筒香嘉智 ニュース&Wiki etc.

筒香 嘉智(つつごう よしとも、1991年11月26日 - )は、和歌山県橋本市出身のプロ野球選手(外野手、内野手)。右投左打。横浜DeNAベイスターズ所属。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「筒香嘉智」のつながり調べ

  • 中田翔

    中田翔から見た筒香嘉智

    は、第4回WBC日本代表に選出。4番は筒香嘉智に譲ったが、欠場した二次ラウンドのイスラエル戦を除き筒香の後ろの5番打者に座った。1次ラウンドオーストラリア戦では勝ち越しソロ本塁打を放ち、二次ラウンドオランダ戦ではリック・バンデンハークから一時勝ち越しの3ラン本塁打を放つと同点に追いつかれた後の延長11回に勝ち越しの2点タイムリーを放った。大会全体では打率こそ.238にとどまったが、1次ラウンドの中国戦を合わせ3本の本塁打を記録し8打点をマークした。(中田翔 フレッシュアイペディアより)

  • 尾仲祐哉

    尾仲祐哉から見た筒香嘉智

    には、5月9日の対中日ドラゴンズ戦(岐阜長良川球場)5回裏からの救援登板で、一軍公式戦へのデビューを果たした。5月19日付で出場選手登録を抹消されたものの、3ヶ月後の8月19日から一軍へ復帰。8月22日の対広島東洋カープ戦(横浜スタジアム)では、3点ビハインドの8回表から4番手投手として登板すると、2イニングを無失点に抑えた。さらに、9回裏無死1塁からチームのクリーンアップ(筒香嘉智、ホセ・ロペスおよび宮崎敏郎)が立て続けに本塁打を放った結果、尾仲は「3者連続本塁打による逆転サヨナラ勝利」というNPB一軍公式戦初のチーム記録によって一軍初勝利。試合後には、「以上の3選手と同時にお立ち台へ上がる」という異例の演出の下で、ヒーローインタビューを初めて経験した。レギュラーシーズンでは、一軍公式戦11試合の登板で、1勝1敗、防御率6.52をマーク。チームがレギュラーシーズン3位からクライマックスシリーズ(CS)を経て19年振りに日本シリーズへ進出したことから、尾仲も日本シリーズの出場資格を得たが、実際にはCSでも日本シリーズでも登板の機会がなかった。その一方で、イースタン・リーグ公式戦では、1勝5セーブ、防御率1.52を記録。通算投球イニング(32回2/3)を上回る数の三振(46)を奪ったほか、与四球はわずか5個で、本塁打を1本も許さなかった。シーズン終了後の11月10日に、推定年俸920万円(前年から200万円増)という条件で契約を更改。(尾仲祐哉 フレッシュアイペディアより)

「筒香嘉智」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「筒香嘉智」のニューストピックワード