76件中 51 - 60件表示
  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た金太郎

    姥子(うばこ)温泉は、街道筋から外れた神山の北西にある。泉質は単純温泉、カルシウム-硫酸塩泉、ナトリウム-硫酸塩泉。眼病への効能で知られ、神経痛・関節痛・冷え性にも効くとされる。開湯は約800年前。金太郎こと坂田金時が、母親である山姥(乳母とも)に連れられてこの地に来て眼の傷を癒したと伝えられ、温泉名はこの伝承に由来する。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た坂田金時

    姥子(うばこ)温泉は、街道筋から外れた神山の北西にある。泉質は単純温泉、カルシウム-硫酸塩泉、ナトリウム-硫酸塩泉。眼病への効能で知られ、神経痛・関節痛・冷え性にも効くとされる。開湯は約800年前。金太郎こと坂田金時が、母親である山姥(乳母とも)に連れられてこの地に来て眼の傷を癒したと伝えられ、温泉名はこの伝承に由来する。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た大涌谷駅

    大涌谷(おおわくだに)温泉は、箱根ロープウェイ大涌谷駅下車。泉質は酸性の硫酸塩・塩化物泉、神経痛・筋肉痛・関節痛に効く。なお、この温泉は造成温泉であり、大涌谷で自噴する温泉と、火山性蒸気に仙石原の地下水である山清水を吹き当て造成した温泉を混合している。ここで造られた温泉は箱根各所に配湯される。箱根温泉供給会社によると2015年5月の火山活動活発化前の供給湯量は1日約4,000-4,500tであった。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た富士屋ホテル

    宮ノ下(みやのした)温泉は、箱根登山鉄道宮ノ下駅下車。数々の著名人が宿泊した富士屋ホテルがあることで有名である。共同浴場の太閤湯があるが、場所は宮ノ下にあっても泉源は底倉からの引湯である。ナトリウム・塩化物泉、神経痛・関節痛・冷え性に効く。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た混浴

    箱根町内には、かつて温泉が引かれ入浴をカリキュラムに組み入れた小学校もあった。一般の温泉と同じように全裸で入浴し、低学年では男女混浴の場合もあったが、2008年3月をもって廃校となった。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た小涌谷駅

    小涌谷(こわくだに)温泉は、箱根登山鉄道小涌谷駅下車。古来「小地獄」と呼ばれていたが、明治天皇の行幸に際して改名。1877年(明治10年)頃より温泉地としての開発が始まった。泉質は単純泉・アルカリ性単純泉、神経痛・関節痛・冷え性に効く。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た保養所

    強羅(ごうら)温泉は、箱根登山鉄道強羅駅下車。1894年(明治27年)、早雲山からの引湯により開発が始まった。明治末期から開発は本格化。強羅公園が造営され登山鉄道が開通した大正年間には、政財界人や文人らがこぞってこの地に別荘を求めた。1952年(昭和27年)以降、多くの源泉が掘削されており、源泉ごとに泉質は多様である。別荘から転じた保養所や箱根屈指の高級旅館が立ち並び、周辺には美術館も多い。2015年4月に、旅館「強羅天翠」が重油を流出させ、近隣の早川などが汚染される騒ぎとなった。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た神山

    姥子(うばこ)温泉は、街道筋から外れた神山の北西にある。泉質は単純温泉、カルシウム-硫酸塩泉、ナトリウム-硫酸塩泉。眼病への効能で知られ、神経痛・関節痛・冷え性にも効くとされる。開湯は約800年前。金太郎こと坂田金時が、母親である山姥(乳母とも)に連れられてこの地に来て眼の傷を癒したと伝えられ、温泉名はこの伝承に由来する。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見た小田原征伐

    箱根温泉が知られるようになったのは、豊臣秀吉の小田原征伐がきっかけである。広大な小田原城を攻めるため全国の武士を集め長期滞陣したが、その無聊を慰めるため温泉に入ったといわれている。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根温泉

    箱根温泉から見たロープウェイ

    堂ヶ島(どうがしま)温泉は、宮ノ下付近の国道1号から早川渓谷へと下った谷底にある、夢窓疎石が開いたとされる温泉。現在ある2軒の宿では、それぞれ私設のモノレール式ケーブルカー、ロープウェイを利用する。箱根温泉 フレッシュアイペディアより)

76件中 51 - 60件表示

「箱根温泉」のニューストピックワード