70件中 41 - 50件表示
  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た稲荷神

    の任に就いた吉成により地名が木賀とされ、木賀温泉となる。吉成を導いた白狐は吉成の妻となり、死後、白狐稲荷として奉られる。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た早雲山

    強羅(ごうら)温泉は、箱根登山鉄道強羅駅下車。1894年(明治27年)、早雲山からの引湯により開発が始まった。明治末期から開発は本格化。強羅公園が造営され登山鉄道が開通した大正年間には、政財界人や文人らがこぞってこの地に別荘を求めた。1952年(昭和27年)以降、多くの源泉が掘削されており、源泉ごとに泉質は多様である。別荘から転じた保養所や箱根屈指の高級旅館が立ち並び、周辺には美術館も多い。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た家人

    開湯は平安時代末期?鎌倉時代初期。治承・寿永の乱の折、源頼朝が家人、木賀善治吉成が合戦の折負傷し、箱根の山中に分け入ると、白狐が現れ、吉成を温泉に導いたという。その後その湯で傷を癒した吉成は合戦に戻り、合戦後その地の地頭箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た乳母

    姥子(うばこ)温泉は、街道筋から外れた神山の北西にある。泉質は単純温泉、カルシウム-硫酸塩泉、ナトリウム-硫酸塩泉。眼病への効能で知られ、神経痛・関節痛・冷え性にも効くとされる。開湯は約800年前。金太郎こと坂田金時が、母親である山姥(乳母とも)に連れられてこの地に来て眼の傷を癒したと伝えられ、温泉名はこの伝承に由来する。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た徳川家

    後、江戸時代には温泉奉行が置かれ、徳川家への献上湯となる。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た治承・寿永の乱

    開湯は平安時代末期?鎌倉時代初期。治承・寿永の乱の折、源頼朝が家人、木賀善治吉成が合戦の折負傷し、箱根の山中に分け入ると、白狐が現れ、吉成を温泉に導いたという。その後その湯で傷を癒した吉成は合戦に戻り、合戦後その地の地頭箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た最乗寺

    早雲山(そううんざん)温泉は、箱根登山ケーブルカーと箱根ロープウェイの乗換駅である早雲山駅下車。大雄山最乗寺箱根別院内にある。泉質はカルシウム・マグネシウム・ナトリウム-硫酸塩泉。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た箱根山戦争

    明治以後、箱根は保養地、観光地としての開発が進む。1919年には箱根登山鉄道鉄道線が山上まで達し、さらに太平洋戦争終戦後まもなく小田急電鉄が箱根湯本駅まで乗り入れ、非常に便利になった。直通運転開始後、西武鉄道グループと小田急グループの箱根山戦争の舞台となり、結果多くの観光客が訪れるようになる。新たな温泉の開発も進み、歴史ある上記の八湯に加え、明治以降に開かれた大平台、小涌谷、二ノ平、強羅、宮城野、仙石原、湯ノ花沢、芦ノ湖、蛸川の9つの温泉を合わせて「箱根十七湯」と称している。さらに早雲山、大涌谷、湖尻の3か所を加えて「箱根二十湯」と呼ぶこともある。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た彫刻の森駅

    二ノ平(にのたいら)温泉は、箱根登山鉄道彫刻の森駅下車。開湯は1963年(昭和38年)。共同浴場「亀の湯」がある。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た大平台駅

    大平台(おおひらだい)温泉は、箱根登山鉄道大平台駅下車。開湯は1951年(昭和26年)。泉質は食塩泉。共同浴場「姫の湯」がある。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

70件中 41 - 50件表示

「箱根温泉」のニューストピックワード