491件中 81 - 90件表示
  • 倉富恒二郎

    倉富恒二郎から見た筑後国筑後国

    筑後国竹野郡秋成村(現・福岡県久留米市田主丸町)に、庄屋倉富胤厚(篤堂)の長男として生まれる。久留米藩校明善堂(福岡県立明善高等学校の前身)で学んだのち、重富縄山・草場佩川・広瀬林外に就いて漢学を修めた。倉富恒二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 辻重勝

    辻重勝から見た筑後国筑後国

    関ヶ原の戦いで岐阜城を攻略。石田三成追撃を開始。河渡で交戦し、石田軍の殿杉江勘兵衛を討った。吉政が関ヶ原の戦功で筑後国柳川城32万石の大名になると、猫尾城代を勤めた。辻重勝 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋高種

    高橋高種から見た筑後国筑後国

    高橋 高種(たかはし たかたね)は、戦国時代の筑後国大名。大蔵姓高橋氏当主。高橋高種 フレッシュアイペディアより)

  • 宇土氏

    宇土氏から見た筑後国筑後国

    だが1503年(文亀3年)、能運の逆襲に遭って敗北、筑後国に逃走したが現地で捕縛され、子重光・孫宮光丸とともに処刑され、菊池系宇土氏はここに滅亡する。宇土氏 フレッシュアイペディアより)

  • 蒲池正定

    蒲池正定から見た筑後国筑後国

    筑後国大身の蒲池氏の分流の蒲池親広にはじまる上蒲池の後裔。蒲池鎮漣の又従兄弟の蒲池鎮行の4代後で、鶴崎詰御郡奉行の蒲池宗氏の子。肥後熊本藩の藩士(100石)であり、細川重賢の宝暦の改革に参加し、その後、400石の奉行となり、900石の中老(家老)となる(『肥後細川藩侍帳』)。蒲池正定 フレッシュアイペディアより)

  • 御井郡

    御井郡から見た筑後国筑後国

    御井郡(みいのこおり・みいぐん)は筑後国にかつて存在した郡である。御井郡 フレッシュアイペディアより)

  • 大庭城

    大庭城から見た筑後国筑後国

    城を築城したのは大庭景親の父にあたる大庭景宗と言われている。「大庭の舘(たて)」とも呼ばれ、景親らの軍事拠点として重要な役割を果たしたと想定される。石橋山の戦いで源頼朝に勝ったものの、一族のほとんどは筑前(現在の福岡県)に渡ってしまうが景親は最後まで抵抗し、捕らえられ斬首される。その後兄の大庭景義の子である大庭景兼(小次郎景兼)が和田合戦にまきこまれ大庭氏は滅亡したとされていたが、現在では、筑後(現在の福岡)に逃れたという説が有力とされている。大庭城 フレッシュアイペディアより)

  • 有馬頼貴

    有馬頼貴から見た筑後国筑後国

    有馬 頼貴(ありま よりたか)は、筑後久留米藩の第8代藩主。久留米藩有馬家9代。有馬頼貴 フレッシュアイペディアより)

  • 大典太

    大典太から見た筑後国筑後国

    平安時代後期の筑後の刀工・典太光世の作。刃長66.1cm、先身幅2.5cm、元身幅3.5cm、反り2.7cm。茎から刀身の五分の一ほどまで鎬筋に沿って「腰樋(こしひ)」と呼ばれる様式の樋を掻き、同時代の太刀と比べて非常に身幅が広く刀身長の短い独特の体配を持つ。大典太 フレッシュアイペディアより)

  • 有馬頼義

    有馬頼義から見た筑後国筑後国

    有馬 頼義(ありま よりちか、1918年2月14日 - 1980年4月15日)は日本の小説家で、大衆小説、社会派推理小説で活躍した。旧筑後国久留米藩主有馬家の第16代当主。有馬頼義 フレッシュアイペディアより)

491件中 81 - 90件表示

「筑後南部のできごと」のニューストピックワード