88件中 31 - 40件表示
  • 青春リアル

    青春リアルから見た箭内道彦箭内道彦

    なお、青春リアル終了後も、「NHK東日本大震災プロジェクトキャンペーン」の一環として2013年度からは毎月1回ペースで、原則として実際の日付で翌日が第1日曜に当たる土曜日深夜24:00-24:25(「Eテレセレクション」の枠内)で単独番組として継続して放送。2016年4月から東北発☆未来塾の放送がない最終月曜23:00-23:20に放送時間が変更された。このシリーズでの進行は地元出身クリエーターの箭内道彦が務めているが、2014年からは震災当時NHK福島放送局アナウンサーだった合原明子(2012年4月 仙台→2014年4月 東京へ異動)も進行役に加わる。またナレーションは2013年5月まで矢口が担当していたが、諸般の事情により降板したため同6月以後は相沢舞が担当する。青春リアル フレッシュアイペディアより)

  • 週刊 赤川次郎

    週刊 赤川次郎から見た箭内道彦箭内道彦

    企画監修:箭内道彦(風とロック)週刊 赤川次郎 フレッシュアイペディアより)

  • SA (バンド)

    SA (バンド)から見た箭内道彦箭内道彦

    2013年カナダ東海岸のDRUNK PUNKバンドTHE LUCKY ONESの呼びかけにより、カナダ・アメリカ・オーストラリア・日本の4カ国から各1バンド5曲ずつ参加する4バンドスプリットアルバム『UNITED! UNDIVITED!』に参加。4月30日に世界4カ国一斉リリース。5?6月、1日目を「SALLY NIGHT」、2日目を「ALLY NIGHT」と銘打ち、初の試みとなる全46曲重複曲一切なしの各地2daysツアー「ALL MASTER BEATZ 2013―TWO FACE TOUR」を全国6カ所にて敢行。3月は勝手にしやがれ、7月はKen Yokoyama、10月はBRAHMANを対バンに迎えて「BIGTOP2013」開催。さらに11?12月、10代のパンク/ロックンロールバンドをオープニングアクトとして募集した「BIGTOP TOUR 2013―Roll the generation―」を全国5カ所で展開。5月、「MAVERICK KITCHEN VOL.5」出演(6月にフジテレビNEXT「ライブ・プレミアム」にて3時間放送。リピート放送あり)、7月、「おおつちありがとうロックフェスティバル 2013」、8月、「PUNK LIVES! FOREVER 2013」、9月、盛岡市「いしがきMUSIC FESTIVAL 2013」、10月、新木場「ECHOES」出演。9月、英国のパンクバンドUK SUBSの「JAPAN TOUR 2013」のサポートアクトを務める。9月、ボイラールームのゲスト出演が縁で箭内道彦が実行委員長を務める野外フェス「風とロック 芋煮会 2013」に、NAOKIがアコースティックライブ出演。10月、SHOHEIがカナダにてTHE LUCKY ONESとともにレコーディングしたシングルがiTunesで配信開始。SHOHEIの作詞・作曲・ドラムによる2曲。11月、KENのウェブサイト「NEMOKENドットコム」開設。同月、DVD『PUNK LIVES! FOREVER 2013 AT CLUB CITTA' KAWASAKI』が「PUNK LIVES!」から発売。12月、「LONDON NITE X'mas Special 2013」出演。同月から、2年半ぶりのフルアルバムの制作開始。SA (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • ap bank

    ap bankから見た箭内道彦箭内道彦

    WITH CREATORS:箭内道彦(アートディレクター) 、丹下紘希(映像作家) 、中村聖子(コピーライター)、森本千絵(アートディレクター)、マエキタミヤコ(コピーライター)、衛藤大二(ウェブデザイナー) 、Enlightenment(VJ) 、おちまさと(プロデューサー)ap bank フレッシュアイペディアより)

  • 福島民報

    福島民報から見た箭内道彦箭内道彦

    2009年(平成21年)- 3月29日午後11時20分ごろ本社ビル5階から出火。広告局の机などが焼けた。この火事で男性警備員1名が煙を吸って病院に搬送された(軽傷)。10月18日、創刊115周年記念事業として開成山野外音楽堂で「風とロックFES福島」開催。箭内道彦、山口隆(サンボマスター)ら首都圏で活動する福島県出身アーティストが出演。福島民報 フレッシュアイペディアより)

  • forbidden lover

    forbidden loverから見た箭内道彦箭内道彦

    なお、当時のL'Arc〜en〜CielとGLAYの対比構造は、当時ラルクの広告クリエイションを務めていた箭内道彦による戦略だったと、後年にGLAYのHISASHIが述べている。forbidden lover フレッシュアイペディアより)

  • BEST★SCANDAL

    BEST★SCANDALから見た箭内道彦箭内道彦

    完全生産限定盤には箭内道彦プロデュースによるフォトブック、初回生産限定盤にはPVなどを収めたDVDが付属。タワーレコード購入者には、初回特典としてオリジナルピックが付いた。BEST★SCANDAL フレッシュアイペディアより)

  • WONDER VISION

    WONDER VISIONから見た箭内道彦箭内道彦

    番組のエンディングテーマ曲は、スネオヘアーと箭内道彦によるユニットTHE SUNDAY DRIVERSの『THE SUNDAY DRIVERSのテーマ』。WONDER VISION フレッシュアイペディアより)

  • 月刊 風とロック

    月刊 風とロックから見た箭内道彦箭内道彦

    『月刊 風とロック』(げっかん かぜとロック)は、風とロックが発行するフリーペーパー。編集長はクリエイティブディレクターの箭内道彦。2005年4月創刊。タワーレコード全国27店舗(2013年6月4日時点)で配布。月刊 風とロック フレッシュアイペディアより)

  • レキツ

    レキツから見た箭内道彦箭内道彦

    キー・ビジュアルは“平安貴族”。アートワークは箭内道彦が担当。初回限定版は本人と参加ミュージシャンによる約1万枚の直筆手書きジャケット。DVDにはアルバム制作ドキュメンタリーや「どげんか遷都物語」のミュージック・ビデオが収録される。レキツ フレッシュアイペディアより)

88件中 31 - 40件表示

「箭内道彦」のニューストピックワード