31件中 11 - 20件表示
  • 大原幽学

    大原幽学から見た節約節約

    幽学は、先祖株組合の創設のほかに、農業技術の指導、耕地整理、質素倹約の奨励、博打の禁止、また子供の教育・しつけのために換え子制度の奨励など、農民生活のあらゆる面を指導した。「改心楼」という教導所も建設された。嘉永元年(1848年)2月に、長部村の領主清水氏は、長部村の復興を賞賛し、領内の村々の模範とすべきことを触れている。嘉永5年(1852年)、反感を持つ勢力が改心楼へ乱入したことをきっかけに村を越えた農民の行き来を怪しまれ勘定奉行に取り調べられる。安政4年(1857年)に押込百日と改心楼の棄却、先祖株組合の解散を言い渡される。5年に及ぶ訴訟の疲労と性学を学んだはずの村の荒廃を嘆き、翌年、墓地で切腹。千葉県旭市には旧宅(国の史跡)が残っており、切腹した場所には墓が建立された。愛知県名古屋市の平和公園にも門人がたてた墓碑がある。著作に「微味幽玄考」「性学趣意」「口まめ草」等がある。大原幽学 フレッシュアイペディアより)

  • 文政小判

    文政小判から見た倹約節約

    明和7年(1770年)、江戸(奥、蓮池)、大坂の御金蔵有高は計3,004,100両余であったが、天明8年暮(1789年)には817,200両余に減少。その前年から始まった倹約令(寛政の改革の緊縮財政)により、寛政10年暮(1799年)には1,079,700両余に回復、しかしその後臨時出費が続き、文化13年暮(1817年)には723,800両となった。寛政の改革の遺法を守っていた老中松平信明も文化14年(1817年)に没し、老中格水野忠成は徳川家斉のもと出目獲得により幕府蓄財の充実を図るため、文政元年(1818年)から金貨の吹替えに着手した。文政小判 フレッシュアイペディアより)

  • 家庭菜園

    家庭菜園から見た節約節約

    自宅の庭や空き地、ベランダ(プランター、容器)や、市民農園を借りて野菜や果物などの栽培をおこなう。節約のために行われる場合もある。家庭菜園 フレッシュアイペディアより)

  • 戸川安栄

    戸川安栄から見た倹約節約

    天保4年(1833年)からの天保の大飢饉により、父の時代に出た天保9年(1838年)から5年間の倹約令であったが初年度以外は全く効果が表れず財政難は一層深刻になった。そのため、弘化3年(1846年)正月から江戸屋敷に引き籠っていたが、同年2月に甲府勤番支配に命じられ江戸・甲府間での往復費用並びに甲府での滞在費用を借金で賄い、益々苦しくなった。戸川安栄 フレッシュアイペディアより)

  • ゆたんぽのとなり

    ゆたんぽのとなりから見た節約節約

    「清貧」という言葉を遥かに凌駕した節約生活を送る程の超貧乏。ゆたんぽのとなり フレッシュアイペディアより)

  • 岡田 圭右

    岡田圭右から見た倹約節約

    岡田のケチさ加減は笑いの金メダルなど、色々な番組で放送されている。自称倹約家のメンバーと収録後などに食事をする通称「岡田会」と呼ばれるグループが存在し、岡田はそのリーダーである。主なメンバーは次の通り。岡田圭右 フレッシュアイペディアより)

  • いま得!

    いま得!から見た節約節約

    10月18日 - "節約" & "生活の裏ワザ"いま得! フレッシュアイペディアより)

  • 正直

    正直から見た倹約節約

    日本人の伝統的な徳目の一つである、古代の「清明心」が中世に入り武士階級を中心に発展し形成された概念。近世になると更に「誠」の精神へと発展していくことになる。一方で、石田梅岩は正直を倹約とともに商人の道をなす中心的な徳目として掲げ、正当な方法で利益を上げるのが商人における正直であり「先も立ち、我も立つ」という互助の精神を説いた。正直 フレッシュアイペディアより)

  • 黒字と赤字

    黒字と赤字から見た節約節約

    統計において黒字および赤字は主に家計調査において使用される。この場合の黒字は、家計で実収入から実支出を差し引いた剰余をさし、金融資産の純増や借入金の純減、財産の純増、繰越し純増なども含んでおり、可処分所得に対する黒字の割合である黒字率から金融資産純増率と土地、家屋の借金純減率を抜き出し、家計分析の手段とする。もちろん逆に赤字は支出超過額をさすが前述の手法を用いた場合、家計調査自体が多くの家計の平均であることや個々の家計の多くが赤字が出る可能性のある場合、事前に支出を削減すなわち節約を行うことなどから赤字が出ることは事実上無いようになっている。 また、黒字率と平均消費性向を合計すると100%になる。黒字と赤字 フレッシュアイペディアより)

  • かちかち山

    かちかち山から見た節約節約

    江戸時代には、厳しい身分統制を行って徳川幕府を頂点とする権力秩序構造を安定維持するため、藩学や寺子屋で目上の者、すなわちすでに権力を持っている者を敬うよう徹底した感化教育が行われていた。質素倹約を旨とした徳川吉宗は、武士の通う藩学だけでなく武士以外の通う寺子屋の教育内容も儒教的な道徳を取り入れるよう指導し、『六論衍義大意』という、今でいう教科書のようなものを配布したりもしている。こうした中で、目上の者に害をなす悪者は徹底的に罰せられなければならないという勧善懲悪の話が好まれるようになってくる。江戸時代には『忠臣蔵』の流行に見られるような、主君に忠実であり仇討ちを遂行する演目が人気を博したりしたのも、そうした背景があってのことと考えられる。江戸時代に五大昔話と言われて人気のあった『さるかに』『花咲爺』『カチカチ山』『舌切雀』『桃太郎』はいずれも、質素倹約、勧善懲悪の物語である。かちかち山 フレッシュアイペディアより)

31件中 11 - 20件表示

「節約術」のニューストピックワード