前へ 1 2 3 4 5
50件中 1 - 10件表示
  • 筑豊

    筑豊から見た石炭

    地名の由来は筑前国と豊前国の頭文字をとったものであり、明治時代以降、石炭資源を背景にして新しく生まれた地域区分である。筑豊の中核都市に成長した飯塚市、直方市、田川市の3都市を筑豊三都と呼ぶ。このうち、飯塚市は飯塚都市圏、田川市は田川都市圏の中心都市である。筑豊 フレッシュアイペディアより)

  • 筑豊

    筑豊から見た北九州市

    かつては筑豊炭田から産出される石炭をもとにした鉱工業によって栄えていたが、のちに全ての炭鉱が閉山し、1960年代と比較して人口が半分以下に落ち込んだ自治体もある。北部九州地区には筑豊地域以外にも炭田地帯が広がっており、小規模炭鉱も含めると宗像市、北九州市、中間市、遠賀郡、糟屋郡、福岡市にも炭鉱が存在した。このうち中間市は北九州都市圏に属し、現在は北九州市のベッドタウンとして位置づけられているが、旧産炭地として筑豊と同じ歴史的・経済的背景を持つ。筑豊 フレッシュアイペディアより)

  • 筑豊

    筑豊から見た炭鉱

    かつては筑豊炭田から産出される石炭をもとにした鉱工業によって栄えていたが、のちに全ての炭鉱が閉山し、1960年代と比較して人口が半分以下に落ち込んだ自治体もある。北部九州地区には筑豊地域以外にも炭田地帯が広がっており、小規模炭鉱も含めると宗像市、北九州市、中間市、遠賀郡、糟屋郡、福岡市にも炭鉱が存在した。このうち中間市は北九州都市圏に属し、現在は北九州市のベッドタウンとして位置づけられているが、旧産炭地として筑豊と同じ歴史的・経済的背景を持つ。筑豊 フレッシュアイペディアより)

  • 筑豊

    筑豊から見た福岡市

    かつては筑豊炭田から産出される石炭をもとにした鉱工業によって栄えていたが、のちに全ての炭鉱が閉山し、1960年代と比較して人口が半分以下に落ち込んだ自治体もある。北部九州地区には筑豊地域以外にも炭田地帯が広がっており、小規模炭鉱も含めると宗像市、北九州市、中間市、遠賀郡、糟屋郡、福岡市にも炭鉱が存在した。このうち中間市は北九州都市圏に属し、現在は北九州市のベッドタウンとして位置づけられているが、旧産炭地として筑豊と同じ歴史的・経済的背景を持つ。筑豊 フレッシュアイペディアより)

  • 筑豊

    筑豊から見た京築

    筑豊(ちくほう)は、福岡県の4地域(福岡地方・北九州地方・筑後地方・筑豊地方)の一つで、同県中央の内陸部をさす地域名である。広義では遠賀郡・京築地域を含む場合がある。筑豊 フレッシュアイペディアより)

  • 筑豊

    筑豊から見た豊前国

    地名の由来は筑前国と豊前国の頭文字をとったものであり、明治時代以降、石炭資源を背景にして新しく生まれた地域区分である。筑豊の中核都市に成長した飯塚市、直方市、田川市の3都市を筑豊三都と呼ぶ。このうち、飯塚市は飯塚都市圏、田川市は田川都市圏の中心都市である。筑豊 フレッシュアイペディアより)

  • 筑豊

    筑豊から見たトヨタ自動車九州

    鉱工業は1960年代頃まで繁栄し続けたが、1970年代に入るとエネルギー革命とともに炭坑群の淘汰が進み、1976年(昭和51年)には筑豊最後の炭鉱であった貝島炭鉱(旧宮田町、現宮若市)が閉山した。石炭産業の消滅後は北九州地区に近い地の利を活かして炭鉱跡地に工業団地を造成し、製造業の進出を促しているが、1992年(平成4年)にトヨタ自動車九州を誘致した宮若市を除き、依然として鉱工業に代わる主要産業が形成できていない。筑豊 フレッシュアイペディアより)

  • 筑豊

    筑豊から見たチロルチョコ

    筑豊炭田の炭鉱は重労働であったこと、飯塚市が長崎街道の宿場町であること、直方市が交通の要所であったことなどから、菓子の製造販売がこぞって進出している。ひよ子(飯塚市。現在は福岡市南区)、千鳥屋(飯塚市)、さかえ屋(同)といった有力企業があるほか、成金饅頭(直方市の銘菓)、黒ダイヤ (菓子)(田川市。現在は飯塚市で製造)、チロルチョコ(田川市。現在は本社を東京に移し、田川市で製造を行う)といった銘菓が発展した。筑豊 フレッシュアイペディアより)

  • 筑豊

    筑豊から見たさかえ屋

    筑豊炭田の炭鉱は重労働であったこと、飯塚市が長崎街道の宿場町であること、直方市が交通の要所であったことなどから、菓子の製造販売がこぞって進出している。ひよ子(飯塚市。現在は福岡市南区)、千鳥屋(飯塚市)、さかえ屋(同)といった有力企業があるほか、成金饅頭(直方市の銘菓)、黒ダイヤ (菓子)(田川市。現在は飯塚市で製造)、チロルチョコ(田川市。現在は本社を東京に移し、田川市で製造を行う)といった銘菓が発展した。筑豊 フレッシュアイペディアより)

  • 筑豊

    筑豊から見たひよ子

    筑豊炭田の炭鉱は重労働であったこと、飯塚市が長崎街道の宿場町であること、直方市が交通の要所であったことなどから、菓子の製造販売がこぞって進出している。ひよ子(飯塚市。現在は福岡市南区)、千鳥屋(飯塚市)、さかえ屋(同)といった有力企業があるほか、成金饅頭(直方市の銘菓)、黒ダイヤ (菓子)(田川市。現在は飯塚市で製造)、チロルチョコ(田川市。現在は本社を東京に移し、田川市で製造を行う)といった銘菓が発展した。筑豊 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
50件中 1 - 10件表示

「筑豊のできごと」のニューストピックワード