627件中 81 - 90件表示
  • 進藤長定

    進藤長定から見た筑後国筑後国

    進藤 長定(しんどう ながさだ、慶長13年(1608年) - 延宝3年5月4日(1675年6月26日))は、江戸時代前期の青侍。近衛家諸大夫。官位は筑後守。主に近衛信尋(近衛家18代当主)、尚嗣(19代当主)、基熙(20代当主)の3代にわたり近衛家に仕えた。進藤長定 フレッシュアイペディアより)

  • 進藤長房

    進藤長房から見た筑後国筑後国

    進藤 長房(しんどう ながふさ、寛永19年(1642年) - 享保3年8月6日(1718年8月31日))は、江戸時代前期から中期の青侍。近衛家諸大夫。官位は従三位筑後守。主に尚嗣(19代当主)、基熙(20代当主)の2代にわたり近衛家に仕えた。進藤長房 フレッシュアイペディアより)

  • 賢順

    賢順から見た筑後国筑後国

    筑後国宮部(現福岡県大牟田市宮部)出身。7歳の時父が戦死したことから、久留米の善導寺に入って僧となった。九州に渡来した中国(明)の鄭家定に七弦琴、瑟、箏を学び、また、善導寺に伝わる雅楽・寺院歌謡などを修得して、箏伴奏の歌曲を創始した。その後還俗して大友宗麟に仕えたが、宗麟がキリスト教に帰依したことから宗麟の下を離れ、龍造寺安順の招きに応じた。弟子に玄恕・法水などがいる。賢順 フレッシュアイペディアより)

  • 883年

    883年から見た筑後国筑後国

    6月 - 筑後守、部下に殺される。883年 フレッシュアイペディアより)

  • 立花鑑広

    立花鑑広から見た筑後国筑後国

    立花 鑑広(たちばな あきひろ)は、筑後国柳河藩の第10代藩主。第9代藩主・立花鑑賢の長男。母は側室の清光院(宝珠山玄琢の娘)。婚約者は山内豊資の養方叔母・兎見(山内豊策の娘)。夭折により末期養子規定の都合上、同母弟の立花鑑備が公式上、鑑広と同一人物ということになったために、明治35年(1902年)まで死去が極秘とされ、歴代藩主に数えられなかった。立花鑑広 フレッシュアイペディアより)

  • 全融

    全融から見た筑後国筑後国

    龍造寺氏が筑後国に侵攻した時、大友氏幕下の蒲池鑑広は天然の要害ともいえる山下城に籠もり徹底的な抗戦を展開した。しかし、耳川の戦いの敗北後の大友氏には蒲池鑑広を支援する力はなく、鑑広は龍造寺氏と講和する。この時に、龍造寺氏への人質とされたのが幼名を源十郎という鎮種だった。その後、蒲池氏と龍造寺氏が再び戦いに及んだ時、龍造寺隆信は鎮種の磔を命じたが、萬寿寺の大雄禅師の計らいで鎮種は肥前を脱出する。筑後に戻り、しばらくして大雄禅士が肥前を追放されたことを知り、崇久寺で剃髪する。その後、天正17年(1589年)に京都に上り、比叡山延暦寺で7年間修行した後、鎌倉の建長寺に寓居。京都に戻り、浄土真宗の光壽尊人に謁して真門に入り、全融と名を改める。全融 フレッシュアイペディアより)

  • 行徳玉江

    行徳玉江から見た筑後国筑後国

    行徳家の家祖は桓武平氏の流れを汲む熊谷直英とされ、筑後国にて眼科医を開いた。代々眼科医となり4代目の元亮が大坂に出て開業した。5代目元恭は儒医として名高く浪華に定住した。玉江はその子で行徳家6代目として生まれ英才教育を受けた。10歳にて篠崎小竹に入門し、経学と詩文を学ぶ。その後父は浪華に移り住んでいた広瀬旭荘の詩才を見込み、13歳の玉江を入門させている。同門の藤井藍田・柴秋邨・長三洲らと交友した。医術は京都で今枝夢梅に学んでいる。行徳玉江 フレッシュアイペディアより)

  • 松平頼道

    松平頼道から見た筑後国筑後国

    松平 頼道(まつだいら よりみち、明暦3年3月20日(1657年5月3日) - 享保6年6月3日(1721年6月27日))は、常陸宍戸藩の第2代藩主。徳川頼房の六男・松平頼利の長男。正室は鈴木重政の娘。子は頼慶(長男)、娘(白井信胤養女)。官位は従五位下、筑後守。松平頼道 フレッシュアイペディアより)

  • 長坂昌国

    長坂昌国から見た筑後国筑後国

    長坂 昌国(ながさか まさくに、生没年未詳)は、戦国時代の武将。甲斐武田氏の家臣。源五郎。左衛門尉。筑後守。長坂昌国 フレッシュアイペディアより)

  • 広津弘信

    広津弘信から見た筑後国筑後国

    文政9年(1819年)、医師・戯作者馬田昌調の子として生まれる。父の実家である広津家は、筑後国久留米藩の儒者の家である。広津弘信 フレッシュアイペディアより)

627件中 81 - 90件表示

「筑後南部のできごと」のニューストピックワード