117件中 91 - 100件表示
  • 筑後国

    筑後国から見た飛地

    「旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での国内の支配は以下の通り(536,851石2斗5升)。太字は当該郡内に藩庁が所在。国名のあるものは飛地領。筑後国 フレッシュアイペディアより)

  • 筑後国

    筑後国から見た大牟田市

    江戸時代は、筑後北部は有馬氏(摂津有馬氏)の久留米藩、筑後南部のうち柳川市やみやま市など大半は立花氏の柳河藩、大牟田市は柳河藩と親類関係にある三池藩であった。筑後国 フレッシュアイペディアより)

  • 筑後国

    筑後国から見た筑紫国

    筑紫国(つくしのくに)の分割によって、筑前国とともに7世紀末までに成立した。筑後国 フレッシュアイペディアより)

  • 筑後国

    筑後国から見た久留米市立南筑高等学校

    1996年(平成8年)に、「筑後国府跡」として国の史跡に指定されている。現在、阿弥陀遺跡に石柱と解説パネルがある。また、横道遺跡は久留米市立南筑高等学校校内にあたり、当時の建物の柱列が復元されている。筑後国 フレッシュアイペディアより)

  • 筑後国

    筑後国から見た三潴県

    11月14日(1871年12月25日) - 第1次府県統合により、全域が三潴県の管轄となる。筑後国 フレッシュアイペディアより)

  • 筑後国

    筑後国から見た半国守護

    1469年 - 1482年 - 大友親繁(寛正年間に既に半国守護であったとする説もある)筑後国 フレッシュアイペディアより)

  • 筑後国

    筑後国から見た史跡

    1996年(平成8年)に、「筑後国府跡」として国の史跡に指定されている。現在、阿弥陀遺跡に石柱と解説パネルがある。また、横道遺跡は久留米市立南筑高等学校校内にあたり、当時の建物の柱列が復元されている。筑後国 フレッシュアイペディアより)

  • 筑後国

    筑後国から見た日本

    筑後国(ちくごのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。西海道に属する。7世紀末までに成立した。筑後国 フレッシュアイペディアより)

  • 筑後国

    筑後国から見た守護

    戦国時代は、筑後の守護は大友氏であり、その勢力下にあったが、実際に筑後を支配し統括したのは筑後十五城と呼ばれた大名分の国人領主たちであり、筑後南部(下筑後地域)は蒲池氏、田尻氏、黒木氏が、筑後北部(上筑後地域)その他は星野氏、草野氏、問註所氏その他の大身が割拠した。筑後国 フレッシュアイペディアより)

  • 筑後国

    筑後国から見た岡山藩

    小早川隆景・秀秋:筑前・筑後・肥前1郡37万1300石(名島城)、1587年 - 1600年(関ヶ原の戦い後、備前岡山藩51万石に移封)筑後国 フレッシュアイペディアより)

117件中 91 - 100件表示

「筑後南部のできごと」のニューストピックワード