前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
93件中 1 - 10件表示
  • 箱根

    箱根から見た箱根温泉箱根温泉

    古来東海道の要衝であり、「天下の険」と謳われた難所箱根峠のふもとには宿場や関所が置かれた。近代以降は保養地・観光地として発展。各所に湧く温泉や、芦ノ湖、大涌谷、仙石原などがとりわけ有名である。1936年に「富士箱根国立公園」(現・富士箱根伊豆国立公園)に指定されている。箱根 フレッシュアイペディアより)

  • 姥子温泉

    姥子温泉から見た箱根温泉箱根温泉

    箱根カルデラの中央火口丘最高峰、神山の北西斜面に位置する。箱根温泉郷を構成する温泉群の中でも歴史の古いもののひとつであり、箱根七湯に当温泉を加えて箱根八湯と称することがある。また、芦ノ湖温泉、蛸川温泉と合わせて元箱根温泉と称することがある。姥子温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 蒼い描点

    蒼い描点から見た箱根温泉箱根温泉

    編集者の椎原典子は、今月も締切りに遅れそうな村谷阿沙子の原稿を催促する目的で、阿沙子の滞在する箱根宮ノ下へ向かった。途中、顔見知りの田倉義三を見かけるが、田倉は「村谷女史は最近苦しそうですな」と意味深長な言葉を典子に残した。木賀温泉に宿を取り近くを散歩していた典子は、阿沙子の夫・亮吾が謎の女性と佇んでいるのを目撃し、さらに翌朝、阿沙子と田倉らしい人影を発見する。原稿は遅れて典子の滞在は長引くが、その間、河原で田倉の転落死体が発見された。田倉が死んだ夜に亮吾が失踪、加えて東京に戻った阿沙子も、精神病院に入院後行方不明となる。不審な事件の続発に疑問を抱いた典子は、先輩の崎野竜夫とともに、真相究明に乗り出す。蒼い描点 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根町

    箱根町から見た箱根温泉箱根温泉

    温泉地としての評価は、江戸時代の温泉番付によると前頭格だった。しかし近代では、西武鉄道グループおよび箱根登山鉄道を傘下に収めた小田急電鉄の精力的な観光開発によって急速に発展した。なお、箱根温泉とは湯本、塔ノ沢、大平台、宮ノ下、小涌谷など町内にある温泉の総称である。箱根町 フレッシュアイペディアより)

  • かながわのまちなみ100選

    かながわのまちなみ100選から見た箱根温泉箱根温泉

    湯本温泉街(箱根町湯本)かながわのまちなみ100選 フレッシュアイペディアより)

  • 奥座敷

    奥座敷から見た箱根温泉箱根温泉

    奥座敷の呼称は、○○の奥座敷、と呼ばれることが一般的である。この○○には、近郊の都市名が入ることが多い。例えば、東京(広義の東京=「横浜や都区部」の意)の奥座敷であれば箱根温泉、青森の奥座敷であれば浅虫温泉など。近郊の都市名に限らず、京阪神の奥座敷と呼ばれる有馬温泉の様に地域名が入ることもある。また、関西の奥座敷と呼ばれる山代温泉や芦原温泉の様に、温泉地から遠く離れた場所の奥座敷と呼ばれることもある。これは交通の便などにより遠方であっても観光客の数の多さにより付いた呼称である。奥座敷 フレッシュアイペディアより)

  • 小涌谷

    小涌谷から見た箱根温泉箱根温泉

    小涌谷(こわくだに)は、神奈川県足柄下郡箱根町の地名である。郵便番号は250-0406。箱根ホテル小涌園をはじめとする小涌谷温泉や箱根登山鉄道の小涌谷駅で知られる。地名の小涌谷の読みは「こわくだに」であるが、登山鉄道の小涌谷駅は「こわきだに えき」、箱根小涌園は「はこね こわきえん」である。小涌谷 フレッシュアイペディアより)

  • 塔之澤

    塔之澤から見た箱根温泉箱根温泉

    早川渓谷沿いの塔之沢温泉やあじさい寺の名で親しまれる阿弥陀寺などで知られる。正式な地名の表記は「塔之澤」であるが、「塔之沢」や「塔ノ沢」など簡単な字で表記されることが多い。塔之澤 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根新道

    箱根新道から見た箱根温泉箱根温泉

    古くからの温泉観光地である箱根湯本や強羅などをバイパスし、当時観光ブームであった芦ノ湖周辺へのアクセス改善および静岡方面との幹線道路としての国道機能を改善する目的で、1962年3月31日に全国で2番目の自動車専用道路として開通した。箱根新道 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根山

    箱根山から見た箱根温泉箱根温泉

    また、山腹・山麓の多くの場所で温泉が湧出し、古くより湯治場として温泉郷が形成され箱根温泉が発展した。近代からは観光開発が始まり、多くの人が訪れる地となった。箱根山 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
93件中 1 - 10件表示

「箱根温泉」のニューストピックワード