117件中 71 - 80件表示
  • 筑後国

    筑後国から見た国府

    国府は御井郡(三井郡)に存在した。国府の位置は、江戸時代に久留米藩の学者である矢野一貞によって、三井郡合川村に推定された。1961年(昭和36年)に、九州大学考古学研究室によって初めて阿弥陀遺跡の発掘調査が行われ、瓦や礎石列・築地跡か見つかったことから、国庁の存在が確実になった。その後の発掘調査で、国庁は1期から4期と御井郡内を転々としたことが判明している。筑後国 フレッシュアイペディアより)

  • 筑後国

    筑後国から見た三井郡

    三井郡 高良玉垂命神社筑後国 フレッシュアイペディアより)

  • 筑後国

    筑後国から見た三池郡

    三毛郡(三池郡)(みけぐん)筑後国 フレッシュアイペディアより)

  • 筑後国

    筑後国から見た三池県

    11月14日(1871年12月25日) - 廃藩置県により、久留米県、柳河県、三池県の管轄となる。筑後国 フレッシュアイペディアより)

  • 筑後国

    筑後国から見た摂津有馬氏

    江戸時代は、筑後北部は有馬氏(摂津有馬氏)の久留米藩、筑後南部のうち柳川市やみやま市など大半は立花氏の柳河藩、大牟田市は柳河藩と親類関係にある三池藩であった。筑後国 フレッシュアイペディアより)

  • 筑後国

    筑後国から見た大身

    戦国時代は、筑後の守護は大友氏であり、その勢力下にあったが、実際に筑後を支配し統括したのは筑後十五城と呼ばれた大名分の国人領主たちであり、筑後南部(下筑後地域)は蒲池氏、田尻氏、黒木氏が、筑後北部(上筑後地域)その他は星野氏、草野氏、問註所氏その他の大身が割拠した。筑後国 フレッシュアイペディアより)

  • 筑後国

    筑後国から見た令制国

    筑後国(ちくごのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。西海道に属する。7世紀末までに成立した。筑後国 フレッシュアイペディアより)

  • 筑後国

    筑後国から見た発心城

    草野氏 (発心城677町) 山本郡 900町(9千石)。草野鎮永。筑後国 フレッシュアイペディアより)

  • 筑後国

    筑後国から見た筑後十五城

    戦国時代は、筑後の守護は大友氏であり、その勢力下にあったが、実際に筑後を支配し統括したのは筑後十五城と呼ばれた大名分の国人領主たちであり、筑後南部(下筑後地域)は蒲池氏、田尻氏、黒木氏が、筑後北部(上筑後地域)その他は星野氏、草野氏、問註所氏その他の大身が割拠した。筑後国 フレッシュアイペディアより)

  • 筑後国

    筑後国から見た名神大社

    『延喜式神名帳』には、大社2座2社・小社2座2社の計4座4社が記載されている(「筑後国の式内社一覧」参照)。大社2社は以下に示すもので、いずれも名神大社である。筑後国 フレッシュアイペディアより)

117件中 71 - 80件表示

「筑後南部のできごと」のニューストピックワード