前へ 1 2 3 4 5 6 7
70件中 1 - 10件表示
  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た伊藤博文

    伊藤博文や天璋院ゆかりの温泉でもある。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た小田急電鉄

    明治以後、箱根は保養地、観光地としての開発が進む。1919年には箱根登山鉄道鉄道線が山上まで達し、さらに太平洋戦争終戦後まもなく小田急電鉄が箱根湯本駅まで乗り入れ、非常に便利になった。直通運転開始後、西武鉄道グループと小田急グループの箱根山戦争の舞台となり、結果多くの観光客が訪れるようになる。新たな温泉の開発も進み、歴史ある上記の八湯に加え、明治以降に開かれた大平台、小涌谷、二ノ平、強羅、宮城野、仙石原、湯ノ花沢、芦ノ湖、蛸川の9つの温泉を合わせて「箱根十七湯」と称している。さらに早雲山、大涌谷、湖尻の3か所を加えて「箱根二十湯」と呼ぶこともある。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た西武鉄道

    明治以後、箱根は保養地、観光地としての開発が進む。1919年には箱根登山鉄道鉄道線が山上まで達し、さらに太平洋戦争終戦後まもなく小田急電鉄が箱根湯本駅まで乗り入れ、非常に便利になった。直通運転開始後、西武鉄道グループと小田急グループの箱根山戦争の舞台となり、結果多くの観光客が訪れるようになる。新たな温泉の開発も進み、歴史ある上記の八湯に加え、明治以降に開かれた大平台、小涌谷、二ノ平、強羅、宮城野、仙石原、湯ノ花沢、芦ノ湖、蛸川の9つの温泉を合わせて「箱根十七湯」と称している。さらに早雲山、大涌谷、湖尻の3か所を加えて「箱根二十湯」と呼ぶこともある。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た豊臣秀吉

    箱根温泉が知られるようになったのは、豊臣秀吉の小田原征伐がきっかけである。広大な小田原城を攻めるため全国の武士を集め長期滞陣したが、その無聊を慰めるため温泉に入ったといわれている。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た徳川家光

    江戸時代は五街道の一つ東海道に沿った温泉として繁栄、「箱根七湯」として知られた。この頃の箱根七湯は、湯本、塔之沢、堂ヶ島、宮ノ下、底倉、木賀、芦之湯。開湯は古いが街道から大きく外れていた姥子の湯を入れて、「箱根八湯」と呼ぶ場合もあった。徳川家光、徳川綱吉の時代には、将軍への献上湯も度々行われている。なお、江戸時代の温泉番付では芦之湯温泉が前頭上位となっている。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た天璋院

    伊藤博文や天璋院ゆかりの温泉でもある。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た徳川綱吉

    江戸時代は五街道の一つ東海道に沿った温泉として繁栄、「箱根七湯」として知られた。この頃の箱根七湯は、湯本、塔之沢、堂ヶ島、宮ノ下、底倉、木賀、芦之湯。開湯は古いが街道から大きく外れていた姥子の湯を入れて、「箱根八湯」と呼ぶ場合もあった。徳川家光、徳川綱吉の時代には、将軍への献上湯も度々行われている。なお、江戸時代の温泉番付では芦之湯温泉が前頭上位となっている。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た夢窓疎石

    堂ヶ島(どうがしま)温泉は、宮ノ下付近の国道1号から早川渓谷へと下った谷底にある、夢窓疎石が開いたとされる温泉。現在ある2軒の宿では、それぞれ私設のモノレール式ケーブルカー、ロープウェイを利用する。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た源頼朝

    開湯は平安時代末期?鎌倉時代初期。治承・寿永の乱の折、源頼朝が家人、木賀善治吉成が合戦の折負傷し、箱根の山中に分け入ると、白狐が現れ、吉成を温泉に導いたという。その後その湯で傷を癒した吉成は合戦に戻り、合戦後その地の地頭箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た明治天皇

    小涌谷(こわくだに)温泉は、箱根登山鉄道小涌谷駅下車。古来「小地獄」と呼ばれていたが、明治天皇の行幸に際して改名。1877年(明治10年)頃より温泉地としての開発が始まった。泉質は単純泉・アルカリ性単純泉、神経痛・関節痛・冷え性に効く。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
70件中 1 - 10件表示

「箱根温泉」のニューストピックワード