筒香嘉智 ニュース&Wiki etc.

筒香 嘉智(つつごう よしとも、1991年11月26日 - )は、横浜DeNAベイスターズに所属するプロ野球選手(内野手)。 (出典:Wikipedia)

「筒香嘉智」Q&A

  • Q&A

    横浜の筒香嘉智が今年年俸一億から三億になりましたが、二億円アップって上げすぎじゃない…

    [続きを読む]

    回答数:7質問日時 - 2016年12月5日 15:53

  • Q&A

    どうしたら筒香嘉智や中田翔、大谷翔平のように"ガタイ良い体"にな…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年11月27日 20:21

  • Q&A

    warでベストナインを選んでみましたが、記者投票なんかよりまともじゃないですか ? …

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月27日 18:13

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「筒香嘉智」のつながり調べ

  • Love BayStars

    Love BayStarsから見た筒香嘉智

    第7回 2010年5月16日 - 筒香嘉智、松本啓二朗、細山田武史、高森勇気、ケチャップ、江村聡信(スポーツニッポン記者)、鈴木勝己(同前)、やくみつる(Love BayStars フレッシュアイペディアより)

  • 松井秀喜

    松井秀喜から見た筒香嘉智

    オープン戦に7番で出場するも、プロの投球の速球に手こずり、三振と凡打の山を築く。オープン戦は53打数5安打、打率.094に終わり、20三振は全体トップだった。4月7日に長嶋から二軍落ちを通告され、公式戦開幕は二軍で迎えた。二軍落ちを通告された際には、「落としたことを後悔させるように頑張る」と語り、その宣言通り、イースタン・リーグの開幕戦で松井と同期新人の伊藤智仁からホームランを放つなど12試合で.375、4本塁打の活躍を見せ、5月1日のヤクルトスワローズ戦(東京ドーム)で「7番・左翼手」として一軍デビューを果たした。初打席は西村龍次からセカンドゴロ。2打席目には同じく西村からライトフェンス直撃の二塁打を放ち、初安打初打点を記録。翌日の試合では、9回裏に高津臣吾から内角の直球(ヤクルト監督の野村克也が松井が内角球に強いという話を確かめるために高津に投げさせた。別の説では当時の高津はストレートで勝負する癖があったため、「おまえのストレートは左の強打者にはこんなもんだ」と示したかったため投げさせたとも)をライトスタンド中段に運びプロ入り初本塁打。興奮の余り、試合後ロッカールームから引き揚げる際、足元はスリッパのまま「打っちゃった」と喜びを露わにした。その後は各球団のマークに遭い、6月には二軍に降格するが、8月下旬に再び一軍に昇格するとヒットを連発し、セ・リーグ高卒ルーキー新記録となる11本塁打を放った(高卒新人のセ・リーグ公式戦での本塁打自体、1988年の立浪和義以来4年ぶり。松井以降では1997年の森野将彦・2010年の筒香嘉智・2012年の高橋周平のみ。パ・リーグの高卒ルーキー記録は1986年の清原和博による31本塁打)。オフの契約更改では1060万円増の1900万円でサイン。目標の2000万円には届かず、会見では渋い表情を見せた。(松井秀喜 フレッシュアイペディアより)

「筒香嘉智」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「筒香嘉智」のニューストピックワード