191件中 41 - 50件表示
  • 京都峠

    京都峠から見た筑豊筑豊

    峠までのアクセスは既存の生活道路であり、拡幅等の整備が計画されている。整備後は、行橋市内で慢性的な渋滞を起こしている国道201号経由のルートに代わり、苅田町から筑豊方面(香春・田川など)へのアクセスの中心ルートとなることが期待される。京都峠 フレッシュアイペディアより)

  • 筑豊のこどもたち

    筑豊のこどもたちから見た筑豊筑豊

    筑豊の鉱山に暮らす子供たちの生活を撮ったもので、日本におけるリアリズム写真の代表的な写真集。筑豊のこどもたち フレッシュアイペディアより)

  • 田川弁

    田川弁から見た筑豊地方筑豊

    田川弁(たがわべん)は、九州の福岡県で主に使用されている日本語の方言。福岡県の筑豊地方で使われている筑豊弁のうちの一つで、特に田川市周辺の田川地区で使われている方言をさす。田川弁 フレッシュアイペディアより)

  • 筑豊弁

    筑豊弁から見た筑豊筑豊

    筑豊弁(ちくほうべん)は、福岡県筑豊地方で使われている日本語の方言。旧筑前国と旧豊前国に跨る地方であり、方言に関しても肥筑方言と豊日方言の接触地帯となっている。筑豊弁 フレッシュアイペディアより)

  • 田川市石炭・歴史博物館

    田川市石炭・歴史博物館から見た筑豊地方筑豊

    田川市石炭・歴史博物館(たがわしせきたんれきしはくぶつかん、Tagawa City Coal-mining Museum)は福岡県田川市にあり、筑豊地方最大の炭鉱であった三井田川鉱業所伊田坑の跡地に1983年オープンした、かつて日本のエネルギーを支えた筑豊炭田の石炭産業に関する資料を展示した石炭鉱業史の専門館である。田川市石炭・歴史博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 筑豊鉄道

    筑豊鉄道から見た筑豊筑豊

    筑豊で産出される石炭の輸送を目的に、1891年に筑豊興業鉄道(ちくほうこうぎょうてつどう)として設立され、今の筑豊本線などを建設した会社が1894年に改称したもの。1897年に九州鉄道へ合併され、1907年に鉄道国有法により国有化された。筑豊鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 福智町

    福智町から見た筑豊筑豊

    福岡県の中央部よりやや北東寄り、筑豊の北東端部、福岡市の東約45km、北九州市の南約35kmの場所に位置する。町域を彦山川・中元寺川の2本の河川が貫いており、両河川は町の中央で合流する。町域の北東部は福智山(901m)をはじめとする600?700m級の山が連なる山地である。それ以外の地域は筑豊盆地の北東端にあたる。福智町 フレッシュアイペディアより)

  • 東九州新幹線

    東九州新幹線から見た筑豊筑豊

    起点となる山陽新幹線とは馬場山・筑豊両新駅(いずれも仮称)にて接続し、当線からは方向転換せずに新大阪・博多両方面へ直通可能なデルタ線が形成される予定(筑豊新駅では福北ゆたか線=筑豊本線と接続予定。用地のある直方市植木地区には「新幹線筑豊新駅を実現させよう」と書かれた看板が立てられている)。この筑豊・馬場山両新駅用地は山陽新幹線建設当初から確保されているが、東九州新幹線の建設が凍結されたままである事から、馬場山新駅用地は山陽新幹線保線区に転用され、筑豊新駅用地は更地のままとなっている。東九州新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 糸田町

    糸田町から見た筑豊筑豊

    糸田町(いとだまち)は、福岡県の中央部に位置する町である。田川郡に属しており、筑豊を構成する自治体の一つでもある。糸田町 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄2820形蒸気機関車

    国鉄2820形蒸気機関車から見た筑豊筑豊

    本形式は、九州鉄道、鉄道院時代を通じて直方に配置され、筑豊地区で石炭輸送に従事したが、1925年(大正14年)5月に全車が廃車された。民間に払下げられたもの、保存されたものはない。国鉄2820形蒸気機関車 フレッシュアイペディアより)

191件中 41 - 50件表示

「筑豊のできごと」のニューストピックワード