491件中 71 - 80件表示
  • 犬塚氏

    犬塚氏から見た筑後国筑後国

    当初は筑後国三潴郡犬塚郷(現在の福岡県大木町)を本拠としていたが、明応年間に犬塚家貞が肥前国神埼郡蒲田郷に崎村城を築いた。その後、蒲池氏から独立して少弐氏の部将となった。家貞の長男の家直は崎村城主(東犬塚氏)、次男の家重は蒲田江城主(西犬塚氏)、三男の家種は家直の補佐役、四男の家久は直鳥城主、五男の家喜は古賀館主となった。犬塚氏 フレッシュアイペディアより)

  • 四ヶ所通久

    四ヶ所通久から見た筑後国筑後国

    四ヶ所 通久(しかしょ なおひさ)は江戸時代中期から後期の筑後国柳河藩士で、藩内での踏車(水車)の普及に尽力するなどして立花鑑通の宝暦年間の藩政改革に貢献した中老。また日置流弓術及び山鹿流兵法師範。最終的な石高は400石。家格は六組給人。隠居後に隠居料二十人扶持拝領の上、機密用掛となる。四ヶ所通久 フレッシュアイペディアより)

  • 弥剣神社 (柳川市)

    弥剣神社 (柳川市)から見た筑後国筑後国

    弥剣神社(やつるぎじんじゃ)は福岡県柳川市中町に所在する神社。「福岡県の地名」では『弥剣神社』となっているが、「図説立花家記」では『中町八剣神社』と表記されている。明治時代の神仏分離令以前の旧称は本町祇園宮。近くに音楽寺があったが、現在廃寺になっている。江戸時代は旧暦2月25日には筑後国柳川藩主の列席の下で能楽奉納五穀豊穣祈願が行われた。弥剣神社 (柳川市) フレッシュアイペディアより)

  • 今山の戦い

    今山の戦いから見た筑後国筑後国

    一方、筑後の高良山に布陣していた大友宗麟はいつまでたっても勝報が届かないことに業を煮やし、援兵を送って親貞に総攻撃命令を下した。これを受けて親貞もようやく、8月20日をもって佐嘉城に総攻撃を開始することを決定する。ところが総攻撃の前日の夜、親貞は今山の本陣で勝利の前祝いとして酒宴を開き、軍の士気を緩めてしまう。今山の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 八剣神社 (柳川市)

    八剣神社 (柳川市)から見た筑後国筑後国

    明治時代の神仏分離令以前の旧称は本町祇園宮。江戸時代は旧暦2月25日には筑後国柳川藩主の列席の下で能楽奉納五穀豊穣祈願が行われた。八剣神社 (柳川市) フレッシュアイペディアより)

  • 筑後方言

    筑後方言から見た筑後国筑後国

    筑後方言(ちくごほうげん)は、福岡県の旧筑後国にあたる地域で話される日本語の方言。九州方言の肥筑方言に属す。筑後方言 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木正蔵

    佐々木正蔵から見た筑後国筑後国

    筑後国御井郡光行村(現・福岡県小郡市)の佐藤家に生まれる。のちに佐々木家の養子となり、上東鯵坂村の庄屋となる。佐々木正蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 巡見使

    巡見使から見た筑後国筑後国

    二筑(筑前・筑後)・二肥(肥前・肥後)・日向・大隅・薩摩・壱岐・対馬・五島の10国巡見使 フレッシュアイペディアより)

  • 吹上藩

    吹上藩から見た筑後国筑後国

    藩主有馬家は、筑後国久留米藩主有馬家の分家であり、久留米藩初代藩主有馬豊氏の三男有馬頼次を祖とする。頼次の子孫は紀州徳川家に代々仕え、頼次から4代目の有馬氏倫が徳川吉宗の将軍就任に伴って幕臣となり、のちに大名として取り立てられた。このため、氏倫系有馬家(伊勢西条藩、のち上総国五井藩)は譜代大名として扱われる。吹上藩初代藩主・有馬氏郁は、氏倫から数えて9代目にあたる。吹上藩 フレッシュアイペディアより)

  • 大友親貞

    大友親貞から見た筑後国筑後国

    元亀元年(1570年)3月、大友宗麟は当時、肥前国で勢力を拡大する龍造寺隆信の討伐を目論み、総大将を命じられた親貞は6万の大軍を率いて肥前佐嘉城への侵攻を開始した。龍造寺勢は5,000程度の兵力であり、籠城戦を選択した。親貞は圧倒的な兵力を背景にして、佐嘉城を包囲し、攻撃を仕掛けたが、遅々として攻略は進まなかった。筑後国の高良山にまで進出していた大友宗麟は、勝報が届かないことに業を煮やし、援兵を送って親貞に総攻撃の命令を下した。大友親貞 フレッシュアイペディアより)

491件中 71 - 80件表示

「筑後南部のできごと」のニューストピックワード