70件中 31 - 40件表示
  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た姥子温泉

    江戸時代は五街道の一つ東海道に沿った温泉として繁栄、「箱根七湯」として知られた。この頃の箱根七湯は、湯本、塔之沢、堂ヶ島、宮ノ下、底倉、木賀、芦之湯。開湯は古いが街道から大きく外れていた姥子の湯を入れて、「箱根八湯」と呼ぶ場合もあった。徳川家光、徳川綱吉の時代には、将軍への献上湯も度々行われている。なお、江戸時代の温泉番付では芦之湯温泉が前頭上位となっている。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た富士箱根伊豆国立公園

    箱根温泉(はこねおんせん)は神奈川県足柄下郡箱根町(旧国相模国)にある温泉の総称。箱根火山の麓から中腹まで、あちこちに温泉街が点在している。付近は富士箱根伊豆国立公園に指定されている。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た塔ノ沢駅

    塔之沢(とうのさわ)温泉は、箱根湯本温泉の奥にある温泉。箱根登山鉄道塔ノ沢駅下車。泉質は単純泉・アルカリ性単純泉、神経痛・関節痛・冷え性に効く。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た源泉

    2005年には台風11号により湯の花沢地区の造成温泉施設に被害が発生した。配湯されない旅館向けに別源泉からの引湯および温泉スタンドが設置され、源泉販売が行われた。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た早雲山駅

    早雲山(そううんざん)温泉は、箱根登山ケーブルカーと箱根ロープウェイの乗換駅である早雲山駅下車。大雄山最乗寺箱根別院内にある。泉質はカルシウム・マグネシウム・ナトリウム-硫酸塩泉。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た神経痛

    箱根湯本(はこねゆもと)温泉は、箱根の玄関口にある温泉。箱根登山鉄道箱根湯本駅下車すぐ。泉質は単純泉・アルカリ性単純泉、30?80℃、神経痛・関節痛・冷え性に効く。箱根で一番大きい温泉街で共同浴場も多い。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た別荘

    強羅(ごうら)温泉は、箱根登山鉄道強羅駅下車。1894年(明治27年)、早雲山からの引湯により開発が始まった。明治末期から開発は本格化。強羅公園が造営され登山鉄道が開通した大正年間には、政財界人や文人らがこぞってこの地に別荘を求めた。1952年(昭和27年)以降、多くの源泉が掘削されており、源泉ごとに泉質は多様である。別荘から転じた保養所や箱根屈指の高級旅館が立ち並び、周辺には美術館も多い。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た入浴

    箱根町内には、かつて温泉が引かれ入浴をカリキュラムに組み入れた小学校もあった。一般の温泉と同じように全裸で入浴し、低学年では男女混浴の場合もあったが、2008年3月をもって廃校となった。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た箱根湯本駅

    明治以後、箱根は保養地、観光地としての開発が進む。1919年には箱根登山鉄道鉄道線が山上まで達し、さらに太平洋戦争終戦後まもなく小田急電鉄が箱根湯本駅まで乗り入れ、非常に便利になった。直通運転開始後、西武鉄道グループと小田急グループの箱根山戦争の舞台となり、結果多くの観光客が訪れるようになる。新たな温泉の開発も進み、歴史ある上記の八湯に加え、明治以降に開かれた大平台、小涌谷、二ノ平、強羅、宮城野、仙石原、湯ノ花沢、芦ノ湖、蛸川の9つの温泉を合わせて「箱根十七湯」と称している。さらに早雲山、大涌谷、湖尻の3か所を加えて「箱根二十湯」と呼ぶこともある。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た宮ノ下駅

    宮ノ下(みやのした)温泉は、箱根登山鉄道宮ノ下駅下車。数々の著名人が宿泊した富士屋ホテルがあることで有名である。共同浴場の太閤湯があるが、場所は宮ノ下にあっても泉源は底倉からの引湯である。ナトリウム・塩化物泉、神経痛・関節痛・冷え性に効く。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

70件中 31 - 40件表示

「箱根温泉」のニューストピックワード