191件中 51 - 60件表示
  • 国鉄9500形蒸気機関車

    国鉄9500形蒸気機関車から見た筑豊地区筑豊

    車軸配置2-8-0(1D)の単式2気筒、飽和式テンダ機関車で、日本の蒸気機関車としては、北海道炭礦鉄道に次ぐもので、官設鉄道より早かった。筑豊地区の炭鉱から産出される石炭の輸送用に製造されたものであったが増備はなく、その後の増備は、シリンダ引張力が同等で、軸重の大きくて使い勝手の良い車軸配置2-6-0(1C)の154形(後の鉄道院8550形)に変わった。国鉄9500形蒸気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 宮若宮田テレビ中継局

    宮若宮田テレビ中継局から見た筑豊筑豊

    響ラジオ放送所 - (当市を含む北九州・筑豊地区をカバー)宮若宮田テレビ中継局 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡県道30号飯塚福間線

    福岡県道30号飯塚福間線から見た筑豊筑豊

    飯塚市川島を起点とし宮若市を経由し福津市を結ぶ。宮若市で九州自動車道の若宮インターチェンジと交差する。筑豊地区と宗像地区を結ぶ県主要道のうちの1つである。福岡県道30号飯塚福間線 フレッシュアイペディアより)

  • 世界の記憶

    世界の記憶から見た筑豊筑豊

    一方、日本政府とは別に、福岡県田川市と福岡県立大学は共同で2010年(平成22年)3月、炭鉱記録画家・山本作兵衛が描き残した筑豊の炭鉱画など約700点の推薦書をユネスコに提出し、翌2011年5月25日、これら697点の作品が国内初の記憶遺産として登録された。世界の記憶 フレッシュアイペディアより)

  • エネルギー革命

    エネルギー革命から見た筑豊筑豊

    日本のエネルギー革命は他国と同様、蒸気機関よりも熱効率のよい内燃機関の発達を促し、産業の高度化にもつながった。反面、北海道空知地域・福島県東部・山口県西部・九州北部(筑豊など)の産炭地ではそれまで産業の基盤であった炭鉱が次々と閉山に至り、多くの炭鉱労働者が失業し、関係自治体の著しい衰退へとつながっていった。エネルギー革命 フレッシュアイペディアより)

  • 北九州都市圏

    北九州都市圏から見た筑豊筑豊

    福岡県庁が、福岡県内を4つの区域(北九州・福岡・筑豊・筑後)に区分する内のひとつ。北九州都市圏 フレッシュアイペディアより)

  • 飯塚商業高等学校

    飯塚商業高等学校から見た筑豊筑豊

    1968年(昭和43年)、野球部が第50回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)に出場し、翌1969年(昭和44年)の第51回大会にも出場するなど、筑豊の野球名門校として1960年代に一時代を築いた。通算実績は、甲子園出場春0回夏2回、九州地区高校野球大会出場4回。飯塚商業高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 頴田町

    頴田町から見た筑豊筑豊

    頴田町(かいたまち)は、福岡県の中央部に位置していた町である。嘉穂郡に属しており、筑豊を構成する自治体の一つであった。頴田町 フレッシュアイペディアより)

  • 小竹町

    小竹町から見た筑豊筑豊

    小竹町(こたけまち)は、福岡県の中央部にある町。鞍手郡に属する。筑豊を構成する市町村の一つでもある。小竹町 フレッシュアイペディアより)

  • 博多湾鉄道汽船

    博多湾鉄道汽船から見た筑豊筑豊

    その後、営業エリアを粕屋炭田地区に絞って筑豊地区への免許は返上し、1904年に西戸崎 - 須恵間を開通させ、翌年には宇美まで延長した。他の路線の免許は1907年までに失効している。また1903年には宇美から浮羽郡吉井町に至る約40kmの路線の仮免状を取得したが、本免許にも至らずやはり失効している。その一方で酒殿と志免炭坑地区を結ぶ貨物支線の建設を進め、1915年までに酒殿から志免(糟屋郡志免町)・旅石(同須恵町)への支線を開通させた。博多湾鉄道汽船 フレッシュアイペディアより)

191件中 51 - 60件表示

「筑豊のできごと」のニューストピックワード