60件中 41 - 50件表示
  • 東京地下鉄

    東京地下鉄から見た箭内道彦箭内道彦

    箭内道彦(「TOKYO HEART」CMディレクションを担当)東京地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 郡山市

    郡山市から見た箭内道彦箭内道彦

    箭内道彦 - クリエイティブ・ディレクター郡山市 フレッシュアイペディアより)

  • クロノス (ラジオ番組)

    クロノス (ラジオ番組)から見た箭内道彦箭内道彦

    2009.1.5 - 1.8:一週間八代が休暇をとった。代役は1.5は中西哲生、1.6は箭内道彦、1.7は荻原次晴と八木沼純子、1.8は上杉隆。クロノス (ラジオ番組) フレッシュアイペディアより)

  • SCANDAL (日本のバンド)

    SCANDAL (日本のバンド)から見た箭内道彦箭内道彦

    TOKYO MXのクイズ番組「クイズ!先端tic」との連動企画『モバオク! スペシャルオークション 第3弾』(チャリーティーイベントオークション)に、「少女S」のPV撮影で使用されたダミーギターを出品。『BEST★SCANDAL』の完全生産限定盤に付属しているフォトブックにおいてプロデュースを手掛けた箭内道彦の方針により、これらの楽器は撮影段階で壊されていたものの、HARUNAのギターは251001円、MAMIのギターは151001円、TOMOMIのベースは155001円でそれぞれ落札され(いずれも早期終了)、落札者にはメンバーの手により直接楽器が手渡された。SCANDAL (日本のバンド) フレッシュアイペディアより)

  • フルタの方程式

    フルタの方程式から見た箭内道彦箭内道彦

    野球を盛り上げるVTRを作ろう!(ゲスト:映画評論家・おすぎ、クリエイティブディレクター・箭内道彦フルタの方程式 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台マークワン

    仙台マークワンから見た箭内道彦箭内道彦

    開業にあたり、クリエーティブディレクターの箭内道彦を起用して様々なプロモーションを行った。また、宮城県塩竈市出身の写真家である平間至と、仙台市出身/在住のDJ/プロデューサーであるFreeTEMPO(半沢武志)を特別審査員に迎えて「Date fm presents PARCO MUSIC AUDITION」を開催した(仙台七夕のSTARLIGHT EXPLOSIONでの野外ライブ審査などを経て、優勝者はMEGA☆ROCKSへの出場権が得られる)。その他、Zepp SENDAIや仙台サンプラザでの企画ライブやパルコ劇場仙台公演、仙台・青葉まつりへの参加なども行っている。仙台マークワン フレッシュアイペディアより)

  • L'Arc〜en〜Ciel

    L'Arc〜en〜Cielから見た箭内道彦箭内道彦

    また、同時期からフリーの映像ディレクター・箭内道彦が主なディレクションを担当した、藤原喜明の起用を始めとするバラエティに富んだ広告展開を行うようになる。テレビCMでは「グループ名『L'Arc〜en〜Ciel(ラルク・アン・シエル)』の正しい読み方を広く認知させる」ものや「記者会見風の『活動予定告知』告知」を流し、新聞広告では「新曲の着信メロディの作成方法」や、コンピュータグラフィックスで作成した「坊主頭のメンバーの写真」などのような、それまでにはない奇抜なものを掲載するなどして注目を集めていった。L'Arc〜en〜Ciel フレッシュアイペディアより)

  • スネオヘアー

    スネオヘアーから見た箭内道彦箭内道彦

    2007年12月8日、箭内道彦と組みTHE SUNDAY DRIVERSとしてDream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ2007に出演。スネオヘアー フレッシュアイペディアより)

  • 高須光聖

    高須光聖から見た箭内道彦箭内道彦

    『ドキュメント考える〜クリエイティブディレクター・箭内道彦〜』(NHK総合)2008年5月9日放送の特別番組。2008年5月3日、翌日5月10日放送分のラジオ番組『風とロック』(TOKYO FM)のゲスト出演収録の様子。高須光聖 フレッシュアイペディアより)

  • SCHOOL OF LOCK!

    SCHOOL OF LOCK!から見た箭内道彦箭内道彦

    CMクリエイターの箭内道彦(2007/12/06)SCHOOL OF LOCK! フレッシュアイペディアより)

60件中 41 - 50件表示

「箭内道彦」のニューストピックワード

  • 小林さんちのメイドラゴン

  • 第6回とよさと軽音楽甲子園

  • BanG Dream! Second☆LIVE Starrin’ PARTY 2016!