191件中 61 - 70件表示
  • 松永真

    松永真から見た筑豊筑豊

    1940年東京都に生まれる。第二次世界大戦中から戦後の幼少期を福岡県筑豊地域、次いで京都で過ごす。1964年、東京藝術大学卒。同校卒業後、資生堂の宣伝部に勤務。松永真 フレッシュアイペディアより)

  • 千手村

    千手村から見た筑豊筑豊

    筑豊を構成する自治体の一つでもあった。千手村 フレッシュアイペディアより)

  • 遠賀川

    遠賀川から見た筑豊筑豊

    遠賀川(おんががわ)は、福岡県の筑豊地区から北九州市・中間市・遠賀郡を流れる一級河川。九州で唯一、鮭が遡上する川でもある。流域市町村は6市13町1村。流域内人口約67万人。遠賀川 フレッシュアイペディアより)

  • トンネル塵肺訴訟

    トンネル塵肺訴訟から見た筑豊筑豊

    2004年4月、筑豊じん肺訴訟、石炭じん肺訴訟で初めて国の責任が確定した最高裁判決が出た。トンネル塵肺訴訟 フレッシュアイペディアより)

  • 赤村

    赤村から見た筑豊筑豊

    赤村(あかむら)は、福岡県の東部に位置する村である。田川郡に属しており、筑豊を構成する自治体の一つでもある。福岡県内で2つしかない村の一つである(もう一つは東峰村)。赤村 フレッシュアイペディアより)

  • 脇田温泉

    脇田温泉から見た筑豊筑豊

    戦後は北九州市、福岡市の奥座敷として栄えた。筑豊に炭鉱が多く存在した1960年代までは、歓楽街的な温泉地として栄えたが、現在は静かな温泉地に戻っており、立ち寄り湯に訪れる観光客などが多い。脇田温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 山上憶良

    山上憶良から見た筑豊筑豊

    赴任先の太宰府市はもとより筑後、筑豊地方の嘉麻市などに歌碑が多数存在する(有名な句はほとんどこの地で詠まれている)。また、「子等を思う歌一首」とその反歌とが、岐阜県神戸町の神戸町役場入口ロビーに、書家の日比野五鳳による書として彫り込まれたものがある。山上憶良 フレッシュアイペディアより)

  • 小石原焼

    小石原焼から見た筑豊地方筑豊

    小石原焼(こいしわらやき)は福岡県朝倉郡東峰村にて焼かれる陶器。主に生活雑器が焼かれる。1682年に、黒田光之が伊万里から陶工を招いて窯場を開いたのが始まりで、筑豊地方で最初の焼き物産地となった。刷毛目、飛び鉋、櫛描きなどによって表現される独特の幾何学的な文様が特色で、素焼きを行わず、釉薬を流し掛ける。後にその技法は大分県日田市の小鹿田焼に伝わっており、小鹿田焼とは姉妹関係にある。日本の陶芸界に大きく影響を与えたバーナード・リーチによって、「用の美の極致である」と大きく称賛された。小石原には窯元が56軒ある。小石原焼 フレッシュアイペディアより)

  • 門司餓死事件

    門司餓死事件から見た筑豊筑豊

    NHKの報道によれば、北九州市は昭和前期に鉄鋼業などにより、大量の人口が流入したが、その後エネルギー革命で隣接する筑豊地区にある筑豊炭田の炭鉱が閉鎖されたことにより、大量の貧困者が発生した。このため、生活保護の増加により市財政が圧迫されることを防ぐため、北九州市保護課では数値目標を決め、生活保護件数を抑えていたとされる。門司餓死事件 フレッシュアイペディアより)

  • 太州会

    太州会から見た筑豊地方筑豊

    18歳で炭鉱の首領となったのち前身にあたる『太州商店』を設立した太田州春が初代。太州会を率いて地元他組織を相手に抗争を展開し、不可能視されていた筑豊地方一帯の覇権を実現。以降、田中義人の二代目〜大馬雷太郎の三代目〜日高博の四代目〜と代を経てきた。太州会 フレッシュアイペディアより)

191件中 61 - 70件表示

「筑豊のできごと」のニューストピックワード