓から見た筑後国筑後国

    承久の乱の後に筑後国の蒲池氏の娘婿となり、遺領を譲られ、松浦党蒲池氏の祖となる(『筑後国史』)。源圓 フレッシュアイペディアより)

  • 有馬頼旨

    有馬頼旨から見た筑後国筑後国

    有馬 頼旨(ありま よりむね、貞享2年6月3日(1685年7月4日) - 宝永3年4月8日(1706年5月19日))は、筑後久留米藩の第5代藩主。久留米藩有馬家6代。有馬頼旨 フレッシュアイペディアより)

  • 堀直郷

    堀直郷から見た筑後国筑後国

    天明4年(1784年)に没したが男子がなかったため、筑後国三池藩から従弟にあたる直皓を養子に迎え、跡を継がせた。堀直郷 フレッシュアイペディアより)

  • 徳島胤順

    徳島胤順から見た筑後国筑後国

    徳島氏は九州千葉氏の支流とされる。父の時代からすでに龍造寺氏に仕えており、天文15年(1546年)には龍造寺家兼の馬場頼周征討にも参加している。その後の天文22年(1553年)には龍造寺隆信の筑後からの帰還征討戦にも参加している。天正7年(1579年)に、龍造寺政家より桐日光紋を許されるなど、龍造寺家中でもある程度の地位を占めていたと思われる。徳島胤順 フレッシュアイペディアより)

  • 立花種明

    立花種明から見た筑後国筑後国

    立花 種明(たちばな たねあきら)は、筑後三池藩の第3代藩主。立花種明 フレッシュアイペディアより)

627件中 61 - 70件表示

「筑後南部のできごと」のニューストピックワード