627件中 71 - 80件表示
  • 立花種周

    立花種周から見た筑後国筑後国

    立花 種周(たちばな たねちか)は、筑後三池藩の第6代藩主。立花種周 フレッシュアイペディアより)

  • 立花種長

    立花種長から見た筑後国筑後国

    立花 種長(たちばな たねなが)は、筑後三池藩の第2代藩主。立花種長 フレッシュアイペディアより)

  • 立花長煕

    立花長煕から見た筑後国筑後国

    立花 長煕(たちばな ながひろ)は、筑後三池藩の第5代藩主。立花長煕 フレッシュアイペディアより)

  • 田中吉官

    田中吉官から見た筑後国筑後国

    元和8年(1622年)8月、秀忠の命により嗣子が居なかった筑後柳河藩の支流の田中吉興の娘婿となり、定官(さだすけ)から吉官と改名。家督を相続し近江国野洲郡、三河国田原、上野国新田等2万石を領する。翌月小姓頭に昇進した。田中吉官 フレッシュアイペディアより)

  • 信国派

    信国派から見た筑後国筑後国

    信国派(のぶくには)は延文(1356年)頃から明治まで全国展開した刀工の流派。応永頃までは京で、永享12年(1440年)頃から慶長7年(1602年)までは豊前で、慶長頃から明治までは筑前ほか、筑後、豊後、肥後などで活躍し、九州の信国を筑紫信国という。分流として貞治から永享頃(1362年-1440年)の越後の山村派や、天和(1681年)頃から明治までの南部信国がある。信国派 フレッシュアイペディアより)

  • 馬田昌調

    馬田昌調から見た筑後国筑後国

    筑後久留米藩儒広津藍渓の二男として生まれる。長崎の医師・馬田家を継ぎ、馬田昌調と名乗る。馬田昌調 フレッシュアイペディアより)

  • 生田箕山

    生田箕山から見た筑後国筑後国

    藩校弘道館には毛利隠岐の家臣、熊毛、玖珂、大島郡をはじめ諸藩に及び、遠くは萩、九州の筑後、肥前、豊後、四国の伊予からも学生が来て、弟子の数700人余人、書道は隷書及び楷書をよくし、書道の弟子も数千百人にのぼった。また、箕山は、乞われて上ノ関、室津辺など、大島郡の諸村へ出かけて講義した(久賀村の覚法寺住職大洲鉄然方が宿所であった)。生田箕山 フレッシュアイペディアより)

  • 江崎龍男

    江崎龍男から見た筑後国筑後国

    江崎龍男(えざき たつお、1920年 - 2004年)は筑後郷土史家。福岡県の公立高等学校の国語科教員で専門は漢文。江崎龍男 フレッシュアイペディアより)

  • 応誉

    応誉から見た筑後国筑後国

    応誉(おうよ、円蓮社応誉上人雲冏和尚)は、江戸時代前期の浄土宗の僧。筑後国瀬高の来迎寺の住職。柳川の良清寺の開祖。蒲池統安の子。応誉 フレッシュアイペディアより)

  • 十三人の刺客 (小説)

    十三人の刺客 (小説)から見た筑後国筑後国

    目付。旗本750石の家柄。あさり河岸桃井道場の門弟で、鏡心明智流の遣い手。元は御書院番で、後に御書院番頭に出世。愛刀は筑後の刀工・三池典太作2尺3寸5分の剛刀。十三人の刺客 (小説) フレッシュアイペディアより)

627件中 71 - 80件表示

「筑後南部のできごと」のニューストピックワード