76件中 21 - 30件表示
  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た温泉

    箱根温泉(はこねおんせん)は神奈川県足柄下郡箱根町(旧国相模国)にある温泉の総称。箱根火山の麓から中腹まで、あちこちに温泉街が点在している。付近は富士箱根伊豆国立公園に指定されている。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た奈良時代

    開湯は奈良時代の天平10年(738年)、釈浄定坊が発見した「惣湯」。この源泉は現在も使用されている。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た鎌倉時代

    芦之湯(あしのゆ)温泉は、国道1号最高所付近にあり、箱根七湯の中では最も標高が高い。(七湯以外では、湯の花温泉など更に高所にある温泉もある。)開湯は鎌倉時代である。単純硫黄泉、神経痛・関節痛・動脈硬化に効く。コロイド硫黄のアルカリ性のお湯で、硫黄系の濁り湯としては珍しい泉質である。古くは江戸時代から文人墨客がこの地を訪れている。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た箱根ロープウェイ

    大涌谷(おおわくだに)温泉は、箱根ロープウェイ大涌谷駅下車。泉質は酸性の硫酸塩・塩化物泉、神経痛・筋肉痛・関節痛に効く。なお、この温泉は造成温泉であり、大涌谷で自噴する温泉と、火山性蒸気に仙石原の地下水である山清水を吹き当て造成した温泉を混合している。ここで造られた温泉は箱根各所に配湯される。箱根温泉供給会社によると2015年5月の火山活動活発化前の供給湯量は1日約4,000-4,500tであった。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た引湯

    2005年には台風11号により湯の花沢地区の造成温泉施設に被害が発生した。配湯されない旅館向けに別源泉からの引湯および温泉スタンドが設置され、源泉販売が行われた。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た造成温泉

    2004年、マスコミで温泉偽装問題が大きく取り上げられ、造成温泉を「天然」と表示したり、水道水に鉱石を通すだけで温泉と表示した旅館があると報じられ、問題になった。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た国道1号

    堂ヶ島(どうがしま)温泉は、宮ノ下付近の国道1号から早川渓谷へと下った谷底にある、夢窓疎石が開いたとされる温泉。現在ある2軒の宿では、それぞれ私設のモノレール式ケーブルカー、ロープウェイを利用する。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見たケーブルカー

    堂ヶ島(どうがしま)温泉は、宮ノ下付近の国道1号から早川渓谷へと下った谷底にある、夢窓疎石が開いたとされる温泉。現在ある2軒の宿では、それぞれ私設のモノレール式ケーブルカー、ロープウェイを利用する。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た箱根園

    蛸川(たこがわ)温泉は、箱根十七湯の中では最も新しく、1987年(昭和62年)の開湯。当初は芦ノ湖温泉と合わせて元箱根温泉と呼ばれたが、1993年(平成5年)に分離独立して17番目の湯に数えられる。単純温泉、カルシウム-硫酸塩泉。芦ノ湖に面して「ザ・プリンス 箱根」、「龍宮殿」を擁する一大リゾート「箱根園」がある。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た共同浴場

    箱根湯本(はこねゆもと)温泉は、箱根の玄関口にある温泉。箱根登山鉄道箱根湯本駅下車すぐ。泉質は単純泉・アルカリ性単純泉、30〜80℃、神経痛・関節痛・冷え性に効く。箱根で一番大きい温泉街で共同浴場も多い。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

76件中 21 - 30件表示

「箱根温泉」のニューストピックワード