191件中 31 - 40件表示
  • 鎮西村 (福岡県)

    鎮西村 (福岡県)から見た筑豊筑豊

    福岡県の中央部に位置し、現在の飯塚市の西端部にあたる地域を村域としており、筑豊を構成する自治体の一つであった。村域東部は筑豊平野の西端部にあたる場所で、村の中心市街地があった。村域西部は筑豊と福岡都市圏を分かつ山地となっている。鎮西村 (福岡県) フレッシュアイペディアより)

  • 嘉麻郡

    嘉麻郡から見た筑豊地方筑豊

    嘉麻郡(かまのこおり・かまぐん)は筑前国、現在の福岡県筑豊地方にかつて存在した郡である。嘉麻郡 フレッシュアイペディアより)

  • 仲哀峠

    仲哀峠から見た筑豊筑豊

    みやこ町の西北端と香春町の東端に位置しており、峠の北側に障子ヶ岳(427.3m)、南側に大坂山(573.0m)がある。京築地域と筑豊地域を分かつ山地を越える峠の一つで、国道201号が通っている。この国道201号はかつてはヘアピンカーブが連続し、狭い仲哀トンネルをくぐる交通の難所であった。1960年代に旧道の麓に直線ルートで行橋?香春間を結ぶ新道が建設され、1967年には新仲哀トンネル(1220m)が完成し、それから40年後の2007年3月5日には3代目の新仲哀トンネル(1365m)が開通し、現在に至っている。仲哀峠 フレッシュアイペディアより)

  • 仲哀峠

    仲哀峠から見た筑豊地方筑豊

    旧仲哀トンネルは1889年に完成し、筑豊地方からの石炭輸送を担った。旧道も国道指定は解除されたものの引き続き残されているが、旧道トンネルは現在、落盤の恐れがあるとしてガードレールで閉鎖されており、通行することはできない。歴史的に重要な建造物として国の登録有形文化財に登録されている。旧トンネル入口上部の銘板には「道隧哀仲」と記されている。仲哀峠 フレッシュアイペディアより)

  • 烏尾峠

    烏尾峠から見た筑豊地方筑豊

    明治以降1960年代前後まで、筑豊炭田で炭鉱業が盛んであったころには、筑豊地方最大の都市・飯塚と、多くの炭鉱を擁する田川とを結ぶ道として重要な役割を果たした。炭鉱地帯に暮した人々が越えた当時の情景は、五木寛之の小説『青春の門』などに描かれており、『青春の門』に題材をとった山崎ハコの歌曲「織江の唄」の歌詞にも「カラス峠」として名が登場する。烏尾峠 フレッシュアイペディアより)

  • 新仲哀トンネル

    新仲哀トンネルから見た筑豊地方筑豊

    仲哀峠は行橋市と田川市の中間に位置する峠で、京築地域と筑豊地方を結ぶ交通の要所である。新仲哀トンネル開通前は明治時代に開通したヘアピンカーブが続く狭い峠道を通り、頂上付近の仲哀隧道を通過しなければならなかった。その上、戦後の高度成長期の到来で交通量が増加してきたことにより、旧道より標高の低い位置に新道トンネルが建設された。この新道は2車線で、カーブを少なくしたルートであったため所要時間の短縮にもつながった。新仲哀トンネル フレッシュアイペディアより)

  • 陸上交通事業調整法

    陸上交通事業調整法から見た筑豊筑豊

    1942年9月に九州電気軌道を母体として福博電車・九州鉄道・博多湾鉄道汽船・筑前参宮鉄道を統合した西日本鉄道が誕生した。これ以前に福岡県南部の中小私鉄は九州鉄道に吸収合併されており、筑豊を除く県内全地域の鉄道・バス事業者がほぼ統合された。一方、石炭や石灰石などの資源産出地である筑豊に路線を持っていた小倉鉄道および産業セメント鉄道は統合対象から外れ、1943年に国有化された。陸上交通事業調整法 フレッシュアイペディアより)

  • 穂波町

    穂波町から見た筑豊筑豊

    穂波町(ほなみまち)は、福岡県の中央部に位置していた町である。嘉穂郡に属しており、筑豊を構成する自治体の一つであり、嘉飯山地区の一つであった。穂波町 フレッシュアイペディアより)

  • ニュース845北九州

    ニュース845北九州から見た筑豊筑豊

    ニュース845北九州(ニュースはちよんごきたきゅうしゅう)は、NHK北九州放送局で放送、福岡県内(特に関門・北九州・筑豊地方)の1日のニュース・話題などを伝える15分間のローカルニュース番組である。ニュース845北九州 フレッシュアイペディアより)

  • 山本作兵衛

    山本作兵衛から見た筑豊筑豊

    1892年(明治25年)、福岡県嘉麻郡笠松村鶴三緒(現・飯塚市)生まれ。7歳から父について兄とともに炭鉱に入り、立岩尋常小学校を卒業後、1906年(明治39年)に山内炭坑(現・飯塚市)の炭鉱員となった。以後、採炭員や鍛冶工員として、筑豊各地で働きながら、日記や手帳に炭鉱の記録を残した。福岡県田川市にある炭鉱事務所の宿直警備員として働き始めた60代半ばに、「子や孫にヤマ(炭鉱)の生活や人情を残したい」と絵筆を取るようになり、自らの経験や伝聞を基に、明治末期から戦後にいたる炭鉱の様子を墨や水彩で描いた。余白に説明を書き加える手法で1000点以上の作品を残した。主要作は画文集『炭鉱に生きる』(1967年)。「ヤマの絵師」として知られた。1984年(昭和59年)、老衰のため死去、。山本作兵衛 フレッシュアイペディアより)

191件中 31 - 40件表示

「筑豊のできごと」のニューストピックワード