491件中 61 - 70件表示
  • 太刀洗

    太刀洗から見た筑後国筑後国

    太刀洗(たちあらい)は筑後国の地名。現在の福岡県三井郡大刀洗町(明治維新の際「点」が抜けてしまった)にあたる。太刀洗 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤小左衛門

    伊藤小左衛門から見た筑後国筑後国

    寛文7年(1667年)、筑後柳川出身で、長崎浜町居住の江口伊右衛門の下人で、柳川領にあった平左衛門という者が、柳川藩当局に訴え出たことから、伊藤小左衛門の密貿易が発覚した。その訴えは、伊右衛門が対馬の小茂田勘左衛門と共謀して、武具を朝鮮に密売したというものであった。伊右衛門を柳川藩の長崎蔵屋敷で捕え、牢舎に入れて取調べを進めた結果、密貿易に関わる者達が判明した。伊藤小左衛門 フレッシュアイペディアより)

  • 内田統続

    内田統続から見た筑後国筑後国

    内田 統続(うちだ むねつぐ)は、安土桃山時代の武将。筑後国柳河藩伏見留守居家老や武者奉行を務めた。内田鎮家の長男。諱の「連満」は戸次鑑連(立花道雪)から、「統続」は大友義統から一字拝領されたもの。内田統続 フレッシュアイペディアより)

  • 堀直皓

    堀直皓から見た筑後国筑後国

    堀 直皓(ほり なおてる、宝暦5年9月7日(1755年10月12日)- 文化11年7月13日(1814年8月17日))は、江戸時代の大名。信濃国須坂藩の第9代藩主。直重系堀家9代。筑後国三池藩主・立花長煕の七男。母は第5代藩主・堀直英の娘。正室は細川興晴の娘、継室は黒田直亨の娘。子は堀直興(長男)、堀直格(三男)、娘(立花種善正室)、娘(本庄道貫継室)、娘(渡辺某室)。官位は従五位下、内蔵頭。宝暦9年(1759年)9月7日生まれともされる。堀直皓 フレッシュアイペディアより)

  • 武田助信

    武田助信から見た筑後国筑後国

    天正4年(1576年)5月、山名豊国によって父・高信が謀殺されると重臣・西郷因幡守によって、同国高草郡松上村の松上社神主・大畠平左衛門の屋敷に匿われる。半年間ほど潜伏した後、事情を知った伯耆国の南条元続に引き取られ、南条氏の下に滞在した。南条氏の紹介で豊臣秀吉に謁見した助信は、秀吉によって鹿野城番を命ぜられた。『因幡民談記』によればこの時、秀吉から左文字の刀が与えられたという。天正8年(1580年)には長和田・長瀬川の戦いに500余兵を率いて参戦、南条氏を支援した。しかし、同じく鹿野城番であった亀井茲矩に疎まれたため、計略を以って鹿野城より追放された。再び流浪の身となるも、まもなくして毛利秀包の下に召抱えられ、筑後国久留米に滞在した。武田助信 フレッシュアイペディアより)

  • 船小屋温泉

    船小屋温泉から見た筑後国筑後国

    船小屋温泉(ふなごやおんせん)は福岡県筑後市(旧国筑後国)南部にある温泉。船小屋温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 星野氏

    星野氏から見た筑後国筑後国

    星野(ほしの)氏は、筑後国生葉郡星野邑より起こった国人領主。筑後十五城の一つ。星野氏 フレッシュアイペディアより)

  • 江浦町祇園祭

    江浦町祇園祭から見た筑後国筑後国

    由来は定かではないが、江戸時代に始まったとされている。また、『柳川市史別冊 図説立花家記』では筑後国柳河藩の夏の行事として、柳川藩領内の多くの神社で祇園会が行われていたとしている。江浦町祇園祭 フレッシュアイペディアより)

  • 渡瀬祇園祭

    渡瀬祇園祭から見た筑後国筑後国

    由来は定かではないが、江戸時代に始まったとされている。『柳川市史別冊 図説立花家記』では筑後国柳河藩の夏の行事として、柳川藩領内の多くの神社で祇園会が行われていたとしている。渡瀬祇園祭 フレッシュアイペディアより)

  • 踏車

    踏車から見た筑後国筑後国

    四ヶ所通久ー筑後国柳河藩で踏車(水車)を導入。踏車 フレッシュアイペディアより)

491件中 61 - 70件表示

「筑後南部のできごと」のニューストピックワード