前へ 1 2 3 4
31件中 1 - 10件表示
  • バックパッカー

    バックパッカーから見た節約節約

    1960年代から欧米で流行しはじめ、航空券の低価格化と共に世界の若者の旅装の代表となった。2000年代にはライフスタイルとしての、またビジネスとしてのバックパッキングが大きな成長を見せた。格安航空会社はもとより、世界の各所にあるユースホステル・ゲストハウス・ドミトリーなどの安宿、インターネット上のブログ・掲示板・SNSなど、デジタルなコミュニケーション手段や情報資源により、バックパッカーが長期の旅行を計画し、実行し、継続することは以前よりも容易になっている。ただ節約するのではなく、ホテル泊まりで賓客として扱われるパックツアーでは見えない人々の生の暮らしに触れるのも、また大きな目的である。バックパッカー フレッシュアイペディアより)

  • ドキュメントバラエティ

    ドキュメントバラエティから見た節約節約

    あらゆる手段でお金を稼いだり節約しながら生活していく企画。「いきなり!黄金伝説」の一ヶ月1万円節約バトル、「摩訶!ジョーシキの穴」の“ゴミを拾って都内に一戸建てが買えるのか?! ”、「電波少年」の懸賞生活などがある。ドキュメントバラエティ フレッシュアイペディアより)

  • 長岡市立与板中学校

    長岡市立与板中学校から見た節約節約

    丸山晴美(節約アドバイザー・ファイナンシャルプランナー)長岡市立与板中学校 フレッシュアイペディアより)

  • ドケチ板

    ドケチ板から見た節約節約

    ドケチ板(ドケチいた)は、匿名掲示板2ちゃんねるにある板の一つ。正式名称はドケチ板@2ch掲示板。生活カテゴリーに分類され、節約テクニックや副業に関する話題を扱う。ドケチ板 フレッシュアイペディアより)

  • マネープラス

    マネープラスから見た節約節約

    株式投資、投資信託、外貨預金、預貯金、節約、家計、確定申告、住宅ローンの話題などがテーマ。他の情報誌より投資色は薄く、例えば株の特集でも、株の買い方・始め方そのものや、株主優待などに力点が置かれている。業績の分析やテクニカルでの判断というよりも、専門家にお薦めの株を聞いたといったスタンスになっていることが多い。「マネージャパン」との棲み分けのためか、「女性」「家計」「初心者」がキーワードになっている。また、高齢者対策なのか文章の字がやたらと大きく(普通の雑誌の小見出しくらいの大きさ)、写真やイラストも大々的に配置され、情報量が少ない(=簡単に読める?)のが特徴であった。マネープラス フレッシュアイペディアより)

  • 手抜き

    手抜きから見た節約節約

    この意味で、ある種の手抜きは効率化や節約などなんらかの合理性にもとづいているともいえる。手抜き フレッシュアイペディアより)

  • 生活 (2ちゃんねるカテゴリ)

    生活 (2ちゃんねるカテゴリ)から見た節約節約

    節約に関する話題を扱う板。副業や節約主婦などについても扱われている。ギャグで立てられるネタスレもある。正式名称はドケチ板@2ch掲示板。節約の話題では主に2つの議論があり、生活レベルそのものを落とす主張と生活レベルを維持しながら節約する主張に分かれる。生活 (2ちゃんねるカテゴリ) フレッシュアイペディアより)

  • 長岡市立与板小学校

    長岡市立与板小学校から見た節約節約

    丸山晴美(節約アドバイザー・ファイナンシャルプランナー)長岡市立与板小学校 フレッシュアイペディアより)

  • もったいない

    もったいないから見た節約節約

    もったいない運動のさきがけとしては、1936年(昭和11年)10月23日のケルンで開かれた「無駄なくせ闘争(Kampf dem Verderb)」と呼ばれる展示会(展示会の正式名は、「15億をめぐる闘争」)の開会式においてヘルベルト・バッケの演説から始まったドイツの啓蒙運動をあげることができる。バッケの演説は聴衆に食べ物を粗末にしていないかなどと日常生活の反省を促し、日常のもったいなさ精神を強く喚起させるものであった。運動の主役は各家庭のとくに主婦であるとされ、食品の廃物リサイクルなどを推進し一定の成果を挙げた。日本では、1937年(昭和12年)から始まった国民精神総動員運動によって、物資の節約、廃品、金属等の回収・リサイクル、歓楽街のネオンのライトダウンなどの取り組みが行われている。もったいない フレッシュアイペディアより)

  • 榊原政岑

    榊原政岑から見た倹約節約

    政岑は処罰を受けたことがこたえたのか、寛保2年(1742年)に高田藩に移ってからは子の政永の後見人として藩政の再建に努めた。高田藩では歴代藩主の借財にあふれて財政が苦しかったが、政岑は率先して倹約に励み、新田500町歩の開墾や灌漑工事を行ない、さらに生活苦の多い農民を助けるために竹細工の講習会を開いて副業を奨励するなど、それまでの暗君ぶりが嘘のように名君として政務に励んだ。しかしこれはあまりに遅すぎたことであった。榊原政岑 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
31件中 1 - 10件表示

「節約術」のニューストピックワード