191件中 81 - 90件表示
  • 久留米東郵便局

    久留米東郵便局から見た筑豊筑豊

    元々は熊本鉄道郵便局久留米輸送センターであり、鉄道郵便輸送の一翼を担っていた。鉄道郵便廃止後は久留米輸送郵便局となり地域区分局の業務を行っていた。その後、貯金・保険業務の取り扱いを開始し、久留米東郵便局に改称された。熊本鉄道郵便局久留米輸送センター時代から続いていた地域区分局もそのまま引継ぎ、後に佐賀北郵便局から佐賀県・長崎県松浦市福島町の地域区分業務が移管され、福岡県筑後地方・甘木・朝倉広域圏・佐賀県・長崎県松浦市福島町と福岡県福岡地方・北九州地方・筑豊地方・県外を結ぶ郵便物が集まる主要拠点となっている。久留米東郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 北炭夕張新炭鉱ガス突出事故

    北炭夕張新炭鉱ガス突出事故から見た筑豊筑豊

    昭和40年代、日本の石炭産業は整理・淘汰の時代に入り、筑豊、北海道をはじめとした地域で次々と生産効率の悪い中小炭鉱が閉鎖に追い込まれた。その一方で国・業界は最新設備を導入した大規模炭鉱の開発を進めた。「スクラップアンドビルド」の言葉からこれらの炭鉱は「ビルド鉱」と呼ばれる。そのビルド鉱の一つが北炭で1975年に出炭を始めた夕張新炭鉱であった。当時最新鋭の設備を誇り、また質の良い原料炭が採れたため、衰退が進んでいた夕張市の復興の鍵として、地域の期待を集めていた。北炭夕張新炭鉱ガス突出事故 フレッシュアイペディアより)

  • 熊ヶ畑山

    熊ヶ畑山から見た筑豊地方筑豊

    筑豊地方南部の筑紫山地に属す山で、嘉麻市と田川郡川崎町の境界に位置する。この山の嘉麻市側の山麓には市内をカバーするテレビ局の中継基地が置かれている。熊ヶ畑山 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂山

    大坂山から見た筑豊筑豊

    北九州中継局(北九州市八幡東区皿倉山)の電波は京築・筑豊方面へ送信されているが、皿倉山の南?南東方面には標高700m級のカルスト台地平尾台が存在し、その麓に位置する行橋市などの京築地域と田川地区では平尾台の陰となり、安定した視聴が困難であった。そのため、1965年に行橋中継局が設けられた。この行橋中継局は京築・田川地区の基幹中継局として位置づけられ、行橋・豊前・田川方面に電波を送信している。大坂山 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂山

    大坂山から見た筑豊地方筑豊

    福岡県東部の京都郡みやこ町と田川郡香春町との境界に位置し、障子ヶ岳と並んで筑豊地方と京築地方を分ける山である。周辺の行橋市、みやこ町、豊前市、田川市などからも大坂山を確認でき、山頂からは東に行橋市市街地をはじめ、京都平野や周防灘、北には障子ヶ岳や平尾台、西には田川盆地が一望でき、天気が良い日には英彦山や山口県の沿岸部まで一望することが出来る。山麓の香春町には柿下温泉がある。大坂山 フレッシュアイペディアより)

  • エコルカード

    エコルカードから見た筑豊筑豊

    エコルカードは、福岡都市圏・筑豊地域を運行する西日本鉄道(西鉄)並びに西鉄グループ各社の路線バスで使用できる学生向けフリー定期券。エコルカード フレッシュアイペディアより)

  • 1908年-1945年の国鉄ダイヤ改正

    1908年-1945年の国鉄ダイヤ改正から見た筑豊筑豊

    1936年(昭和11年)から建設が進められていた関門トンネルであったが、戦時体制を背景に、筑豊の産炭地からの石炭輸送を、船舶から鉄道に移行させる見地もあって途中から突貫工事が行われ、開通をみたものであった。まず試験運行もかねて6月20日から石炭貨物列車の運行を開始、7月1日に正式に開業した。そしてこの11月15日に旅客営業も開始された。これに伴い本州と九州の間が結び付けられたことから、ダイヤも大幅に変更された。1908年-1945年の国鉄ダイヤ改正 フレッシュアイペディアより)

  • 1942年11月15日国鉄ダイヤ改正

    1942年11月15日国鉄ダイヤ改正から見た筑豊筑豊

    同トンネルは、元々関門連絡船によって連絡していた本州と九州間の鉄道輸送力を、トンネルを掘る事によって強化しようとして着工されたものである。しかし日中戦争が勃発して以来、筑豊からの石炭輸送を従来は船舶によって行っていたものを鉄道輸送に転移させ、捻出した船舶を他に活用しようという着想が浮上し、トンネル工事は困難を押して急ピッチで進められ、貫通に至った。1942年11月15日国鉄ダイヤ改正 フレッシュアイペディアより)

  • サイクル野郎

    サイクル野郎から見た筑豊筑豊

    筑豊のボタ山で子供相手に紙芝居をしている青年。ボタ山が崩れる事故に、輪太郎は子供をかばうが、目を痛めてしまう。サイクル野郎 フレッシュアイペディアより)

  • 黒い羽根運動

    黒い羽根運動から見た筑豊筑豊

    1959年当時、政府によって石炭から石油へのエネルギー転換政策が進められていたが、炭鉱の閉山へと直結するものであった。そのため、産炭地域である福岡県、特に中小炭鉱が多かった筑豊地域では炭鉱ぐるみ、あるいは地域ぐるみで大量の失業者が生じる事態となり、生活は困窮を極めた。こうした中、鵜崎多一知事の特命で炭鉱失業者の生活実態を調査した福岡県政策研究会の報告書『炭鉱離職者の生活実態』(1959年7月、福岡県失業者対策本部刊)が公表され、内外に大きな反響を呼んだ。黒い羽根運動 フレッシュアイペディアより)

191件中 81 - 90件表示

「筑豊のできごと」のニューストピックワード